HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2011年6月18日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2011年6月18日

長崎県対馬での遊び釣行4日間!!(4日目)

最終日の18日は早起きコースで、地磯と漁港に行ったがアタリも無く早朝練習は終了。宿へ戻って朝食の目玉焼きとソーセージ、焼き魚とアスパラのベーコン巻、煮豆、明太子とじゃこの佃煮、味噌汁とごはんを食べて出発。ではなく高橋さんが宿の前で300gを上げてから出発した。

エギング釣行記

朝食は目玉焼きとソーセージ、焼き魚とアスパラのベーコン巻、煮豆、明太子とじゃこの佃煮、味噌汁とごはん

向かった先は昨日の朝のポイントで、私がシャローエリアで3.5Nオレンジマーブルのアワビ付で300g、次はディープエリアで500g、続けて400gとヒットさせると、高橋さんがピンク/イエローゴールド400gを乗せ、次に私が400gを乗せた。そしてシャローを改めてチェック、カラーチェンジして3.5Nピンクマーブルをキャスト、ボトムから小さく3回ダートさせてからのフォールでボトム寸前に小さなアタリ?ロッドで聞いて見ると荷重が掛かったので合わせを入れると、予想以上の引きである。寄せて抜こうとしたが少し重いので、高橋さんにギャフを打って貰ったのは1.1kgのアオリイカだった。そして高橋さんも400gを乗せてこのポイントは終了。

エギング釣行記

私はオレンジマーブルで500g

エギング釣行記

高橋さんは400g

エギング釣行記

次は私が400g

エギング釣行記

その次も私が1.1kg

エギング釣行記

ピンクマーブルに乗って来た

次のポイントでは子イカの反応ばかりで、本命サイズが来ないためもう一度朝のポイントへ戻り、高橋さんが400gを例のカラーでヒットさせて今回の釣りを終了した。

エギング釣行記

今回使用したタックル

今回は都合9日間という長期間対馬で過ごしたが、日々天候が変わるようにヒットパターンも変化する。しかし短期間でピッタリフィットさせる事は難しいが、これだけの日数があればフィットさせられると思っていたのだが、結果的には2kgを超えるサイズは獲れず、パターンを見切る事が出来なかった。チョットしたタイミングのズレがあれば、それで獲り損ねてしまう事を再認識した釣行であった。

エギング釣行記

ツシマヤマネコ注意の道路標識

エギング釣行記

これは注意というより、車を持ち上げて無い?

エギング釣行記

ゴリラ岩

エギング釣行記

鳶が海で泳いでる?

エギング釣行記

この鳶は水辺で何してるの?

エギング釣行記

こんな風に車が通るすぐ近くでもジッとしている事がある

エギング釣行記

これはもしかしてトラフグ?

エギング釣行記

小さいアオリイカがエギを追い掛ける

エギング釣行記

エギをロックオン

エギング釣行記

エギを抱いているが横抱き

エギング釣行記

横抱きのまま沖へ

エギング釣行記

マウスリンのサイトでアラカブがヒット

【今回の使用タックル】

■その 1
ロッド : コータック コンペティションエギ82改 KL+KTガイド仕様
リール : ダイワ イグジスト2506
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEII210 0.5号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー1.75号 2m
エギ : ユニチカ エギエスツー3.5S、3.5N、3.5D
※エギはスナップをブリンソンノットで接続
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
リールはハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換

■その 2
ロッド : コータック コンペティションエギ78
リール : ダイワ イグジスト2506
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEllWH 0.5号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー1.75号 2m
エギ : ユニチカ エギエスツー3.5S、3.5N、3.5D
※エギはスナップをブリンソンノットで接続
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
リールはハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ