HOME > 製品紹介 > ユニピール(工業用途)

製品紹介

ユニピール®(工業用途)

特長

  • ユニチカが独自に開発した、シリコーンを含有しない塗剤をコートしたフィルムです。シリコーンによる工程汚染の心配がありません。
  • 離型面上に各種溶液の塗工が可能です。シリコーンコートフィルム上へのコートのように塗剤が弾くことがありません。
  • 180℃までの安定した耐熱性を有しています。また、トルエンやMEK、酢酸エチルなど一般的な溶剤に耐性を有しています。
  • 基材フィルムの種類や厚み、離型剤のタイプの選定が可能です。マット調や帯電防止性を付与することも可能です。

用途例

粘着セパレータ、エポキシ・ポリイミドなどの硬化用シート、転写用シート、ウレタンゴム離型用、シリコーンゴム離型用、フッ素ゴム離型用などでご使用になれます。

性能

【アクリル系粘着テープに対する離型性能】

アクリル系粘着テープに対する離型性能のグラフ

漏れ (mN/m) 32 32 23 30以下 38
水滴接触角 (°) 95以下 95以下 120以下 - -

<処理条件>
日東電工社製31Bテープで70℃×20h・2kPaで圧着処理後、剥離力を測定。

【TR1 各種テープに対する離型性能】

TR1 各種テープに対する離型性能のグラフ

<処理条件>
未処理 : 未処理のコートフィルムに室温で各種テープを貼り、3時間以上放置
60℃×6日→テープ : 60℃で6日間熱処理後、室温で各種テープを貼り、3時間以上放置
テープ+60℃×6日 : 室温で各種テープを貼り、60℃で6日間熱処理後、室温で3時間以上放置

【TR5 耐溶剤性】

TR5 耐溶剤性のグラフ

<処理条件>
各種溶剤に室温で1日間浸漬し乾燥したものを日東電工社製31Bテープで70℃×20h・2kPaで圧着処理後、剥離力を測定

<剥離力試験条件> 
剥離速度 300mm/min 剥離角度 180° (数値は当社測定の代表値です。)

お問合せTOPへリンク


このページの先頭へ