HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2011年10月1日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2011年10月1日

島根県での釣行!!(2日目)

10月1日(土)は早朝5時30分から受付開始であるが、夜中から天候が急変して嵐の様な天気になり、5時前からスタッフでミーティングをして船長と相談の結果、エリアは限定されるが安全優先で実施することにした。
早くから集まった参加者は46名で内女性は8名、開会式は6時から行い、それから渡船順を決めて~渡船開始~大会開始。参加者は渡船順に分乗して沖磯や沖波止へ渡ったが、うねりが残っているため本命ポイントへ渡礁出来なかったのが残念である。

エギング釣行記

渡船場に集まった参加者

エギング釣行記

順番に渡船開始

エギング釣行記

全員を見送ってから我々スタッフは、本部へ戻り打ち合わせをして8時から重見さん、弓削さんと共に沖波止や比較的広い磯へ渡り、実釣、そして参加者と現場でのQ&Aである。しかし本命ポイントでは無い事と、前日から荒れているための濁りも少しあるため反応が悪い。最初は沖波止へ渡るが、渡ってすぐに参加者の女性が磯ベラをワームでヒットさせたり、ボッカをヒットさせたりとアオリイカではなく、魚の方が釣れている。

エギング釣行記

大物を狙って頑張る参加者

エギング釣行記

エギング釣行記

エギング釣行記

エギング釣行記

ワームでボッカがヒット

エギング釣行記

ワームで磯ベラがヒット

そして次の磯へ移動して同様に実釣とQ&A。ここでも潮が動いていないが、何人かがアオリイカをヒットさせていた。実際に渡ってた時にも参加者の女性がアオリイカをヒットさせている。
更に別の港近くの磯へ渡ると、参加者の女性がエギでマハタをヒットさせたので、私もまうすりんをセットしてボッカをヒットさせると、重見さんも同サイズのボッカをヒットさせる。そして参加者より先に港へ戻り、昼食の弁当を食べてからは検量と表彰式の準備である。

エギング釣行記

アオリイカをヒットさせた参加者

エギング釣行記

重見さんが参加者にレクチャー

エギング釣行記

エギでマハタをヒットさせた参加者

エギング釣行記

私はまうすりんでボッカ

エギング釣行記

重見さんにもボッカがヒット

14時の競技終了で参加者全員が沖から戻り検量開始。大会の本命はアオリイカであるが、対象はアオリイカだけではなく、ボッカ、アカミズ、アナハゼ、カワハギなどの部も弓削さんの独断?で設けられている。とにかく楽しんで盛り上がって貰おうと言うイベントなのだ。
検量に持ち込まれたアオリイカは、荒れた状況から予想された通り余り多くは無いが、魚はアカミズ、イシダイ、カワハギ、ボッカ、アナハゼ、マハタ、キハタ、等々と多彩である。

エギング釣行記

アカミズをヒットさせた参加者

エギング釣行記

イシダイをヒットさせた参加者

エギング釣行記

アカミズをヒットさせた参加者

エギング釣行記

アカミズをヒットさせた参加者

エギング釣行記

カワハギをヒットさせた参加者

エギング釣行記

キハタをヒットさせた参加者

エギング釣行記

ボッカをヒットさせた怪しい参加者達

検量を締切り、今回ご協力を頂いた中出渡船のご主人と若主人から一言頂戴した。
集計をしている間に弓削さん、重見さんと私の3人でセミナーと言うかトークショーを行う。昨日の午後と今日の午前中の状況を3人から説明をして、今後の展開予想、Q&Aを終えて、いよいよ結果発表である。
最初にアオリイカの部の優勝者から続いて、準優勝者、3位、レディースの部の優勝者、アカミズの部の優勝者、アナハゼの部の優勝者、ボッカの部とカワハギの部と2部門の優勝者が発表された。そして中出渡船賞はご主人に代わって重見さんとのジャンケンで決まり、クライマックスは重見さん、弓削さんとのジャンケン大会で協賛のロッドを勝ち取った2人には羨望の眼差しが注がれ、最後に今回の参加者全員で記念撮影をして無事終了した。

エギング釣行記

中出渡船のご主人と若主人

エギング釣行記

弓削さん、重見さんと私でセミナー、Q&A

エギング釣行記

エギング釣行記

アオリイカの部の優勝者

エギング釣行記

アオリイカの部の準優勝者

エギング釣行記

アオリイカの部の3位

エギング釣行記

レディースの部の優勝者

エギング釣行記

アカミズの部の優勝者

エギング釣行記

アナハゼの部の優勝者

エギング釣行記

ボッカの部とカワハギの部の優勝者

エギング釣行記

中出渡船賞

エギング釣行記

重見さん、弓削さんとジャンケン大会

エギング釣行記

賞品のロッドを勝ち取った2人

エギング釣行記

今回の参加者

そして大会は終了して解散したのだが、前回同様日帰りコースが終了しただけで、お泊りコースの参加者はことぶき荘へ移動して汗を流して食事と言う名の宴会が待っているのである。我々も宿へて移動してお風呂に入る順番待ちをしている間に、先ずは缶ビールをゴクリ、空き缶が増えてくる。次は焼酎も日本酒も味見して宴会の前にプレ宴会に突入している。
お風呂に入って予定の時間に大広間へ行くと、料理が運ばれて来ている。そして何とテーブルには舟盛りが6つもある。アカミズ、ハマチ、クロムツ、サザエ、アオリイカ、マダイ、キンメ、コロダイ、イカと豪華である。お膳はウチワエビの鍋、エビとフグ?の唐揚げ、アナゴの煮物、サバのきずし、イカの酢の物、サザエの刺身、サザエの壺焼き、鯛入りのそばが並んでご機嫌の夕食である。
総勢35名程の釣り好きが集まっているだけあって、美味しい魚に詳しい者が多いので、舟盛りは瞬殺で無くなってしまった。私も少し頂いたが、当然美味しいのである。缶ビールを少し空けてからは焼酎を頂き、2次会スタートである。
食べる人、飲む人、喋る人、様々な人が居て楽しい時間はアッと言う間に過ぎて、明日はボートでアカミズ狙いに出る予定なので、余り飲み過ぎて寝不足だと船酔いが怖いので、程々で切り上げて部屋へ戻った。

エギング釣行記

プレ宴会のテーブルに並んだ一升瓶

エギング釣行記

舟盛りはアカミズ、ハマチ、クロムツ、サザエ、アオリイカ

エギング釣行記

こっちはマダイ、キンメ、コロダイ

エギング釣行記

お膳はウチワエビの鍋、エビとフグ?の唐揚げ、アナゴの煮物、サバのきずし、イカの酢の物、サザエの刺身、サザエの壺焼き、鯛入りのそば

エギング釣行記

総勢35名程で宴会

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ