HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2010年5月25日、26日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2010年5月25日、26日

沖縄でのボートフィッシング2日間!!(2日目)

翌26日はやんばるを宮城さんとランガンである。待ち合わせ時間に遅れる事無く宮城さんと合流、いつもの堤防へ向かう。満潮から下げに入っている時間帯である。タックルはコンペ82のKL+KTガイド仕様にイグジスト2506、ラインはエギングスーパーPEIIWH(プロト)0.5号エギングリーダー1.75号で、エギエスツー3.5Nピンクシルバーをセットした。ブレイク狙いでキャスト、底を取り緩めのジャークからフォールを繰り返すが反応無し。宮城さんにも反応が無いようである。そこで堤防の横の岩場へ移動、シャローの砂浜にある岩に乗ってキャスト。砂地のボトムまでフォールさせて4回ジャークから水平ドリフトを入れてカーブフォールを繰り返し、足元近くの岩場で水平ドリフト中にツンッと触る感触。ロッド立てて聞いてみると僅かな荷重を感じるため、軽く合わせるが乗らない。おかしいなと回収するとゲソカット。同じコースを同じアクションで狙い、アタリが出た岩場の沖で水面までエギを浮かせると黒い影。しかし小さいので無視して角度を変えてキャストする。今度はシャクリからのフリーフォールメインで狙うが、沖では反応が無く、足元近くで水面まで浮かせると黒い影。今度も無視して更に角度を変えて狙うが、反応するのは同じグループだけ。仕方ないのでチョット教育的指導のため、ひとつ乗せてみるが新子サイズのためリリースする。宮城さんも同サイズで苦笑。

その後もランガンでグッドサイズを狙うが、ブイの横や沖で浮いているキロアップを数杯セットで見つけるが、全くヤル気が無く反応は逃げるだけでエギに向かって来るイカは無し。ここで2月にボートエギングを一緒行った高木さんと合流。イカ情報は余り無く、昼飯のために移動する。しかしお目当てのそば屋は定休日で別の店に行った。初めての店で三枚肉そばは王道のかつおだしであった。

そのまま北上してランガン、最北端まで行くがアオリイカの反応は無く、振り出しに戻ってしまった。しかし状況は変わらないが、ここでピチャッ、パチャッと大きくはないが、ガーラらしき水音。私のバッグにあるルアーはマウスリンだけ。水面を高速リトリーブさせるが反応しない。宮城さんは高木さんお薦めの小型スプーンのをキャスト。すると直ぐにヒットしたのはガーラと言うよりメッキ20cmオーバーである。私も頂いたスプーンをキャストするが、群れが何処かへ移動したのが海が静まり返り反応が無くなったので釣りは終了した。

ホテルへ行き、2日間で日焼けした腕に熱いシャワーは無理で、温めの設定で汗を流して反省会である。たまには違う店に行こうと、宮城さんと入った店は何となく見覚えがある。一度来たことがある店である。高木さんも合流して生オリオンで乾杯、肴はイラブチャーを始めとした地魚の刺し盛、島らっきょうに中味(もつ)煮込み。乾いた喉が欲しがるので、ジョッキが空になるペースが早い。高木さんの話では大型のガーラも狙える時期になっており、タイミング次第ではあるがチャレンジしたい対象魚にワクワクである。

最近はアオリイカばかり追いかけているが、元々は川、池、湖、海で様々な魚と遊んでいるので、折角狙える魚が居る場所に行ったのならば、釣らずに帰ることは無いのである。久し振りにドラグを鳴らして走る魚とのファイトを楽しめた今回のボートフィッシング。どんな釣りをしても楽しいし、釣れればもっと楽しいですね。

エギング釣行記

私に新子が乗った

エギング釣行記

宮城さんにも新子

エギング釣行記

三枚肉そば

エギング釣行記

刺し盛と島らっきょうと中味

【今回の使用タックル】

■その 1.エギング用

ロッド : コータック コンペティションエギ82改 KL+KTガイド仕様
リール : シマノ 10ステラC3000SDH ※ハンドルはシングルに交換
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEII210 0.5号
            キャスラインエギングスーパーPEIIWH(プロト) 0.5号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー1.75号 2m
エギ : ユニチカ エギエスツー3.5N、3.5D、3.5DD


■その 2.ルアー用

ロッド : コータック コンペティションエギ82改 KW+KTガイド仕様
リール : ダイワ イグジスト2506 ※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEll210 0.8号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー2.5号 1.5m
              +アイガーIIIスーパー5号 30cm
エギ : ユニチカ エギエスツー3.5N、3.5D、3.5DD
ルアー : スミス サラナ、ハルカ、ウェイビー、他
      ダミキジャパン マウスリン
      ジグヘッドにワーム
      ※ルアーはブリンソンノットで直結


■その 3.ルアー用

ロッド :コータック コンペティションエギ73
リール : ダイワ イグジスト2506 ※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEll210 0.8号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー2.5号 1.5m
              +アイガーIIIスーパー5号 30cm
エギ : ユニチカ エギエスツー3.5N、3.5D、3.5DD
ルアー : スミス メタルフォーカス28g 他
      ※ルアーはブリンソンノットで直結

※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
 リーダーとエギはハングマンズノット(ブリンソンノット)でスナップを使用

<この釣行記の一部はおきなわ釣王国 2010年8月号No.85号に掲載されています。>

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ