HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2011年1月12日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2011年1月12日

2011年初釣り!!沖縄本島でのエギング4日間!!(1日目)

2011年の初釣りも沖縄本島へ1月12日~15日に行って来た。メンバーは東京の釣友である高橋さんと私の2人で、那覇空港で合流してレンタカーで北上。待ち合わせまで時間があるので腹ごしらえに東海岸の食堂へ行く。ここでのお気に入りは野菜そばで私は小をオーダー、高橋さんは豆腐チャンプルーセットである。山盛りの野菜をお椀に取り分けて麺が見える状態にしてから、コーレーグースをかけて食べる。今の私に大(大盛り)はとても食べられない量である。もちろん高橋さんは以前に大を完食している。

エギング釣行記

野菜そばは野菜を一部取り分けてから食べる

エギング釣行記

フチャンプルーセット

お腹一杯になって釣場へ移動して漁港でタックルを準備していると、沖縄へ行けばいつも一緒に釣りをする宮城さんが到着、挨拶も程々にエギングをスタート。ロッドがKガイドに交換したコンペ82改にリールはイグジスト2506、ラインはキャスラインエギングスーパーPEII210の0.5号、リーダーは1.75号でエギエスツー3.5Nのピンクゴールドをセットした。高橋さんと宮城さんの2人も、メインロッドはコンペ82でエギエスツーをセットしている。漁港の風が余り当たらないポイントに入ってキャスト、ボトムから中層まで、シャクリやダートなど様々なアクションで狙うが何の反応も無いので移動。漁港や小場所も叩いてみたが、初日は高橋さんの小型だけで終了。夕方に海風の坂本船長から、明日は7時に出船と連絡が入った。

北部のホテルにチェックイン(今回は某プロ野球チームの常宿で来月のキャンプでは、ほぼ貸切で最も盛り上がりそうなホテル)してシャワーを浴びてスッキリしてから、一旦自宅に帰った宮城さんも一緒に3人で反省会の夕食に出掛ける。オリオンビールで乾杯(反省していない)して、地魚の刺身盛り合わせ、フチャンプルー、ポークタマゴ、島らっきょう、中身炒め、スルメの天ぷら、アグー豚の野菜炒めなどを食べた。そして明日のボートエギングの話では、取らぬ狸を数えて盛り上がった。

エギング釣行記

地魚の刺身盛り合わせ、ポークタマゴ、
フチャンプルー、オリオンビール

エギング釣行記

スルメの天ぷら、中身炒め、アグー豚の野菜炒め

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ