HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2011年11月11日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2011年11月11日

ユニチカラインカタログ撮影&香川県、島根県での釣行!!
(1日目)

11月11日(金)にユニチカラインカタログの撮影で重見さん、弓削さん、平松さんと私の4人が淡路島に集合した。雨がパラパラと降る生憎の天気であったが、午後には雨も上がって僅かに残っていた必要なカットが撮れて、夕方には無事終了した。
その足で弓削さんと平松さんがデカアジを狙いに行くと言うので、重見さんと私も時間があるので一緒に行く事にした。向かった先は洲本市の淡路島観光ホテルで、日本一のフィッシングホテルと言うだけに裏手(海側)に専用釣り場があり、そこで30cmオーバーが釣れているそうなのだ。ホテルの社長と親しい共通の友人からのネタらしい。広いロビーで待っていると社長がわざわざ来て下さり、釣場の事やホテルの事を説明して頂いた。社長のブログでは釣りバカ社長として釣果情報も流している。そして奥様の若女将もブログで情報を提供していて、ご夫婦で釣りに非常に理解のあるホテル経営者である。専用釣り場での釣りを楽しみに遠方から来る常連さんが居るそうだ。

エギング釣行記

社長、若女将とエギング四天王

エギング釣行記

若女将とメチャエエ顔の重見さん

遅れていた友人が到着して、全員でタックルを手に専用釣り場へ行って見た。護岸された外側の一部にテトラが入り、開けたコーナーには外灯があり先客が釣りをしている。釣果を見せて頂くと、30cmオーバーのアジがルアーで釣れているではないか。弓削さんと平松さんは早速タックルをセットしてアジングを開始。重見さんはエギング、私は暫く様子を見ていたが、エギングロッドを数キャスト振って見たが、反応が無いのですぐに休憩モード突入。今はアジ、タチウオが本命でアオリイカも狙えるそうだ。残念ながら僅かの時間ではヒットシーンを見る事が出来なかったが、夜中に連発ヒットがあったそうだ。

エギング釣行記

専用釣り場はフロントロビーから階下へ

エギング釣行記

ヤル気満々の弓削さん達

エギング釣行記

淡路島観光ホテル

エギング釣行記

釣りを続ける弓削さんと平松さんを残して、重見さんと私は四国の香川へ向かう。1時間程のドライブで到着したのは、お好み焼きペペ。マスターとか代表とかではなく、変わったおっさんというかオヤジという雰囲気か。
先ずは生ビール、そして具沢山の焼きそばを焼いてもらい、食べながら生はおかわりを連発。そこへ常連さんが差し入れを持って来てくれたのは、なんと大量の松茸\(^o^)/ 鉄板で焼いて美味しく頂きました。ビールばかりではヤバイ人が居るので、ペペにお土産として持参した泡盛をみんなで飲みだしたが、アッと言う間に飲んでしまった。次は重見さんが持って来たマッコリであるが、これも瞬殺で無くなってしまう。誰が大量に飲んでいるのだろうか?
そして営業時間をとっくに過ぎて一緒に飲んでいるオヤジにお好み焼きをオーダー、こちらも美味しく頂きました。そして深夜まで飲んだくれの時間は続きました・・・

エギング釣行記

生ビールと焼きそば

エギング釣行記

差し入れの松茸

エギング釣行記

松茸は鉄板で焼いて頂きました

エギング釣行記

お好み焼きも頂きました

エギング釣行記

常連さんと重見さん、ペペのオヤジ

エギング釣行記

お好み焼きペペ

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ