HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2011年10月2日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2011年10月2日

島根県での釣行!!(3日目)

10月2日(日)は同じ出雲市の幕島渡船へ重見さんと移動、先に移動していた沖磯組の弓削さん達や他のヒラマサやグレ狙いの渡船利用者が何やら不自然。どうやら沖は荒れているため、ヒラマサ狙いの沖磯への渡船は不可能と親父さんが判断したようだ。弓削さん達が渡る予定の磯は大丈夫な様で、昨日の参加者達と出発した。
私は前回と同じく重見さん、清水さんと弓削さんに代わって浅井さんと一緒に若船長の船で根魚狙いに出船である。重見さんはメジロ狙いのトップウォーターゲームかジギングをしたかった様だが、沖は荒れているため船長が下した判断に従って、持ち込むタックルは2セットだけ。タイラバ用はロッドがカンジインターナショナルのカトラスマスター58、リールはアルファスRエディション103、ラインはキャスラインエギングスーパーPEII210の0.8号、リーダーはアイガーIIIスーパーの4号を1.5m、タイラバはダミキジャパンのビッグマウスの30g~60g、他を用意した。そして昨日も使っていたコンペ82改とイグジストのエギングタックルを積み込んだ。

エギング釣行記

若船長の船で出船

重見さんと私はビッグマウス、浅井さんはインチク、清水さんはタイラバを最初にセットした。私はビッグマウスの50gを落として、水深30m程のボトムについてハンドルを1回転した時にアタリ、何と初使用の1投目のハンドル1回転でヒットである。上がって来たのはアカミズの30cm弱であるが、気分の良いものである。このロッドは「持っている」のか?
続いてすぐに浅井さんのインチクにもアカミズがヒット、重見さんのビッグマウスにもアカミズがヒットと連発するがどれも同じサイズ。そして次は清水さんと私にアカミズのダブルヒット

エギング釣行記

1投目にヒットしたアカミズ

エギング釣行記

浅井さんにもアカミズがヒット

エギング釣行記

重見さんにもアカミズがヒット

エギング釣行記

清水さんと私にアカミズのダブルヒット

今回初登場のロッドは本来タチウオのジギング用らしいのだが、グリップジョイントで仕舞寸法が丁度良いので今回入手したが、使いやすくスタートからヒットする調子が良いロッドとなってくれた。
ビッグマウスも良い仕事をしていて、水深でサイズは40~60gを使い分けているが、今回はタイラバよりヒット率は高いのである。次にヒットして来たのはまずまずサイズのアカミズ、タイラバを使っている清水さんにヒットしたのもアカミズ。次にグリーンにカラーチェンジをしてヒットして来たのもまずまずサイズのアカミズ。続いて清水さんにもまずまずサイズのアカミズがヒットした。ここまでヒットしたのは殆どアカミズで、他の魚はボッカが僅かヒットしただけである。

エギング釣行記

まずまずサイズのアカミズ

エギング釣行記

エギング釣行記

清水さんはタイラバでアカミズ

エギング釣行記

グリーン系でもアカミズ

エギング釣行記

清水さんもまずまずサイズのアカミズ

ここで弁当のおにぎりが届いて朝飯タイムである。握りたてのおにぎりは暖かく、冷める前に食べたいのである。磯の近くに動くと弓削さん達が渡礁している磯であった。後で聞くとアオリイカは余り釣れなかったが、アカミズは結構釣れたそうである。今年は船長に聞いても異常な位アカミズが多い年らしい。

エギング釣行記

弓削さん達が沖磯に見える

潮が変わったのか反応が無くなったので移動、次にロッドを曲げたのは重見さんでビッグマウスでマハタをヒットさせた。続いて清水さんのロッドが大きく曲がったが、上がって来たのはホウボウである。
次に浅場でヒラメを狙うが反応は無く、アオリイカも狙ったが小型が追い掛けて来たのを遊び過ぎて乗せ損ねた。重見さんが私のエギエスツーを使って連発させたが、写真を撮り損ねてしまった。
その後もポイントを回るが反応が鈍いので、11時頃に午前の部を終了して一旦船着き場へ戻ったが、大半をアカミズが占めたがサイズは大型が出ていないので、午後の部で頑張りたいところである。

エギング釣行記

重見さんはキハタをヒットさせた

エギング釣行記

清水さんはホウボウをヒットさせた

エギング釣行記

11時までの釣果と私のタックル

昼ご飯を食べて休憩してから2時前に出船、メンバーは清水さんが降りて小早川さんが乗り込んだ。
最初にロッドを曲げたのは浅井さんでインチクでのヒットはマハタである。続いて小早川さんのファーストヒットはやっぱりアカミズである。重見さんがピンクのビッグマウスでアカミズをヒットさせて、次は小早川さんがグッドサイズのアカミズをヒットさせた。小早川さんはタイラバを使っている。その次に重見さんもグッドサイズのアカミズをヒットさせた。
私にはアタリはあるもののフッキングしないので、エギングタックルでラインもリーダーもそのままで超まうすりんの21gをキャストした。重見さんもエギングタックルを手にして超まうすりんをセットしている。考える事は同じである。そして答えが出るのも同じで、キャストして底を取り、ロッドティップを上げてボトムから少し浮かせてからフォールを繰り返すと、ゴゴンと分かりやすいアタリが出てアカミズがヒット。重見さんのロッドも曲がってダブルヒットである。
狙い通りのヒットであったが後が続かず、本日のボート釣りはこれにて終了。早目の帰港とした。

エギング釣行記

浅井さんにマハタがヒットした

エギング釣行記

小早川さんにアカミズがヒット

エギング釣行記

重見さんにもアカミズ

エギング釣行記

小早川さんにグッドサイズのアカミズ

エギング釣行記

重見さんにもグッドサイズのアカミズ

エギング釣行記

重見さんと私はエギングロッドもアカミズ

港へ戻ってタックルを一旦車に片付けて、食堂で先ずは一杯のビールが全員で結構な数が釣れているため美味しい。
そして釣れたアカミズが弓削さんのリクエストで唐揚げになって出て来た。贅沢なつまみであるが、これは当然旨いに決まっている。
そして夕食はカレイの唐揚げ、車エビのみそ焼き、貝、フライは忘れた(^_^;)、そしてアカミズの煮付け、イカの沖漬けを美味しく頂きました。

エギング釣行記

つまみはアカミズの唐揚げ

エギング釣行記

夕食はカレイの唐揚げ、車エビのみそ焼き、貝、フライは忘れた

エギング釣行記

アカミズの煮付け

エギング釣行記

イカの沖漬け

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ