HOME > 釣行記 > 船釣り釣行記 岡田勲  > 2010年12月

釣行記

船釣り釣行記 岡田勲

2010年12月

ノマセてフカセてタイ漁!!メジロもマダイも70cm!!

兵庫県の最北端、柴山港沖ではノマセ釣りで青物が釣れだした。晩秋の日本海、波の小さな日に釣行した。報知フィッシングクラブ「第三豊洋丸」での相客は2人。船は西に向かって走り、30分で釣り場に到着。

仕掛けは胴突6本バリのサビキ仕掛け。まき餌、さし餌は一切使わない。空バリにイワシや小アジを食わせてそのまま底まで下ろすのだ。ポイントで、柳本船長が「水深100mと80m付近に小魚がいる」とアドバイス。80mで仕掛けを止めて、竿を小さく振って誘いをかけた。何度も繰り返したが、餌は乗ってこない。潮が悪いのか、3人とも同じ状態だ。船は次々にポイントを移動。

午後になって反応が出た。竿先がピリピリと小さく振動。少し持ち上げると小魚の感触が手元に伝わった。そのまま底へ下ろす。少し待つと小魚がピクピク動きだした。途端にグっと押さえ込まれた。合わせたい気持ちを抑え、魚が餌をのみ込むのを待つ。グイーンと竿が引き込まれた。大きく合わせるとガツンと竿に衝撃が走った。乗った。引き合いを楽しみながら魚を上げた。65cmのよく肥えたメジロだ。同じ調子で50cm級のハマチが3尾釣れて、ピタッと食いがやんだ。

船はマダイ狙いに転進。今度はテンビンフカセ仕掛けで餌にオキアミを使った。70mラインでアタリ。皆木さん(守口市)ら二人が連続で、大型マダイをゲット。私の竿にもアタリが出た。合わせるとドーンと手応え。巻き上げると右へ左へ引き込む。紛れもなくマダイの引き。しかも重たい。上がってきたのは、48cmと54cmの見事なマダイの2連だ。

その後、40cm級を4尾追加して納竿した。釣果は船中で、メジロの65cm~70cm3尾ハマチ50cm級22尾マダイ37cm~70cm28尾、と大釣りだ。ノマセ釣りとマダイ釣り、両方の妙味を味わった。

船釣り釣行記

【今回の仕掛け】

竿 : 自作の手バネ竿1.5m
リール : 中型電動リール

■メジロ用仕掛け

道糸 : ユニチカ ユニベンチャー1 3号 300m
リーダー : ユニベンチャー船ハリス 12号 1.5m
サビキ 12号

■マダイ用仕掛け

幹糸 : ユニベンチャー船フカセ 6号 30m
ハリス : アイガーIIIスーパー 4号 1.5m
ハリ : 7本バリ
オモリ : 60~100号

<この釣行記の一部はスポーツ報知2010年12月2日に掲載されました。>

ページのTOPへ

磯釣り釣行記一覧へ