HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2010年8月21日、22日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2010年8月21日、22日

[番外編] 兵庫県西播のバス!!第2弾!!

2週間前に久し振りのバスに行って面白かったので、今度はこちらも久し振りの登場となる釣友の具志堅さんと、柳の下のドジョウならぬバスを狙いに西播エリアへ8月21日〜22日に行って来た。

夜明けにポイントに到着、すぐにタックルをセットする。ロッドはヒロイズムのスピナーベイト66Bミディアムで、リールはアルファスRエディション103に、ラインはシルバースレッドS.A.R.の16 lb、ルアーはオリザラを結んだ。
ポイントを見た時にアレッ?何かおかしい、前回と何かが違う気がした。良く見ると水位が下がっているのだ。元々浅いポイントなのに30cmほど水位が下がっているため、前回よりコンディションはタフになっていそうである。
具志堅さんも前回の私同様に数年振りの釣りのため、最初はリハビリが必要だがバズベイトを結んでいる。2人で並んでキャスト開始、水面をスイスイと私のザラ、パシャパシャとバズが動く。そして具志堅さんのバズにバシャと出たが、残念ながらフッキングはしなかった。
私はスピナーベイトに交換して探るが反応が無いので、早くもソフトルアーに交換。先日良く仕事をしてくれた、ファットイカのノーシンカーリグである。具志堅さんも同じルアーをリグる。そしてすぐに答えが出た。ラインが動いたのは具志堅さんの方で、フッキングも決まってロッドを曲げたのは・・・何やら細長い・・・柳の下に居たのはやっぱりドジョウ、ではなくライギョであった。

本命ではないがロッドが曲がったので、一寸気持ちが落ち着いた具志堅さんはキャストを続ける。
一方何の反応も無い私は、叩けるだけ叩いたポイントを諦めて移動を提案。少し動いた次のポイントでも反応が無く、更に別のポイントへ移動。
次は少し水が動くポイントで、スピナーベイトをメインにライトリグとの2本立てで狙うが全く反応が無い。

ここで地図を広げてナビの画面で確認、新しいポイントを探してランガン開始。最初は大きな池に行くが柵があり、水位が下がり過ぎのためパス。次の池は釣り禁止の看板がありパス。その次も柵がありパス。次はミニダム風で大きい池?だが、ヘラ釣りの方が何人も居るが水位が下がって水辺まで降りるのに怯んでパス。そしてやっと禁止の看板も柵も無い池に到着。
ここでは2人共スピニングタックルを持って探る。私は6 ftのロッドに、リールは飛距離を重視してルビアス2004に、ラインはナイトゲーム・ザ・メバルスーパーPE4 lb、リーダーはアイガーIIIスーパー1.2号1 mである。
池の土手を1キャスト毎に移動してコーナーまで来た時に小バスを発見。ノーシンカーリグのワームをキャストして、少しフォールさせてから細かくシェイクさせながら水面まで浮かせる。すると後ろから追い掛けて来てパクッと咥えるが、フックが無い部分のためアワセられず。次のキャストでは反応が無いため、ジグヘッドリグに変更して少し下のレンジを狙うと、追い掛けて来るのだがヒットはしない。
仕方ないので少し動いて角度を変えて狙う。ここで具志堅さんは私が居たポイントへ入り、ジグヘッドリグで小バスをヒットさせる。私が見たサイズである。その後は水位が下がった岸を動きながら狙い、やっとプルッとしたアタリで小バスをヒットさせた。
小さくてもバスではあるが、一寸と言うかかなり物足りない。次の池はヒシモが生えているため水面を広範囲で探るが、一度だけバフッと出ただけで終了。

ここで時間も昼を過ぎたので昼飯を食べに移動、適当に走って見つけたラーメン屋でラーメンと焼飯のセットを完食して満腹。ここで冷たい○ールが欲しい所だが昼は我慢する。

午後の部は朝に狙ったポイントへ戻ることにする。ベイトタックルにファットイカのノーシンカーリグで狙うのだが、パターンはシェード部分に落とし込んで、ボトムで少しシェイクして落とし込みである。
細かく探っていると小さくコッとロッドティップにアタリを感じた。少し送り気味にラインをバスに張らせてフッキング。しかし痛恨のミス。ワームのカラーをチェンジして、リグり直して再スタート。
そしてすぐにラインがスルスルと動いてくれたので、ラインを張って先程より少し待ってフッキング。今度はロッドが気持ち良く曲がってくれ、抜き上げたのは41cmバス
続けて狙うと同じパターンでコッの後にラインが動いたのでフッキング。ロッドが曲がった次の瞬間・・・曲がりが無くなった。少し早かったのか又もミスである。
どうもタフッているのか食い込みが悪く、これで午後の部は3バイト1フィッシュとボロボロである。

具志堅さんにはバイトも無いようなので、少し移動して同様のポイントを探る。そして私はシェードにピッチングで入れ、シェイク、フォールを繰り返してコッを捕らえて42cmを抜き上げた。これで4バイト2フィッシュになった。

サイズが出ない具志堅さんだったが、コッのアタリを捕らえてロッドを大きく曲げた。そして抜き上げたのは今回の最大魚である43cmバス。その後も連発を狙うが反応が無く本日の釣りは終了。明日のために周辺のポイントチェックに走り回ってから、早目に予約していたホテルへチェックイン。

シャワーで汗を流して缶ビールを飲んで寛いでから、17時30分には居酒屋へ向けてホテルを出発。予めチェック(物色)していた店に行くが未だ準備中。それではと次の候補店へ行く。先ずは生ビールで乾杯。そして冷やしトマト、鳥焼き、タコの唐揚げ、他にも何かオーダーしたけど忘れたf^_^;。更にビールと冷酒を飲んで店を出る。
次の店は先程準備中だった店。オーダーは具志堅さんが日本酒で、私は麦焼酎。肴はカンパチと赤イカの刺身に蝦蛄、次は生ビールに戻って他にもオーダーした筈だが忘れたf^_^;。
そして最後の〆にホルモンうどんの暖簾があった店へ行くと焼肉屋だったので、具志堅さんはホルモンとご飯セット、私はホルモンうどんで2人共、生ビールを頼んでしまった。店に入ると条件反射で、「とりあえず生」と言ってしまう。
夜の部も終了してホテルへ23時頃には戻って、すぐに寝てしまった。

2日目はホテルを6時に出発。昨日の午後に釣れたポイントで、前回ガイドをしてくれた堀さんと合流する。少し探ったが反応が無いらしい。シェードパターンで狙うために出発を日の出後にズラしたのだが、日が陰り気味でシェードが無い。
気分を変えるためにスピニングタックルで、センコーのノーシンカーリグで探るが反応が無い。うろうろと小移動をしながら細かくチェックをする。同じく細かく探っていた具志堅さんがロッドを曲げて35cmを抜き上げた。そしてやっと私のラインに小さな変化が出たのを見逃さずフッキング。少しドラグを鳴らして楽しませてくれたのは40cm程のバス
少し掛かり所が気になるが、抜き上げようと力をいれると、水面からバスの全身が出る寸前で痛恨のラインブレイク。リーダーが1.2号で口の少し奥に掛かっていたので、擦れてしまったのかチョット強引だったかも・・・。これで5バイト2フィッシュとなり、その後は反応が無くなったのでバスを諦める。

次はもう1つの狙いであるキス釣りに向う。ポイントは適当に走った所にあった漁港。エギングタックルに軽い天秤を結んで、2本針にゴカイワームを付けてチョイ投げ。ラインが細いため軽くキャストしても50〜60mは飛んでいる。しかし反応が無いため、次の漁港へ移動。
ここでも潮が動かずキスのアタリは無く、堤防でサビキ釣りの人達を見ても釣れていない。早々に見切りをつけてキスを諦め、高く上って強い日差しがあるため、バスがシェードに入っている可能性に賭けて朝のポイントへ戻る。

手にしたのは○○のひとつ覚えの、ベイトタックルでのファットイカ。少し風が出てごみ溜まりが出来ているポイントへ落とし込む。答えはすぐに出た。ラインにコッと小さなアタリが出てラインが引き込まれたので、タイミングを計ってフッキング。掛かり具合を確認して抜き上げたのは43cmバス
堀さんはラバージグで狙っていたが、水深が無くタフな感じの今日はノーシンカーワームの方が違和感無く口を使ってくれそうとアドバイスする。すぐにゴソゴソとリグり直してグラブのノーシンカーへ変更している。
その堀さんにすぐ反応が出たのか大きくフッキング。ロッドが曲がりヒットするが、ボトムのゴミか倒木に巻かれたのか動かなくなり、痛恨のフックオフ。アタリは私と全く同じパターンで出たそうである。
その後もしつこく粘り、同じポイントを3人で細かく探っていると、私にコッが来た。ラインが動いてタイミングを計ってフッキング・・・スカッ・・・ミスである。これで7バイト3フィッシュ(小バスしか出ていない初日の午前中は除外)となり、ここで終了。

今日の昼飯も昨日とは違うラーメン屋へ行って、昼過ぎに帰途に着いた。

これで2回のバスで獲ったのは40cmアップ3匹ずつ。もう1回位は行きたいなぁ、次は50cmアップが獲りたいなぁ。段々欲が出て来たし、やっぱりあんなのや、そんなのが欲しくなったな・・・もう1回行ってから考えよう・・・

エギング釣行記

最初の獲物は具志堅さんのライギョ

エギング釣行記

今回は具志堅さんの小バスから

エギング釣行記

私のスタートはライトリグで小バス

エギング釣行記

やっと獲れた41cm

エギング釣行記

少し大きくなって42cm

エギング釣行記

今回最大は具志堅さんの43cm

エギング釣行記

具志堅さんの35cm

エギング釣行記

最後は私にも43cm

エギング釣行記

お昼はすじラーメンと焼飯のセット

エギング釣行記

夜?、最初の店で鳥焼きとタコの唐揚げ

エギング釣行記

2軒目は蝦蛄(シャコ)

エギング釣行記

最後の店でホルモンうどん

【今回の使用タックル】

■その 1.ベイト

ロッド : オフト ヒロイズム スピナーベイト66Bミディアム ※ガイドはチタンフレームに交換
リール :ダイワ アルファスRエディション103
ライン : ユニチカ シルバースレッドS.A.R. 16 lb
ルアー : スミス ファットイカ(ノーシンカーで使用)
      プラドコ オリジナルザラスプーク(野池チューン)、
            スクエアA(野池チューン)、スーパースポット1/2oz、
            ボーマーシングルコロラドブレード3/8oz、
            エクスキャリバースピナーベイト1/2oz
      ※ルアーはブリンソンノットで直結


■その 2.スピニング

ロッド : ダイワ TD-S ZR601LXS
リール : ダイワ ルビアス2004
ライン : ユニチカ ナイトゲーム・ザ・メバルスーパーPE 4 lb
リーダー : ユニチカ ユニチカ アイガーIIIスーパー 1.2号 1m
ルアー : ワーム各種(ジグヘッド、ノーシンカー) ※ルアーはブリンソンノットで直結

※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ