HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2010年1月30日〜2月2日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2010年1月30〜2月2日

香港でのセミナー&釣行4日間!!(3日目)

そして3日目はボートエギングであるが、昨日と違い早朝の出発ではないので朝から開いているレストランで飲茶(ヤムチャ)を頂く。まずは大好きな叉焼包 (チャーシューパオ)、そして山竹牛肉球(肉団子)、黒糖蒸しパン、肉炒め、そしてサイモンは鳥の足をオーダーするが私は苦手なので遠慮した。

そして10時頃から昨日の大会本部近くの漁港より、私を含めて6名のメンバーを乗せたボートはベタ凪の海を快調に飛ばす。しかし急に減速、そこには停船と 警察の文字がある。そう海上警察の検問所があるのだ。そして約1時間走って最初のポイントに着いた。透明度は高く3〜4mの底が見える程だ。タックルは昨 日と同じで、エギエスツー3.5Nピンク/イエローシルバーをキャスト、底を取りジャークを4回からカーブフォールでチェック。次はオレンジ/イエローレッドでシャクリからのフォールに、ラインが走るアタリでキロアップがヒットするがバラシ。しかし大輝さんに500g、阿偉さんの3.5DDピンクシルバー800g、JLのピンク/イエローゴールド500gと連発。何れもボトムで乗ったようだ。 次にポイントを移動してサイモンに800gがヒットして寄せて来ると、後ろから追い掛けて来る黒い影。私がチャートリュースレッドで狙うと、向きを変えて躊躇無く抱いてダブルヒットしたのは余裕でキロアップ。しかし写真撮影の前に私の手をすり抜けて海へ帰ってしまった(言い換えると手から逃げたとも言う)。

その後もボトムを丁寧に探り、チャートリュースレッドに1.2kg。ある程度の潮の動きがキーワードになっているようだ。次は私のチャートリュースマーブルに800g、サイモンに1kg。そして香港餌木會(Hong Kong EGI Club)副会長のBrianは1kg、1.5kgと連発させる。早いペースで移動して多くのポイントを叩く事でヒット数は増える感じだった。

最後の夜はサイモンとお母さん、ワイさんと共に地元で有名な潮州料理の店に行った。魚の姿蒸し、たれ漬けガチョウ、小さな牡蠣の雑炊、ゴーヤオムレツというよりゴーヤチャンプルー、あさりのピリ辛炒め、ビールはブルーガールで最後の晩餐を楽しく過ごせた。

エギング釣行記

今日の天気は晴れ、
気温は最低22℃、最高24℃、湿度93%

エギング釣行記

飲茶で叉焼包と肉団子

エギング釣行記

パンとスープの中身は巨大シュウマイ風の具

エギング釣行記

私は苦手な鳥の足

エギング釣行記

今日はボートエギング

エギング釣行記

最初のポイントまでこのスピードで約1時間

エギング釣行記

海の上に警察の検問所がある

エギング釣行記

最初のヒットは大輝さんの500g

エギング釣行記

阿偉さんの3.5DDピンクシルバーに800g

エギング釣行記

香港のボートエギング風景

エギング釣行記

JLのピンク/イエローゴールドに500g

エギング釣行記

私のチャートリュースレッドで1.2kg

エギング釣行記

サイモンに1kg

エギング釣行記

チャートリュースレッドにヒット

エギング釣行記

これもチャートリュースレッドに来た

エギング釣行記

今回の最大はBrianの1.5kg

エギング釣行記

香港餌木會(Hong Kong EGI Club)のメンバー

エギング釣行記

突然高層マンションが現れる

エギング釣行記

船長と共に

エギング釣行記

港からの夕日

エギング釣行記

肉と魚とブルーガール

エギング釣行記

小さな牡蠣の雑炊

エギング釣行記

どう見てもゴーヤチャンプルー

エギング釣行記

アサリのピリ辛炒め

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ