HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2011年5月20日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2011年5月20日

鹿児島県の種子島での釣行4日間!!(3日目)

3日目もボートエギングで、昨日と同じ若潮丸で西之表港を6時に出船、昨日とは違うポイントを目指す。沖へ出ると小雨が降り、うねりもあるため酔い止めが効くのか不安になる。最初のポイントは潮が効かず、余り良さそうに思えないが、何と石原さんがロッドを曲げた。余り引きが強くないので大きくは無さそうであるが、浮いたのは1.5kgの丸い奴である。潮が動いていない証明か、反応が無いため小移動。次は起伏が激しいポイントであるが、こちらもダメ。この頃から風が強くなり、うねりも大きくなって来たため、昨日反応が良かったポイントへ移動する。
到着すると風は強いが波は無く、釣りはしやすい。風でボートが早く流されるため、コンペ82でアゴリグを手にする。高橋さんもエギエスツー4.0Nのピンク/イエローマーブルのアゴリグで狙い、ボトムを攻めてアオリイカの1.1kgを乗せた。続いて重見さんも乗せたが、今回は好かれてしまった丸い奴の1kgであった。その後は風が強く、潮の流れも早くなって反応が無くなったため、昼過ぎに一旦帰港した。

エギング釣行記

高橋さんが乗せた1.1kg

重見さんと石原さんは今日の便で帰るため、ここで別れて残った我々は昼食を買いに行き、弁当を港で食べて午後の部に突入。次は少し浅く、岩が点在して、潮が弛むポイントである。水深は10m前後のため、コンペ84プロトにエギエスツー3.5DDのオレンジシルバーをセット。ショアラインに向けてキャストして底を取り、3回ジャークしてカーブフォールで狙うと、数キャスト目のフォールでツンッと分かりやすいアタリが出た。狙い通りのヒットで浮いたのは1.5kgのアオリイカである。このパターンで連発かと頑張ったが、後が続かず小移動。次は高橋さんが3.5DDオレンジゴールドで乗せたが、500gの丸い奴であった。その後も船長はポイントを移動してデカイカ狙いをさせて貰ったのだが、残念ながら種子島サイズのデカアオリの顔を見る事は出来ずに終了時間となってしまった。

エギング釣行記

私にヒットした1.5kgのアオリイカ

エギング釣行記

3.5DDオレンジシルバーに乗った

エギング釣行記

生簀の中にはアオリイカと丸い奴

下船して今日の報告にラッキーへ行き、狙いのサイズが獲れなかった事、夕食の店と待ち合わせ時間を決めてホテルへ戻った。シャワーを浴びてスッキリしてから、篠田さんとの待ち合わせの店へ行く。
先ずは生ビール、刺身はハタとイカ、定番のキビナゴの一夜干し焼きとモハミの唐揚げ、他にもいろいろと食べたて焼酎も飲んだと思うのだが・・・〆はアサリの味噌汁でした。

エギング釣行記

刺身はハタとイカ、キビナゴの一夜干し焼き

エギング釣行記

モハミの唐揚げ

エギング釣行記

アサリの味噌汁

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ