HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2010年11月20日〜23日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2010年11月20日〜23日

長崎県の対馬でのエギング4日間!!(1、2日目)

秋シーズン終盤を迎えた11月20日~23日の日程で、長崎県の対馬へ具志堅さんと私の気楽な二人でエギングに行って来た。深夜の高速を走り早朝に福岡着、時間があるのでゆっくりと朝食を食べて、定刻に博多港からフェリーで対馬の厳原港へ渡り、氷と飲み物などの買い出しをして、最初のポイント到着が16時。

今回のタックルはコンペ82改にイグジスト、ラインはエギングスーパーPEII210の0.5号に、エギエスツー3.5Nピンク/イエローゴールドをセット。護岸の横にある磯場からキャストして底を取り、4回ダートからカーブフォールの2セット目に早くもツンッとアタリが出て、300gを幸先良く一投目にヒット。次のキャストも同じパターンでアタリが出るが途中でバレたが、その次も新子がヒットと連発。このまま釣れ続くとどうなるのかと思ったが、その後は触りもしないので移動。次のポイントでは何の反応も無く、次のポイントでは深場狙いで時間的にも夕方近くのため、3.5Nオレンジ/イエローゴールドへ交換。ボトムでのシャクリからダートを3回入れると、ラインが走り300g。次はボトムから8回連続ダートさせてのフォールで500g、同じパターンで300gと連発して初日の釣りは終了。

宿へ行って汗を流し、お楽しみの夕食である。刺身はヒラス、天ぷら、炊き合わせ、酢の物、クロの煮付けとお鍋は水炊きで〆にそうめん。最初は生ビールから日本酒は燗と冷を頂きました。

エギング釣行記

フェリーでのおつまみと飲み物

エギング釣行記

対馬の厳原港到着

エギング釣行記

1投目にヒットした300gのアオリイカ

エギング釣行記

夕方はオレンジ/イエローで500g

エギング釣行記

初日の夕食はクロの煮付けと刺身等とお鍋

2日目は宿の近くからスタート。シャローから探り、少し深くなったエリアを沖から探っていると、3.5Nオレンジ/イエローゴールドにヒットしたのは300g。しかし後が続かず移動。 漁港の外側のシャローを具志堅さん、斜めに入ったブレイクの壁沿いを私が狙う。正解は水深がある方に入った私で、3.5Nオレンジ/イエローマーブルでボトムからブレイクラインで浮かせると追い掛けて来た奴をサイトで乗せ、同じパターンで探ると今度は2杯追い掛けて来たので、1杯をサイトで抱かせて、残りはボトムで抱かせて3連発。そして10m以上の深場は、3.5Dパープル/ピンクゴールドで叩いて500g300gの2連発と好調に乗せた。次のポイントでは具志堅さんが3.5Dピンクゴールドでボトムを叩いて対馬での初ヒット。私は角度を変えて狙い、深場から追い掛けて来たところをサイトで乗せる。昼食はチャンポンを食べてエネルギーを充電して一休みをする。

午後の部は具志堅さんからスタート。ピンクマーブルでシャローの沈み岩を攻めて400gをヒットさせた。私はタックルをコンペ84プロトにイグジスト、ラインはエギングスーパーPEIIWHの0.5号に持ち替える。磯のポイントでは具志堅さんがバラシた横で、3.5Nピンク/イエローシルバー500gをヒットさせた。沖で底を取り、連続ダートからカーブフォール、シャクリから3回ダートさせてからのカーブフォールで、ラインが走るアタリを出してくれた。次は同じくシャクリから3回ダートさせた後のカーブフォールでツンッと弾くアタリで300g。続いて追い掛けて来た奴をサイトで乗せる。そして期待の夕まず目だが、ベイトっ気があるものの、潮が動かず撃沈して早目に終了となった。

宿へ行き汗を流し、お楽しみタイムである。刺身はアジとヨコワとアオリイカ、イカの酢味噌和え、剣先イカの煮付け、ハコフグの料理とお魚の鍋でビールと焼酎を頂きました。

エギング釣行記

2日目の出だしもオレンジ/イエロー

エギング釣行記

3.5Dのパープル/ピンクで来た

エギング釣行記

具志堅さんにも乗った

エギング釣行記

ピンクゴールドでゲット

エギング釣行記

お昼はチャンポン

エギング釣行記

ピンクマーブルでも乗せた

エギング釣行記

私はピンク/イエローシルバー

エギング釣行記

海に沈む夕日

エギング釣行記

2日目の夕食は刺身、剣先イカの煮付け、ハコフグ料理など

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ