HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2011年9月30日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2011年9月30日

島根県での釣行!!(1日目)

10月1日に「重見、杉原、弓削と遊ぼう!in中出渡船」と言うタイトルのエギング&ルアー大会が、島根県出雲市の中出渡船で開催された。6月に行われたイベントの続編と言えるイベントで、今回も私は重見さんと共に前日の9月30日に現地へ向かった。
神戸で重見さんと合流して高速を走り出雲市に着いたのが11時頃で、弓削さんとルアーニュースのスタッフとかめや釣具出雲店で待ち合わせて、今回のイベントでスタッフとしても手伝いをして頂いている田中さんに状況を聞き、店内で記念写真を撮り、昼食を食べに行く。出雲そばが有名なので、向かった先はもちろんそば屋。わんこそばの様に小分けした3段重ねが一人前で、美味しいので全員追加を2段食べて店を出た。

エギング釣行記

昼食は出雲そば

食後は出雲市の中出渡船へ行き、浅井さんも合流してルアーニュースの取材のため沖磯へ渡る。荒れ気味で渡礁出来る磯が限定されたが、何とか穏やかな磯へ渡り取材開始。
今日のタックルは、コンペ82改Kガイド仕様、リールはイグジスト2506、ラインはエギングスーパーPEII210の0.5号に、リーダーは1.75号エギエスツーの3.5Nオレンジ/イエローゴールドのアワビ付をセットした。少し濁り気味でうねりによる波があるため、ワンドの奥の方へ行ってショートキャスト。底を取って3回ダートさせてカーブフォール、次は水面まで連続ダートさせるが反応無し。次は斜めにキャストして、底からダート~カーブフォールで狙うが反応無し、しかし海藻が引っ掛かって来た。次は同じ角度にキャストして、ボトムから50cm位までフォールした水深から4回ゆっくり目のダートをさせて、そのまま水平ドリフトからカーブフォールさせるとコツッとアタリ。狙い通り海藻の上を通してヒットして来た。

エギング釣行記

3キャスト目にヒット

重見さんは私の立ち位置より更にワンドの奥へ行き、すぐにヒットさせた。続いて弓削さんも私の横でヒット、しかしサイズは・・・。1人で連発はしないがポツポツとヒットして、3人での連発の写真も撮れた。

エギング釣行記

重見さんもヒット

エギング釣行記

弓削さんにもヒット・・・

エギング釣行記

3人で連発

ワームで根魚を狙っていた浅井さんがロッドを曲げて、グッドサイズのアカミズ(アコウ)をヒットさせた。これに刺激されたのか、エギを外してワームをセットした重見さんが視界から消えて沖側のサラシのあるポイントの方へ・・・帰って来た時には両手にヒラスズキ・・・とは言えないヒラセイゴをぶら下げている。何度もバイトがあったそうで、私も狙いに行ったのだが反応はしたもののヒットには至らなかった。
次に沖側へ行ったのは弓削さんで、帰って来た時にはこれまたグッドサイズのイサキをぶら下げている。ジグにヒットしたそうである。
別の磯へ移動して4人で小型ながらアオリイカを連発させて、本日の取材釣行は無事に終了した。

エギング釣行記

浅井さんはアカミズ(アコウ)をワームで

エギング釣行記

重見さんはヒラセイゴをヒットさせた

エギング釣行記

弓削さんはジグでイサキをヒットさせた

エギング釣行記

次の磯ではこのサイズが連発

この日の様子は週刊ルアーニュース関西版10月21日号、週刊ルアーニュース東海版10月24日号に掲載されています。更にWEBサイト Lure News.TV にもアップされています。

無事に取材が終了して港へ戻り、ルアーニュースのスタッフと別れて我々は中出渡船が営む宿のことぶき荘へ移動。暫くしてカンジインターナショナルの小濱さん、テスターの上畠さん、かめや釣具出雲店の田中さんや他にも手伝いのスタッフ達が到着した。打ち合わせを兼ねての夕食は、舟盛りでデカイアジの活造り、鯛、イカ、サザエ、それとサザエの壺焼き、焼き魚、煮魚、ボッカ(ガシラ)の唐揚げ、酢の物、そば、等々と生ビール、続いて焼酎も頂きました。

エギング釣行記

舟盛りはデカイアジの活造り、マダイ、イカ、サザエ

エギング釣行記

サザエの壺焼き、焼き魚、煮魚、ボッカの唐揚げ、酢の物、そば、ビール

エギング釣行記

豪華な夕食

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ