HOME > イベント情報 > フィッシングショー > フィッシングショーOSAKA2014

イベント情報

フィッシングショー

ユニチカワンダーセミナー
エギング四天王 & 松田 莉奈
杉原 正浩/重見 典宏/弓削 和夫/平松 伸章/松田 莉奈

今回エギング四天王には、強風や水温が低い時など、厳しい条件下での釣りについてお話しいただきました。
「弓削さんは、昨年の12月に強風の中でエギングをしたということで、その話からいきましょう」と、杉原がいつものように進行役。フィールドテ スターの弓削は、「風が強い時は、シャクってもまともに動かないので、あえてシャクらない釣りをします。イカは好奇心が強いので、ラインを張った状態でとめて、竿先をちょっと上下させるだけでも誘いになる」ということ。取材の多い重見は、厳しい状況でも釣らないといけないことが多い。「まずその日の状況を把握した上で、どういう釣りをすればいいか考える。そして、場所探し。考えた通りにやってみて釣れない時は違うことをしてみる。 向きを変えるとか、足元の駆け上がりだけを狙うとか、湾内の船だまりの下とか。とにかく、いろんなことを試してみる」とアドバイス。平松は、「ラ インの下に人差し指をのせておくと、微妙なアタリや、強風でもアタリがとれます」と、その場でやってみせてくれた。その他、各自の釣りのスタイルを紹介。その中で共通しているのは、「人がどういう釣りをしているかをよく見ているということ。どのようなタックル構成か、狙っている場所や層はど こか、シャクリ方の音を聞いたり。その情報を整理して、その日の攻め方を考えている」と、杉原が締めくくった。
最後は松田莉奈が登場。エギングフェスタ以来の四天王との再会にテンションが上がり、なごやかな雰囲気で会場が盛り上りました。

ユニチカワンダーセミナー エギング四天王 & 松田 莉奈

ページのTOPへ