HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2011年6月15日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2011年6月15日

長崎県対馬での遊び釣行4日間!!(1日目)

長崎県の対馬で6月15日(水)~6月18日(土)まで、撮影と取材が終わった後は休みを取って、そのまま続いて対馬で釣友の高橋さんと遊んで来た。14日(火)の夕方に(株)内外出版社の取材スタッフを空港まで送って解散。そのまま宿へ戻って汗を流してから一人で夕食。刺身がイシダイとサザエ、煮物はアナゴとアワビ、イカの酢味噌和え、アジの南蛮漬け、イカゲソの天ぷらでビールを飲んで、〆は対州そばを頂きました。

エギング釣行記

刺身がイシダイとサザエ、煮物はアナゴとアワビ、イカの酢味噌和え、アジの南蛮漬け

15日は朝食を食べてからのんびりと出動。対馬空港へ高橋さんを迎えに行くまでの時間で、チョット寄り道をしてシャクッてみた。護岸されたポイントで透明度が高く、雰囲気は悪くない。タックルはロッドを入れ替えてコンペ82改Kガイド仕様、リールはイグジスト2506、ラインはエギングスーパーPEII210の0.5号に、リーダーは1.75号エギエスツーの3.5Nピンク/イエローシルバーのアワビ付をセットした。数キャスト広範囲にチェックしたが、反応が無いため移動しようとして、ふと水面を見ると泳いでいるではないか。すかさずキャストして水面直下でダートさせて近付けて、フォールさせると迷わず抱いたのは400gである。それからは漁港外側にあるアマモ帯を探るが、追い掛けて来るのは小さいのばかりで無視をして移動。そのまま対馬空港へ向かう。

エギング釣行記

ピンク/イエローシルバーのサイトで400g

対馬空港で定刻通り到着した高橋さんと向かう先はスーパー。昼飯の弁当と飲み物を補充して、そのまま弁当を食べてから出発。最初のポイントは防波堤で、私はシャロー側、高橋さんはディープ側へ入る。朝からキャストしている3.5Nピンク/イエローシルバーのアワビ付でチェックするが、追い掛けて来るのは小さいのばかりなので、私も少し水深がある高橋さんの横へ移動する。沖へキャストしてボトム近くまで沈めてからダートを4回入れてからカーブフォールのセットでチェックすると、沖で乗って来たのは500g。すると次は高橋さんがピンク/イエローマーブル500g、続いて次のキャストでも400gと連発させた。

エギング釣行記

ピンク/イエローシルバーで500g

エギング釣行記

高橋さんはピンク/イエローマーブルで500g

エギング釣行記

次のキャストでも400gと連発

潮の流れが変わったので移動、次のポイントは漁港だが水色が悪く反応が無いのですぐに移動、次は地磯へ行く。ここではエギエスツー3.5Nピンク/イエローマーブルのアワビ付に交換して、ショートキャストで海藻のアウトサイドエッジを狙い、それから沖を広範囲にチェックして行く。この攻め方がピッタリとハマったのか、すぐに600g、続いて300g400gと連発した。

エギング釣行記

ピンク/イエローマーブルで600g

エギング釣行記

続いて300g、400gが連発

そして沖から手前までを丁寧にチェックしていると、フォール中のラインが引き込まれるアタリが出た。ロッドを立てて荷重を確認してから合わせを入れると、気持ち良くロッドが絞り込まれて1.2kgがヒット。次のキャストでも同じようなアタリで1.4kgとキロアップが連発した。今回はエギの背中に様々なカラーのアワビシールを張って使用したが、この効果があったのだろうか。

エギング釣行記

ピンク/イエローゴールドで1.2kg

エギング釣行記

次のキャストで1.4kgが連発ヒット

エギング釣行記

背中にアワビシールを張って使用した

そして高橋さんも同じカラーのピンク/イエローゴールドでヒットしたのは600gで、ちょっとホッとした感じ。そして次は少し気になる沈み磯のエッジへピンク/イエローシルバーのアワビ付をキャスト、少しフォールさせてから3回ダートさせてからのフォールでもたれるアタリ。合わせを入れるとまたしてもキロアップの引きである。しかし少し様子がおかしい、浮かせると案の定後ろからデカイ奴が追い掛けて来ている。離れたポイントに居た高橋さんを大声で呼んでサイトで狙ってもらうが、すぐには抱かず離れて沈んでしまった。私にヒットしたアオリイカを取り込むと1.3kgで、これでキロアップの3連発となり、満足のドヤ顔(^o^)。

エギング釣行記

高橋さんは600gをヒット

エギング釣行記

ピンク/シルバーで1.3kg(ドヤ顔)

しかし沈んでしまったものの、近くに居そうなので高橋さんがキャストを続けていると、大きく合わせを入れてロッドが曲がると同時に、気持ちの良いドラグ音と共にラインが引き出されている。慎重に浮かせるとさっきの奴らしくデカイ、1.85kgと納得のサイズである。

エギング釣行記

高橋さんが今回最大の1.85kgをゲット

エギング釣行記

最大はピンク/イエローゴールドにヒットした

しかし高橋さんは今年も私と一緒に沖縄本島、種子島と行っているが、2kgの壁を越さないと残念そうである。これは誰のせいだろうか・・・
その後は私がピンク/イエローシルバーで400gをヒットさせただけでこのポイントを終了、宿への途中のポイントでキャストするが、反応が無く食事時間を考えてこれで今日の釣りを終了した。

エギング釣行記

ピンク/イエローシルバーで400g

今日のメニューは、刺身がサバとヒラス、酢味噌和え、キビナゴの一夜干し、とんちゃん(焼肉用味付け豚肉)とモツの鍋で、追加は牛さん、〆はちゃんぽん麺で、ビールを頂きました。この「とんちゃん」は焼肉用味付け豚肉だが、平成22年に福岡で開催された「第2回九州ご当地グルメコンテスト」で初出場、初優勝の快挙を成し遂げているソウルフード。

エギング釣行記

夕食のメニューは刺身がサバとヒラス、酢味噌和え、キビナゴの一夜干し

エギング釣行記

とんちゃんとモツの鍋で、追加は牛さん、〆はちゃんぽん麺

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ