HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2012年5月1日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2012年5月1日

GW遠征!対馬でのショアエギング!(1日目)

近年GWはマイカーで対馬へ遠征しているが、今年も釣友の久保山さんと5月1日(火)~4日(金)までの3泊4日でショアエギングに行って来た。
途中で寄り道をしてプロトのナイロンラインを使ってバスと遊んでから、本命の対馬入りと言うルートである。
最初は寄り道のバスであるが、野池が点在するエリアで4~5時間遊んだ。私は2年振り、久保山さんはどれだけ振りが分からない程であるが、最初の池は水が濁って何の反応も無いためすぐに移動、次の池で車を停めて二手に分かれてキャスト開始。私のタックルはロッドがテイルウォークのゲキハKR C632Mに、リールはダイワのDAIWA T3 1016SH、ラインはプロトのナイロンライン20lb、ルアーはいろいろと用意したが、プラグは通し難いのでスピナーベイトをセットした。久保山さんのタックルは、ロッドがテイルウォークのデルソルC632ML、リールはダイワのアルファスRエディション103、ラインはプロトのナイロンライン16lb、ルアーは同じくスピナーベイトである。
スタートしてすぐに久保山さんにヒット、急いで近付くと抜き上げたバスを手にニッコリしている。行き成りの40cmオーバーで、足元のブッシュ横でヒットしたらしい。
元のポイントへ戻ってキャストを再開、ショアライン沿い、少し沖目と角度を変えながらチェックして進んでいると、対岸の久保山さんに又してもヒット。急いで行こうとするとバラシとの事。最初の池はこんな感じで、久保山さんに2ヒット、1フィッシュで移動。

エギング釣行記

用意したルアー達

エギング釣行記

久保山さんにヒットした40cmオーバーのバス

次の池は比較的新しい様で、デカイ奴は居ないかも知れない。気分を変えてルアーをバズベイトに交換、ショアライン沿いにキャストすると行き成りボシュと出たが乗らず。少し角度を変えてキャストするとボシュと出て小バスがヒットした。
そして次の池では小バスが連発して遊んでくれた。先ずはスピナーベイトでショアライン沿いにキャストしてヒットが連発、クランクベイトに交換してもヒット、久保山さんのスピナーベイトでもヒットと2人で連発するが、サイズは金太郎飴でどれも30cm前後なので移動。

エギング釣行記

バズベイトでヒット

エギング釣行記

スピナーベイトでヒット

エギング釣行記

スピナーベイトで連発

エギング釣行記

クランクベイトでもヒット

次の池では足元の流れ出しでキャストを開始、久保山さんが足元へスピナーベイトをフォールさせると行き成りヒットしたのは40cm足らずのバス。私はショアラインをチェックするがノーヒットで移動。

エギング釣行記

久保山さんのスピナーベイトにもヒット

次の池ではバズベイトでショアラインをチェックすると、グッドサイズが出たのだが乗らなかったため、フォローでノーシンカーのファットイカを出た辺りへキャスト、ボトムまでフォールさせてからゆっくりとリフト&フォールでコンッとアタリ。ロッドで聞いてからフッキング、綺麗にゲキハが曲がり40cmアップのバスをゲット。
ここで時間切れとなりフェリーで本命の対馬へ向かう事にした。

エギング釣行記

ファットイカで40cmオーバー

エギング釣行記

狙い通りヒットしたバス

定刻通りフェリーは対馬の厳原港へ到着、しかし最初のポイントへ着く途中で雨が降り出し、軽くチェックしただけで宿での美味しい地魚料理を頂いて初日は終了した。

エギング釣行記

初日の夕食は刺身、握り寿司、剣先イカの煮付け、酢の物

エギング釣行記

自家製さつま揚げ、クロ(グレ)鍋、焼酎はやまねこ

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ