HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2011年2月18日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2011年2月18日

沖縄本島で漁港をランガン、
沖磯とボートエギングのテスト釣行!!(2日目)

18日は早朝にホテルを出発して、辺野古漁港へ向かう。ショアからは何度も行っているポイントだが、今日は初めてのポイントとなる辺野古漁港から辺野古の米軍キャンプ沖の横島へ渡船で渡り、午前中は磯からエギングでデカイカを狙った。タックルは昨日と同じコンペ82改にイグジスト、ラインは210の0.5号、リーダーは1.75号を2mエギエスツー3.5Nピンクゴールドをセット。水深2~5m前後で浅く、砂地に沈み磯が点在している回遊狙いのポイント。コブシメの大型も出ているそうなので、根掛り覚悟でボトムを攻めるが反応が無いため、立ち位置を変えたり、カラーやアクションを変えて粘ってみるが反応なし。エギのロストが増える一方なので、このまま粘るか移動するか迷ったのだが、移動することにして早目に港へ引き返した。

エギング釣行記

今回渡ったポイント

エギング釣行記

エギング釣行記

エギング釣行記

エギング釣行記

米軍のキャンプを沖から望む

エギング釣行記

磯を諦め港へ戻って船長お勧めの弁当屋へ行き、とんかつ弁当に小さなそばとさんぴん茶で500円程の安い昼飯を早い時間に食べてしまった。

エギング釣行記

とんかつ弁当とそばとさんぴん茶

午後からは第二豊仁丸の豊島船長の操船でボートエギングのテスト出船をした。今はまだ本格的なチャーターボートとしてテスト中の船長であるが、渡船ではお父さんの操船で助手として頑張っている。タックルはそのままコンペ82改にイグジスト、コンペ84プロトには10ステラをセット、ラインはどちらも210の0.5号にリーダーが1.75号でエギエスツーの3.5S、3.5Nは主にコンペ82改で使い、3.5Dは主にコンペ84プロトで使い、それぞれのタックルはとポイントに因って使い分けた。最初は浅場に沈み磯が点在するポイントで、エギエスツー3.5Nピンク/イエローシルバーを確実にボトムから余り浮かせずに狙うが反応が無く、次に水深があるリーフからの切れ込み近くへ移動。風が強くボートが流されて釣り辛いため、エギエスツー3.5Dオレンジ/イエローゴールドに交換。掛け上がりからボトムを中心に狙うと、先に宮城さんオリーブシルバー1kgのアオリイカを乗せた。

エギング釣行記

宮城さんが乗せた1kgのアオリイカ

すぐに同じカラーに付け替えてキャスト、底を取り小さく3回ダートさせてフォールさせると微かに触った感触がありロッドティップで聞くが抱いていないため、次はフォローのアクションとして小さく3回ダートさせてカーブフォールさせると、もたれるアタリを感じてフッキング。ドラグが鳴ってロッドを絞り込んで楽しませてくれたのは、1.7kgのアオリイカである。

エギング釣行記

引きを楽しんでアオリイカが浮いた

エギング釣行記

1.7kgのアオリイカをゲット

エギング釣行記

その後も船長が気になるポイントを次々と回りチェックを重ねたが、時折強く吹く風と雨、おまけに波も高くなって来て、サイズアップは出来ずに小型の反応だけで終了した。

エギング釣行記

時折雨が降り風も強く吹く中で頑張った

エギング釣行記

左から豊島船長、私、宮城さん

エギング釣行記

第二豊仁丸と左は渡船使用している船

エギング釣行記

エギング釣行記

今回お世話になった豊島船長と奥さん

タックルを片付けてホテルへ戻り、シャワーを浴びてスッキリしてから宮城さんと本日の夕食である。先ずはオリオンで乾杯、オーダーしたのは、刺身が近海物のマグロとイラブチャー、串焼きの盛り合わせとソーメンチャンプルー。そして話題は今日の釣りについてである。初めてのポイントなので様子見と言った釣りであったが、沖磯は回遊次第でタイミングが良ければ釣れるだろうが、悪ければ今回のように空振りになる。どこでも同じ事が言えるだろう。ボートは普通に釣りが出来る状況の時に改めてチャレンジしたい感じで、今回はシャローのポイントでは小型しか反応が無かったが、安定した状況であれば楽しめそうと一致した答えが出た。

翌日は昼に初めて行った店でソーキそばを食べて、那覇空港から機上の人になった。

エギング釣行記

ソーメンチャンプルー、串焼き、
マグロとイラブチャーの刺身

エギング釣行記

基本であるかつおだしのソーキそば

【今回の使用タックル】

■その 1
ロッド : コータック コンペティションエギ82改 KL+KTガイド仕様
リール : ダイワ イグジスト2506
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEII210 0.5号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー1.75号 2m
エギ : ユニチカ エギエスツー3.5S、3.5N、3.5D
※エギはスナップをブリンソンノットで接続
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
リールはハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換


■その 2
ロッド : コータック コンペティションエギ84 プロト仕様
リール : シマノ 10ステラC3000SDH
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEII210 0.5号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー1.75号 2m
エギ : ユニチカ エギエスツー3.5N、3.5D
※エギはスナップをブリンソンノットで接続
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
リールはハンドルをシングルに交換


<この釣行記の一部はスポーツ報知大阪本社版 2011年3月18日付に掲載されました。>

<この釣行記の一部はおきなわ釣王国 2011年4月号No.89号に掲載されました。>

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ