HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2011年1月14、15日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2011年1月15日

2011年初釣り!!沖縄本島でのエギング4日間!!(4日目)

ゆっくりと目覚めたところ、土砂降りの雨ではなく、小雨程度の雨しか降っていない。朝飯を食べていないので、バンガローをチェックアウトして南下するが雨が上がって来たので、コンビニで朝飯を調達して古宇利島へ向かう。到着すると強く吹いていた西風の影響か、濁りが回り軽くチェックしても反応が無いため釣りは断念。路線を変更して花見に行くことにした。そう、既に開花情報が出ている桜を見に行くのだ。まだ少し早いため2~3分咲き程度であるが、綺麗に桜が咲いている木がある。沖縄では桜前線は南下するため、北部から咲き出すのである。

エギング釣行記

1月から咲いている沖縄の桜

エギング釣行記

一杯は無しの花見を終えて昼飯はやっぱりそばである。初めて来た時から高橋さんのお気に入りの牛肉そばを食べに行く。

エギング釣行記

牛肉そば、野菜と肉を別の器へ分けた方が食べやすい

昼飯を食べてタックルを片付けてスーツケースに詰め込んで、後はみやげを買いに行ってレンタカーの返却である。高速道路を南下して広い糸満の道の駅へ向かう。ここは広い店に様々なものが並んでいるため、見ているだけでも楽しくなる。高橋さんのお勧めで、チョット話題のジューシーおにぎりが入ったかまぼこも売られていて、取りあえず買って帰って自宅で食べたのだが、中々味は行けるのだがお腹も膨れてしまうボリュームである。魚屋を見に行くと、沖縄独特の色とりどりの魚が並んでいたが、アオリイカは殆ど見かけなかった。これは今は余り獲れていない証拠なのか、売り切れてしまったのか、どっちだろうか?そんな事を思いながら定刻通り、那覇空港から飛行機は飛び立ったのである。

エギング釣行記

色とりどりの魚が並ぶ

エギング釣行記

アサヒガニもある

【今回の使用タックル】

■その 1
ロッド : コータック コンペティションエギ82改 KL+KTガイド仕様
リール : ダイワ イグジスト2506
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEII210 0.5号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー1.75号 2m
エギ : ユニチカ エギエスツー3.5S、3.5N、3.5D ※エギはスナップをブリンソンノットで接続


■その 2
ロッド : コータック コンペティションエギ84 プロト仕様
リール : ダイワ イグジスト2506
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEIIWH 0.5号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー1.75号 2m
エギ : ユニチカ エギエスツー3.5N、3.5D ※エギはスナップをブリンソンノットで接続


※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
リールはハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換

<この釣行記の一部は(株)つり人社 2011年アオリイカ地獄Xに掲載されました。>

<この釣行記の一部はおきなわ釣王国 Jr.29号2011年3月号に掲載されました。>

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ