HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2010年9月11日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2010年9月11日

沖縄本島でのショアとボートエギング2日間!!(2日目)

翌11日がおきなわ釣王国の二度目の取材日で、海風でのボートフィッシング。しかしこの日は滞在の最終日、夕方の便で帰阪するため半日しか時間が無い。7 時前に海風に集合、メンバーは私と宮城さんである。飲み物を積み込んで7時過ぎに出船、今日はタマン(ハマフエフキ)とガーラ(GT)、そしてアオリイカ 狙いである。
タックルはルアー用に、コンペ82の改造KW+KTガイド仕様にイグジスト2506、ラインはエギングスーパーPEII210の0.8号で、リーダーはアイガーIIIスーパーの5号を1.5m、ルアーはサージャー、サラナ、ハルカ、マウスリン等。次もルアー用で、スクイッドハーツ84にイグジスト2506、ラインとリーダーは同じでキャスラインエギングスーパーPEII210の0.8号アイガーIIIスーパー5号を1.5m、ルアーはスーパーサージャー、サージャーをメインにセット。もう1本はいつものコンペ82に、エギングスーパーPE8の0.6号のエギングセットである。

最初はタマン狙いでスーパーサージャーをキャストして、中層からボトム近くまでをチェック。風と潮でボートを流しながら広範囲にリーフエッジを攻めるが反応が無く、ポイントを変更する。
ロッドをコンペに持ち替えて小型のシンキングミノーをキャスト、リーフ上までフォールさせて時々小さくジャークを入れながらリトリーブ。同じパターンで 狙っていると、リーフの上へのフォール中にココンッとバイトがあり、フッキングするが空振り。そのままフォールさせてスローにリトリーブさせると、今度は ゴンッと強いバイトがありフッキング。次の瞬間ドラグからラインが引き出される。この引きはタマンだなと思ったその時・・・・無念のフックオフ・・・。掛 かりが浅かったのだろうか?

気を取り直して同じパターンでキャストを繰り返すが反応が無いので、違うパターンでのヒットを狙って鳥を探して狙うが不発。ポイントを変更してタマンを狙 うと、宮城さんのロッドが曲がった。待望のヒットかと思ったが引きが弱く、上がって来たのはクチナジ。これもタマンのお友達なので良しとする。そして私にもミノーをフォールさせてリトリーブに入って直ぐにヒット、しかしドラグを引き出す程ではなく、浮いたのはサイズアップしたクチナジ。次は宮城さんがイシミーバイをヒットさせる。

そんなタイミングで鳥が数羽見え、船を走らせるともうひとつの本命であるガーラのボイルを発見。静かにボートを近付けてスーパーサージャーをキャスト、着 水点も決まりリトリーブすると数匹のガーラがチェイス。口を開けてルアーを吸い込んだ・・・と思ったら喰い損ね。少しリトリーブスピードが早く、喰わせの タイミングを合わせられなくて私のミス。更にキャストを続けて狙うが、ミスバイトばかり。しかし小型のミノーでやっとヒットに持ち込んだが、パワーが無くドラグが唸る音が出ない。そしてジャンプしたのはシジャー(ダツ)、私の手首位の太さがあるがガッカリである。しかしその後に宮城さんヒット、しかしこれはミーバイであった。

本命のタマンとガーラに振られたので、押えのアオリイカを狙って移動。浅場にある岩場に行き、エギエスツーのピンクイエローをキャスト。ダートを4回入れて水平ドリフトからフォール、それから連続ダートで水面まで浮かせると黒い影がひとつ。そのままドリフトさせると抱いて、1投目でヒット。そのまま次のポイントでも同じパターンでヒットして、僅か数キャストでアオリイカの写真撮影は完了。最後にタマンを狙って時間の限りキャストしたが、ロッドが曲がることは無く終了した。

折角ヒットしたタマンらしき獲物をバラシ、ガーラも喰わせ損ない、何とかクチナジとアオリイカは獲ったものの、消化不良に終わった沖縄だが、次回はサイズアップした獲物を獲りたいと願いつつ、機上の人となった。

エギング釣行記

宮城さんにクチナジがヒット

エギング釣行記

私にはサイズアップのクチナジ

エギング釣行記

宮城さんにイシミーバイがヒット

エギング釣行記

シジャー(ダツ)がヒット

エギング釣行記

宮城さんにミーバイがヒット

エギング釣行記

試しにアオリイカを狙うと1投目に来た

エギング釣行記

アオリイカは狙うとすぐに乗って来る

エギング釣行記

海風さんにお世話になりました

【今回の使用タックル】

■その 1.エギング用
ロッド : コータック コンペティションエギ82改 KL+KTガイド仕様
リール : ダイワ イグジスト2506
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPE8 0.6号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー1.75号 2m
エギ : ユニチカ エギエスツー3.5S、3.5N ※エギはスナップをブリンソンノットで接続


■その 2.ルアー用
ロッド : コータック コンペティションエギ82 改 KW+KTガイド仕様
リール : ダイワ イグジスト2506
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEII210 0.8号
リーダー : ユニチカ アイガーIIIスーパー5号 1.5m
エギ : ユニチカ エギエスツー3.5S、3.5N ※エギはスナップをブリンソンノットで接続スミス サージャー、サラナ、ハルカ、他 ダミキジャパン マウスリン ※ルアーはスナップをブリンソンノットで直結


■その 3.ルアー用
ロッド : スミス スクイッドハーツSH‐84
リール : ダイワ イグジスト2506
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEII210 0.8号
リーダー : ユニチカ アイガーIIIスーパー5号 1.5m
ルアー : スミス スーパーサージャー、サージャー、メタルフォーカス28g 他
※ルアーはスナップをブリンソンノットで直結


■その 4.ルアー用
ロッド : ベイライナーメタルBLM‐68ML/RF
リール : ダイワ ルビアス2004
ライン : ナイトゲーム・ザ・メバルスーパーPE 4lb
リーダー : ナイトゲーム・ザ・メバルリーダーFC 5lb 1m
エギ : ユニチカ エギエスツー3.0N
ルアー : スミス ウェイビー、メバペン・MK、シーブリッド 他
※ルアーはスナップをブリンソンノットで直結


※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
リールはハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換

<この釣行記の一部はおきなわ釣王国 Jr.27号2010年11月号に掲載されています。>

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ