HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2011年5月1日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2011年5月1日

毎年恒例のGW遠征エギング。
長崎県対馬での釣行4日間!!(3日目)

そして3日目は、昨日の予定通り朝食を食べてからの出動であるが、風も弱く雨も上がっているため、良い方に天気予報は外れたのかと思いつつ、昨日までにチェックしたポイントから有望と思える漁港へ行く。最初の漁港では地元の方の車が数台止まっていて、既に何人かがシャクッているので、別のポイントへ行く。昨日の雨と風、波で少し濁り気味の浅場である。ここではアピール度が高いカラーを選んで、3.5Nオレンジゴールドのアワビシール付をキャスト。水面から1m程フォールさせてから左右に4回ダートからフォールさせると、すぐに引っ張るアタリでヒット、小さく見えたのだが量ると450gあった。

エギング釣行記

450gはオレンジゴールドに乗った

次は見送ったポイントに行き空いているポイントへ入る。少し風があるが何とかなりそうな程度である。海藻の上やエッジを中心に、エギのカラーローテーションや立ち位置、キャスト角度等を様々な方法でチェックするが反応が無く、仕方ないので早目の昼飯へ行く。今日は前から気になっていた、とんちゃん定食を3人共オーダー。タレに漬け込んだ豚肉を焼いた焼き豚定食であるが、予想通りの味で満足。

エギング釣行記

とんちゃん定食

食後も強くなった風を避けられるポイント、と言うか何とか釣りが出来るポイントを探してランガン。しかしうねりと波でポイントが潰れて苦戦。時間とガソリンの浪費であるが、今回は仕方ないのか・・。朝に乗せたポイントに入り直し、風裏側となる港内を細かくチェックする。エギは3.5Dブラウンレッドで、ボトムから3~4回ダート、そして水面までの連続ダートのパターンで1キャスト毎に横へ移動する。そして何回目か移動をしてのキャストで、水面までエギエスツーを浮かせた時に後ろから追い掛けて来たので水面下でステイさせていると、そのまま迷わず抱いて300gがヒットした。

エギング釣行記

サイトでブラウンレッドにヒットした

これは正解かもと頑張ったが、やっぱり後が続かず移動。次のポイントでも風が止まらないため、3.5Nではエギがコントロール出来そうにないので、3.5Dのブラウンレッドをそのままキャスト。ボトムの海藻ギリギリまでフォールさせてから、小さく3回ダートさせてカーブフォールさせると、もたれるようなアタリを感じてロッドで聞き合わせ。荷重が乗ったロッドが曲がり、少しドラグを鳴らして楽しませてくれたのは1.2kgのアオリイカである。

エギング釣行記

3.5Dブラウンレッドにヒットした1.2kgのアオリイカ

エギング釣行記

これは群れが入って来たのかとキャストを繰り返したが、やっぱり・・・・単発。夕まずめの地合いまで頑張る事無く本日の釣りは終了。

宿へ戻っての夕食はバーベキュー。網の上に乗って焼かれているのは、ヒオウギ貝、剣先イカ、イワシの干物、手羽先、豚、牛、そして大好きなサザエの壺焼きで、足元にビールの空き缶が並ぶペースは早くなる。途中からは焼酎も頂いて満足な夕食であった。

エギング釣行記

バーベキューはヒオウギ貝、剣先イカ、イワシの干物、手羽先、豚、牛、サザエ

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ