HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2010年6月12日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2010年6月12日

和歌山県の南紀でのエギング!! 

久し振りに和歌山県の南紀へ6月12日に行って来た。メンバーは深井さん、佐々木さん、堀さんと私の4人で夜中に出発して、コンビニで朝食と飲み物を仕入れて夜明けに太地へ到着。風は弱く釣りをするのに問題は無いのだが、一日で最も気温が低い時間帯のため、Tシャツと短パンの私には肌寒く車で待機を決め込む。しかし気合の入った3人は、いそいそとタックルをセットして(中には集合した時点でエギエスツーまでセッティングが出来ている人が居たが・・・)シャクリ出す。車内から様子を見ているが誰にもヒットするシーンが見られないため、1人でのんびりと朝食のパンとコーヒーを頂く。潮回りは大潮で満潮が5時前のため、潮が動き出すと思われる5時30分頃から私もスタートする。

タックルはコンペ82に10ステラ、ラインはエギングスーパーPEII210の0.5号で、エギエスツーの3.5Nピンクシルバーを最初にセットした。ファーストキャストして底取りをするが、水深のある深いポイントなのに潮が動いていないため底取りが楽に出来る。これは決して良い状況ではないと思いながら、ジャーク3回からカーブフォール、スラックジャークからフリーフォールとパターンを交互に替えて、エギエスツーにアクションをつけてアプローチするが反応は無い。そして2キャスト目の底取りをしている時に視界に白い影が入った。良く見ると足元の藻際にアオリイカがいる。急いで巻き上げてサイトで狙うが、エギから50cm迄は近寄るが抱いてくれないので、3.5Nブラウンマーブルに交換。少し沖にキャストしてダートからの水平ドリフト、そしてフォールさせてからダートの後に水平ドリフトで誘うと、今度は抱いてくれて300gをゲット。すぐ横で堀さんが小さいタコを乗せたが、他には反応がなく潮も動かないので移動。

次はシャローエリアに海藻が生えたポイントに行き、先程のポイントで本命の顔を見てボを逃れた私は、ご褒美の缶○ールを1本、これまた定番の魚肉ソーセージがつまみである。そして缶を空にしてからロッドを振るが、全くヤル気が無いアオリイカが浮いていただけでヒットはなく移動。

次に漁港へ行くが、ここでも一瞬反応して、そのまま何処かへ行ってしまったアオリイカにからかわれただけで、堀さんが新子サイズを乗せただけで移動。

続いて地磯に行くが、広範囲にキャストしてボトムから中層までをレンジ、アクション、カラーをローテーションさせて狙うものの反応が無い。沖に面したポイントでも潮の動きは殆ど無く、イカの反応が無いのでイマイチ気分も乗らない。そこでワンド状のシャローに3.5Nピンクゴールドをキャスト、少しフォールさせただけで3回ダートさせて水平ドリフトさせると、エギが手前に寄らずに止まってロッドに荷重が掛かった。軽く合わせて400gをゲット。同じパターンで探っても後が続かず、他のメンバーにも反応が無いため車に戻ってクーラーからご褒美にもう1本飲み干す。リアシートに乗せて貰っているので怖いもの無しである。

昼食後は別の地磯へ行って私は浅場に入るが不発。しかし深井さんのエギエスツーをグッドサイズが追い掛けて来た。しかしサイトで抱かせられず、沖へ戻りかけるがタイミング良く(なのか、たまたまなのかは分からないが)隣の堀さんが3.5Nパープルゴールドをボトムにステイさせている。違うカラーのエギを見つけたから抱いたのかは定かではないが、堀さんのラインを引っ張るアタリが出た。強い引きを味わい取り込んだのは1.6kgアオリイカで、堀さんにとっては僅かであるが自己記録を更新するサイズである。

その後もランガンするがアオリイカからの反応が得られない。深場のポイントで私が3.5Nパープルゴールドで反応が無いので、チャートリュースマーブルに交換した1投目。底を取り少し長めにステイさせてから、軽くジャークさせてフォール、そしてボトムで聞いてみると怪しい重みが感じられる。聞き合わせを入れるとロッドが曲がった。しかし重いだけで引きが無い・・・ヤバイ・・・アイツかも・・・やっぱり奴である。回らなかったが浮いたのは丸い奴である。そのまま抜き上げたのは1.2kg丸い奴。潮が動いていない証拠なのか、その後は何もヒットはないので移動。

しかしその後は粘ろうと思えるポイントが無く、目ぼしい釣果も無いまま終了した。

エギング釣行記

最初は堀さんに小さいタコが乗った

エギング釣行記

サイトで300gが乗った

エギング釣行記

堀さんに新子サイズが

エギング釣行記

シャローエリアで400g

エギング釣行記

堀さんに乗った1.6kg

エギング釣行記

自己記録更新である

エギング釣行記

〆は丸い奴の1.2kg

【今回の使用タックル】

ロッド : コータック コンペティションエギ82改 KL+KTガイド仕様
リール : シマノ 10ステラC3000SDH ※ハンドルはシングルに交換
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEII210 0.5号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー1.75号 2m
エギ : ユニチカ エギエスツー3.5S、3.5N、3.5D


※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
 リーダーとエギはハングマンズノット(ブリンソンノット)でスナップを使用

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ