HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2010年2月20日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2010年2月20日

沖縄でボートエギング!!

初釣りで2.5kgオーバーを2杯釣った沖縄へ今月も行って来た。今回は仕事で行った日程の間に、地元の雑誌社であるおきなわ釣王国の取材釣行を加えたの である。しかし当初に予定していた日程は、寒波の襲来で北よりの強風が吹き波も高いため、西海岸でのボートエギングは出船出来ずに断念。何とか2月20日 (土)に釣友の藪さんが予約してくれていた、平安座島の海風に乗れることになり、藪さんの釣友の高木さんを含め3人と、取材の仲栄真さんを乗せて坂本船長 の操船で出船となった。

前日までの波と風が収まりコンディションは良さそうである。タックルはいつものコンペ82にイグジスト、ラインはプロトのエギングスーパーPEllWHの0.5号を巻いたセットと、コンペ82にKガイドをセットした杉原オリジナル仕様にイグジスト、ラインはエギングスーパーPEll210の0.5号を巻いたセットの2本を用意した。

エギエスツー3.5Nのピンクシルバーでスタート。早いペースでポイントをランガンして最初のヒットは高木さんに小型が乗った。そして次は私のチャートリュースシルバーに200gが乗ってきた。ボトムを中心にダートからのフォールでのヒットである。

そして次のポイントで高木さんのロッドが大きく曲がった。遠くのボトムを丁寧に攻めて乗せたのは1.2kgであった。その後も今日のパターンを見つけるために、様々なアクションで、カラーローテーションさせて狙った。次のヒットは3.5Nオレンジゴールドでジャークとシャクリを交互に入れて、ボトムギリギリまでフォールさせると反応したのが500g、それから連発したが全て新子サイズ。しかしヒットカラーとパターンが見えて来たと思っていると、高木さんに800gが ヒット。そして深場にある岩の周辺を叩いていた藪さんのロッドが大きく曲がった。遠くで乗ったので浮くまで時間が掛かっているが、キロアップは間違いな い。そこで後ろから追い掛けているイカが居れば頂くつもり(横取りパターンとか、ごっつぁんですパターンとも言う)でキャスト。少しフォールさせてから左 右のダートと水平ドリフトで、藪さんにヒットしたアオリイカのそばへエギエスツーを持って行くと、狙い通り後ろに追い掛けて来ている奴が居て、サクッとサ イトで乗せてダブルヒット。しかしこれで終わらず、私にヒットしたイカの横にもう一杯見えたので、高木さんにアドバイス、直ぐにキャストしてあっさりとサイトで乗せて、アオリイカのトリプルヒット達成。取り込んだのはヒットした順に藪さんが1.5kg、私が1.3kg、高木さんは1.1kgと全てキロアップで大満足。しかし最初にヒットしたイカを追い掛けて来る方が大きい事が多いのだが、今回は段々小さくなる逆パターンで一寸ガッカリである。

その後は反応が止まり、日差しは無く、風も出だして寒さを感じる中で、坂本船長は出来る限りのポイントを回ってくれる。暫く何の反応も無かったのだが、再度深場に岩があるポイントに入り、3.5Nオレンジ/イエローゴールドでボトムを丁寧に叩いていると、モゾッとしたアタリを感じて合わせを入れると綺麗にロッドが曲がった。最初の引きは短いストロークでドラグがチリチリと鳴る程度でクブシミ(コブシメ)っぽい嫌な感触。しかし浮いたのはヒレが大きいアオリイカで、1.3kgと午前中と同サイズで締めを飾ることに成功。その後はヒットが無く本日のボートエギングを終了した。

殆ど飲まない藪さんの夕食を食べて帰ろうとの提案をキッパリ断り、ホテルに帰ってからすぐに居酒屋へ直行。お茶を飲んでいる彼の前で私は当然オリオンの生 である。今日は刺身の美味そうなのが無いので、チャンプルー系と肉系、他にもいろいろと並べて今夜の宴は遅くまで続・・・かずに早めに終了。 狙いのデカイカ捕獲が出来なかったので、今度はラストチャンスのつもりで来月も・・・ん〜〜、飛行機とレンタカーとホテルとボートで○○ほど要るのか・・・

エギング釣行記

最初はチャートリュースシルバーに小型

エギング釣行記

高木さんに1.2kgがヒット

エギング釣行記

オレンジゴールドで500g

エギング釣行記

高木さんに800g

エギング釣行記

キロアップがトリプルヒット

エギング釣行記

左から高木さんの1.1kg、藪さんの1.5kg、私の1.3kg

エギング釣行記

日が射すと透明度が高い海はこんなに綺麗

エギング釣行記

シャクリ続ける二人

エギング釣行記

最後のヒットは1.3kg

エギング釣行記

オレンジ/イエローゴールドに乗った

エギング釣行記

ポケモンジェットが止まってた

【今回の使用タックル】

ロッド : コータック コンペティションエギ82/
コータック コンペティションエギ82改 KL+KTガイド仕様
リール : ダイワ イグジスト2506 ※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEll210 0.5号
       キャスラインエギングスーパーPEllWH 0.5号
       (プロトタイプ)
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー1.75号 2m
エギ : ユニチカ エギエスツー3.5N、4.0N

※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
 リーダーとエギはハングマンズノット(ブリンソンノット)でスナップを使用

<この釣行記の一部はスポーツ報知大阪本社版2010年3月17日付に掲載されました。>
<この釣行記の一部はおきなわ釣王国 2010年4月号No.83号に掲載されました。>

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ