HOME > イベント情報 > フィッシングショー > フィッシングショーOSAKA2013

イベント情報

フィッシングショー

ユニチカワンダーセミナー
杉原 正浩

今回は、ライン選択について語った杉原正浩。細いライン、太いラインそれぞれにメリット、デメリットがあるので、それを理解した上でライン選択することが大切だとアドバイス。ラインは細くなるほど、遠くに飛ばしやすい、深いところでも早く沈めることができる、風や潮の影響をギリギリまで少なくできる。一方、1.0号などの太いラインは強度があり、エギが海藻や障害物に引っかかった時の回収率が高い。それぞれのメリットが、つまり裏を返せばそれぞれのラインのデメリットでもあるということです。
杉原自身は、0.5号の細いラインを使っています。なぜ、この号数を選択しているのか。「エギが着底した瞬間をできるだけ正確に把握しやすいからです。太いラインだと、沈下スピードが遅くなり、変化が捉えにくいんですね。また、ジャークした時の水の抵抗も少ないですから」と語る杉原。エギングを20年以上やってきた杉原は、細いラインの方が釣りを簡単にしてくれると言う。ただし、強度の面では太いラインの方が安心感はある。釣りやすさと強度。トータルバランスを考えて、エギングを楽しんでほしいと、締めくくりました。
その後は松田莉奈が登場し、先日行ったエギングデビューの話や、彼女が参加する次世代ガールズユニットX21の活動を紹介しました。


50mディープでのラインとエギに付ける重りの関係をボードをつかって説明。


沖縄と対馬で釣ったアオリイカの写真を披露。


莉奈とはエギングデビューの和歌山以来。


会場のお客様へのプレゼントもたくさんありました。


ページのTOPへ