HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2010年1月30日〜2月2日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2010年1月30日〜2月2日

香港でのセミナー&釣行4日間!!(4日目)

翌朝はゆっくりと飲茶。私の好きなワゴンスタイルで、ワゴンの前に広東語で蒸篭の中身が書いてあるが、好きな料理しか分からないので、蒸篭の蓋を開けて見せてもらうと良い。好物の叉焼包を筆頭にいろいろと食べ、満足して機上の人となった。 香港のアオリイカも日本と同じで、好きなもの同士のエギングは何処でも楽しめると実感した海外遠征であった。

香港についての情報(私情報なので実際にはお調べ下さいね)
中国広東省の南東の沿海地帯に位置する約1100平方キロにわたって広がる地域。九龍、香港島、新界の3つに分かれる。香港島はビクトリアハーバーを隔て て九龍の真南に位置し、新界は九龍の北方、中国本土と境を接する地域で、面積では香港の大部分を占めるとともに、260以上の島々を含む。香港は亜熱帯気 候帯に属し、一般的に5月から11月までが雨季で、雨季の間には台風が訪れることがあるが、一年を通して温暖な気候である。人口690万人強でその95% が中国人。イギリス領の時間が長かったため、公用語は英語と中国語。最も広く使われているのが広東語だが北京語も増えてきている。通貨は香港ドル (HK$)で、1 HK$は約12円(2010年2月現在)。ホテルやレストランではカードが使えるが、現金も多少は必要である。交通はMTR(地下鉄)、タクシー、バス、 ミニバス、トラム、フェリーがある。食事は中華の広東、潮州、湖南、北京、四川、上海をはじめ、世界各国の料理があるが、私は香港では中華メインの食事を している。

香港のイメージは人様々だと思う。旅行で訪れると移動に便利なMTR(地下鉄)の駅近くに宿泊するのだが、今でも街を歩く時は貴重品の所持は控え、特にス リには注意が必要である。人口密度は高く、私が住んでいる大阪と比較しても多い程で、人ごみが苦手な方には辛い街かも知れない。

エギング釣行記

飲茶はワゴンスタイルがお気に入り

エギング釣行記

私の好きな叉焼包(チャーシュウパオ)

エギング釣行記

春巻きと焼き肉

エギング釣行記

チャーシュウ

エギング釣行記

香港国際空港はゲートが1〜80

エギング釣行記

空港内にショッピングセンター並みの売店がある

エギング釣行記

今回の往復はキャセイ航空

【今回の使用タックル】

ロッド : コータック コンペティションエギ82
リール : ダイワ イグジスト2506 ※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEll210 0.5号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー1.75号 2m
エギ : ユニチカ エギエスツー3.5S、3.5N、3.5D

※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
 リーダーとエギはハングマンズノット(ブリンソンノット)でスナップを使用

<この釣行記の一部はスポーツ報知大阪本社版2010年2月17日付に掲載されました。>
<この釣行記の一部は岳洋社SWマガジン2010年4月号に掲載されました。>

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ