HOME > イベント情報 > エギングフェスタ > エギングフェスタ2013 > 報告レポート

イベント情報

エギングフェスタ'13 inみなべ

報告レポート

トークショー~表彰式

トークショーでは、最近の釣り場の状況やどんな釣り方をしているのかを披露。そしてお待ちかねの表彰式へと進み、優勝者、各賞の方達にコメントをいただきました。

最近は近距離で釣っていることが多いですね。一番よく釣れたのは足元の捨て石キワキワのところ。視点を変えてやってみると釣れる可能性が広がりますよ。

シャクるだけじゃなく、エギやラインでテンションを掛けながら引っ張っていく、流れの釣りをしています。楽しいよ。

いいなと思うところでエギを止めておくサスペンドの釣りが最近気に入っている。還暦を過ぎてもできる釣りを目指します(笑)

丹後の伊根や新崎では、3.5号~4号のエギで堤防からフルキャストして、じっくり狙っている人が800g、キロ近いサイズを出していますね。

ジュニア賞は丸谷春菜ちゃん(108g)。「エギを投げたら釣れました!」

レディース賞は前田圭子さん(163g)。「白浜の袋漁港で。沖でアピールをして岩の手前に落として、サイトで釣れました」

第三位は山本猛さん(710g)。「白浜の地磯を転々としてよく似たサイズを5杯釣りました。3号のホロの赤と茶色で、浅いところを狙いました」

準優勝は窪田陽一さん(837g)。「白浜の円月島の手前で。水深7〜8mのベタ底で。シャクって落としてを繰り返して釣りました」

優勝は上仲美穂さん(877g)。「印南周辺の波止の堤防で。沖に潮が流れていたので、ニゴリとキレイな水の境目を狙い、流して流してシャクって上げて、フォールしたらアタリがありました」

大会始まって以来の女性の優勝者が誕生しました。最近は女性のエギンガーも多く、実力も男性に負けていないことが証明されました。

ページのTOPへ