HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2011年3月9日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2011年3月9日

沖縄での大物狙いのエギング3日間!!(2日目)

2日目は平安座島のボートフィッシング海風で1日チャーターのボートエギングである。予定通り7時に海風Ⅱは坂本船長の操船で出港、最近2kgオーバーが出ているエリアを目指す。潮は中潮で満潮が8:39/191cm/21:18/176cm、干潮は15:05/33cmで、朝一は満潮前のタイミングである。

今日のタックルは昨日と同じコンペ82改Kガイド仕様のセットと、コンペ84プロトにイグジスト、ラインはエギングスーパーPEIIWHの0.5号を巻いてある。先ずはコンペ82改にエギエスツー3.5Nオレンジ/イエローゴールドをキャスト。底を取り4回ダートからフォールさせるが、ボートが風で流されるのでフリー気味のフォールになる。このパターンで2キャスト目にふと横を見ると、近江さんのロッドが曲がっている。何とファーストキャストで行き成りのヒットである。慎重に寄せて取り込んだのは、彼の自己新記録となる1.2kgのアオリイカで、3.5Nピンクゴールドで乗せている。

エギング釣行記

近江さんはファーストキャストで1.2kg

すぐに私も3.5Nピンク/イエローゴールドに交換、同じパターンで気合を入れ直す。するとダートからフォールさせてボトム寸前に違和感を感じてロッドで聞くと重みがある。フッキングを入れると長いストロークの引きで、ドラグを鳴らしてラインが引き出された。2kgオーバーを確信して気分良くファイトを楽しんでいると、まさかのバラシ。そのままエギをフォールさせて抱き直しを狙うが反応が無く、回収したエギを確認すると最も小さな足先がカンナに残っていた。最も小さい足にフッキングしたのだろう、掛かり所が悪かったようだ。運が悪かったと気を取り直して、キャストを続けると同じパターンでのアタリを感じてフッキング。今度も先程と同じ位のストロークとパワーでラインを引き出してくれる。引きを楽しみつつ慎重に寄せてネットに収まったのは、明らかに2kgオーバーである。写真を撮って体重測定をすると、目盛りは2.5kgを指した。

エギング釣行記

思わず口元が緩んでしまう

エギング釣行記

ピンク/イエローゴールドで2.5kg

エギング釣行記

その後もサイズアップを狙ってキャストを続けるが、ヒットするのは300~600gのメスばかりで、中には近江さんと私のダブルヒットもあったが全てリリース。

近江さんはルアーでイシミーバイエソをヒットさせて、沖縄の海を満喫している。私は3kgオーバーを狙ってルアーへの誘惑に惑わされず、最後までエギエスツーをキャストし続けたが、残念ながらサイズアップは果たせず、夕方前には大荒れとなったためタイムアップの17時で終了した。

エギング釣行記

近江さんと私にダブルヒット

エギング釣行記

ルアーではイシミーバイがヒット

エギング釣行記

近江さんのピンクシルバーで500g

エギング釣行記

今回の私のタックル

帰港してボートハウスでタックルを片付け、たまには一緒に一杯やりましょうと言う事になり、坂本船長に居酒屋を予約して頂き、ホテルへ戻りシャワーを浴びて待ち合わせの店へ行く。乾杯はオリオンビールで、刺身はシャコ貝とマチ、フチャンプルー、島らっきょう、タコの唐揚げなどを肴に、今日の釣りを振り返り、沖縄の釣り、料理の話など話題には事欠かず、ビールが進んだのは言うまでも無い。明日も朝から予約が入っている坂本船長に代わり、途中から合流した地元の仲栄真さんと遅くまで延長戦に突入してしまった。

エギング釣行記

今回宿泊したホテル

エギング釣行記

オリオンビールと刺身はシャコ貝とマチ、フチャンプルー、島らっきょう等

エギング釣行記

朝からチョット多過ぎ(^_^;)

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ