HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2011年3月4、5日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2011年3月4、5日

四国での「第2回菜の花まつり
宿毛市長杯 宿毛ペアエギング大会」(1日目)

久し振りとなる四国、それも大阪から最も遠い位置にある高知県宿毛市へ、ユニチカフィールドスタッフの重見さん達と行って来た。今回は「第2回菜の花まつり 宿毛市長杯 宿毛ペアエギング大会」のゲストとして声を掛けて頂いたのだ。重見さんは昨年に続いて2度目のゲストである。
スタートは4日の夜で、自宅を出発して江口さんと合流、江口さんの車に同乗させて頂き、神戸で重見さんとディープブルー代表の太田さん(まどかママと言った方が分かりやすいかな)、お気楽こと西田さんとお気楽2号のお嬢さん、藤原さん、そして横浜から走って来た吉田さんが合流、2台の車に分乗して出発なのだが、重見さんが居ない・・・戻って来たが手にはコンビニ袋を提げている。やっと夜中に神戸を出発、私が乗せて頂いている車の運転手は江口さんにお任せ、他の3人はハンドルキーパーが居るので、出発と同時につまみを片手に缶〇〇〇をプシューとやってゴクリ。重見さんが提げていた中身はこれである。淡路島のパーキングで一服、四国に渡り高知道に入り一気に南下、調子に乗って飲んだ缶〇〇〇のおかげか、途中少し記憶が無いのはうつらうつらしたためか?
そして待ち合わせ時間の6時には宿毛に到着。ファミレスへ朝食を食べに行き、ここで今回のイベントスタッフである地元の梶原さんと毛利さんも合流。今日は夕方までは時間があるので、大会エリアの下見を兼ねて実釣となる流れ。そこで良さそうなポイントを地元の2人に聞くと、今がベストの時間帯ですとの返事。そうだろう、今は夜明けの地合いと世間では呼んでいる時間帯である。しかし我々は慌てない、と言うか本気で釣る気があるのは何人居るのか疑問である。

朝から麦ジュースを飲んだ者、ガッツリとハンバーグセットを食べた者、サラダだけの者など様々な朝食を終えてやっと出発である。向かうのはすぐ隣の愛媛県に入った西海周辺。最初のポイントへ着くが残念ながら強い向かい風が吹いて寒い、それに先行者が居るため断念。途中の護岸された風裏のポイントへ移動する。ここで全員がタックルを持って釣りをスタート。私のタックルはコンペ82改Kガイドチューンにイグジスト2506、ラインはエギングスーパーPEII210の0.5号、リーダーはエギングリーダーの1.75号を2mノーネームノットで接続して、スナップにエギエスツー3.5Nピンク/イエローシルバーをセットした。水深は深くて10m、浅い場所は4~5mで潮の流れが無く、ベイトも少ないためか全員不発。

次のポイントは小規模の漁港で、地元の方がアジを泳がせてアオリイカを狙っている。港内でキャストするとも透明度が高いためか思ったより水深があり、ベイトがピチャピチャと追われているため気配がムンムン。と思っていると吉田さんのロッドが曲がった。浮かせると後ろから1杯追い掛けて来ている。しかし他のエギには見向きもしないで深場へ戻ってしまった。取り込んだのは600g程のアオリイカで、この1杯で全員のテンションが急上昇。歩ける範囲を広く探ると、丁寧にボトムを攻めている時に軽く触った感触があり、聞き合わせをすると一瞬乗ってバレてしまった。フォローでの反応を狙うが来ないため、エギを回収するとモンゴらしき皮が付いていた。そのまま狙わずに移動すると、後ろから来ていた吉田さんがロッドを曲げた。今度はモンゴイカの500g程であるが、私のエギを触った奴では無い様だ。他のメンバーは何をしているのかと見に戻ると、西田さん親子はサビキでアジを狙っている。見ていると港内の底まで丸見えの場所で狙っていて、アジが食い付くのが見えている。これはサイトサビキと言うのだろうか。

エギング釣行記

横浜の吉田さんが600gをゲット

エギング釣行記

吉田さんはモンゴイカもゲット

本命のアオリイカの反応は無く、潮は止まり、ベイトも悠々と泳いでいるため昼飯を食べにセルフのうどん屋へ行く。以前にも来た事がある店だが何年振りになるか分からない位久し振りである。私は適当にうどんをかごに掘り込んで温めて、きつねと竹輪の天ぷらとイカの天ぷらを乗せて食べたら、お腹一杯になってしまった。

エギング釣行記

お昼はセルフのうどん屋

エギング釣行記

私はきつねと竹輪天とイカ天のトッピング

食後に行ったポイントは、堤防と地磯の二者択一。楽なのは堤防、釣れそうなのはかなり歩く地磯のように見える。地磯を選んだのは江口さんと私の2人だけで、他は全員近い堤防を選んだ。スパイクブーツに履き替えて歩いた我々、楽をした者達、気になる結果は、地磯で私がサイトで500gクラスが追い掛けて来たものの乗せ切れず、200gを乗せただけ。一方堤防は毛利さんが500gを乗せて堤防組の勝ちであった。
次は少し広い漁港に行くが、エサ釣りの先行者のウキを見ていると潮が動いていない様子。ここで重見さんが西田さん親子の釣ったアジを刺身にして試食。新鮮で美味い刺身である。今日は嵐を呼ぶ男が一緒に居るのに、天気は快晴で風さえ当たらなければ暖かい位である。暫く粘るも釣れたのはモンゴイカだけで次のポイントへ移動。 大きな漁港で高い堤防の上に乗り外側を狙いに行くらしいが、風が当たって寒そうなので私は内側を狙う。案の定すぐに何人かが内側に移動している。しかし反応が無いので港内の最も奥に寄った堤防まで歩き、角度を変えて細かく探っているとボトムで何かがエギエスツーを触った。3.5Nピンク/イエローゴールドに乗ったのは、モンゴイカの800g程の奴だった。これで時間切れとなり、予約して頂いているホテルへ移動。

エギング釣行記

嵐を呼ぶ〇〇さんが居るのに快晴

エギング釣行記

私にもモンゴイカがヒット

ホテルに着いてシャワーを浴びてスッキリして夕方からの懇親会に備える。懇親会には宿毛市長が挨拶に来られ、市の職員や関係者の方々が来られて、我々釣り組も美味しい料理と酒に満足の時間を過ごさせて頂いた。調子に乗った私もチョット飲み過ぎ、食べ過ぎてしまったのはいつもの事か・・

エギング釣行記

前夜には懇親会がありました

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ