HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2011年1月31日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2011年1月31日

香港でのエギング交流会4日間!!(3日目)

そして31日は去年行った時と同じ港からのボートエギングである。出船前に腹ごしらえで、朝食は肉とソーセージ入り麺を食べたが、中々イケてボリュームも十分である。今日のメンバーは、昨年も一緒にボートに乗った大輝さん、Brianさんと、Peterさん、Billyさん、そして香港の無限と言う釣雑誌のENDLESS PUBLISHING COMPANYのWongさん、そしてサイモンさんと私である。

エギング釣行記

出船前の朝食は肉とソーセージ入り麺

エギング釣行記

ボート桟橋も正月の飾り付け

準備が整い9時過ぎに出船、ポイントを目指すが生憎の強風と高波のため、本命ポイントには行けずに別のポイントを目指す。今日のタックルは、コンペ82改にイグジスト2506、ラインは210の0.5号にリーダーは1.75号エギエスツーの3.5Nオレンジ/イエローゴールドである。風でボートが流されて釣り辛いが、ボトムを中心にシャクリやダートからのフォールで誘うが全く反応が無い。風と波が少しでも避けられそうなポイントに船長はボートを着けてくれるが全員ノーヒット。

多少波が落ちて来たので一気に大移動、途中で大きなうねりや波を被りながらも無事にポイント到着。ここは静かで釣り易そうである。するとファーストキャストでBillyさんに500gがヒット、続いてBrianさんにキロアップがヒット。これは連発モード突入かと思ったが、後が続かず小移動。今度はサイモンさんに400gが乗った。次にやっと順番が回って来た私にも同サイズが乗った。3.5Nピンク/イエローゴールドで底を取ってから、ダートを4回入れてカーブフォールさせるとボトム寸前で抱いてくれた。しかし海水温が低下しているそうで、エギを触っても冷たく感じるため、活性が低く余り良い状況では無いようだ。

エギング釣行記

今年は大荒れの海

エギング釣行記

Billyさんにヒット

エギング釣行記

Brianさんにキロアップが乗った

エギング釣行記

サイモンさんにヒット

エギング釣行記

私にもヒット

狙いのサイズが乗らず、釣れても同じようなサイズばかりなので、ランチが食べられる島へ移動。初めて来たのは塔門(Grass Island)、Tap Munという島で、何軒かレストランと言うより食堂という店が立ち並んでいる。その中の1軒に入り、みんなはサービスの冷やしあめの様なドリンクやコーラ、しかし私はひとり青島碑酒でエネルギーを補充。たこ焼きのような魚揚げ、焼き飯、くちばしまで綺麗に揃った1羽丸ごとの蒸し鶏、青菜炒め、焼きそばを頂きました。

エギング釣行記

エギング釣行記

Tap Munでランチタイム

エギング釣行記

ランチはここで

エギング釣行記

たこ焼きのような魚揚げ、焼き飯、青島麦酒

エギング釣行記

蒸し鶏、青菜炒め、焼きそば

昼食後は風裏になる島影のポイント、ここでも最初のヒットはBillyさんであるが、後が続かず移動。何ヶ所かランガンするが反応が無い。何ヶ所目かのポイントは北へ行ったため、中国の街並みが見えたが何という町なのだろうか。

エギング釣行記

Billyさんにヒット

エギング釣行記

遠くに見えるのは中国の街並み

そして最後のポイントでBrianさんにヒット、後ろから追い掛けて来ていたアオリイカが見えたそうなので、船を流し直して狙うとサイモンさんに乗った。しかし単発でデカイカは終始姿を見せないまま時間切れとなってしまった。

エギング釣行記

Brianさんにヒット

エギング釣行記

サイモンさんにヒット

エギング釣行記

左から大輝さん、サイモンさん、船長、私、Peterさん、Billyさん、Brianさん

ポイントを後にして港へ戻るのだが、途中に海上警察の検問所があり、今回もスローダウンして了解を得て通過、夕日に向かっての進路は気分を和ませてくれる。上陸してからのおやつは練り物系のボールと米粉を巻いたもの?とサンミゲルで一服。

エギング釣行記

沖にある海上警察の検問所

エギング釣行記

夕日が沈む

エギング釣行記

今回お世話になったボート

エギング釣行記

ボートから上がっておやつとサンミゲル

タックルを片付けてその足でサイモンさんとBrianさんの3人で海鮮料理の店へ行く。着いた店は誰かに連れて行ってもらわないと入れない様な店だが、人気のメニューがあるそうだ。実際にどの料理も美味しかったので間違いないだろう。店の奥にある水槽には食材となる魚やエビ、貝が入れられているので、そこからBrianさんが選んだのは伊勢海老とハタ系の魚。先ずはお疲れ様と言う事で、サンミゲルで乾杯。順番に運ばれて来る料理は、イカのもやし炒め、マテ貝と野菜のピリ辛炒め、アオリイカの唐揚げ、あわびの煮物、伊勢えび麺、ハタの姿蒸し、青菜炒めと食べ切れないほどの料理に大満足。サンミゲルが何本も空いたのは言うまでも無い。

エギング釣行記

Brianさんに食材を選んでもらう

エギング釣行記

伊勢海老とハタ系の魚を選ぶ

エギング釣行記

夕食はここで食べた

エギング釣行記

イカのもやし炒め、マテ貝と野菜のピリ辛炒め、アオリイカの唐揚げ、あわびの煮物、伊勢えび麺、ハタの姿蒸し、青菜炒めと香港のビールはサンミゲル

エギング釣行記

伊勢海老麺

エギング釣行記

ハタの姿蒸し

一旦ホテルに戻ってから旧正月の出店を見に行くと、夜中なのにまだ数件の店が開いていた。日本ならテッペン(深夜12時)を回って開いている店など無いのだが、ここ香港では深夜でも開いている店がある。飾り付け用の花を売る店が多いが、子供が喜ぶ金魚すくいは日本と同じで、他にはヨーヨー釣りらしき店もあった。

エギング釣行記

ホテルに泊まっていたピンクのパンダカー

エギング釣行記

旧正月用の花屋

エギング釣行記

こちらは金魚すくい

エギング釣行記

これも花屋

エギング釣行記

同じ花が沢山並ぶ

エギング釣行記

色とりどりの花が並ぶ

エギング釣行記

道路の向こうが旧正月の出店が並ぶ

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ