HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2012年5月2日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2012年5月2日

GW遠征!対馬でのショアエギング!(2日目)

2日目の5月2日(水)は早朝より狙いの漁港へ行くが、先客がお目当てのポイントに入っていた。そして足元には2kgオーバーを頭に数杯のアオリイカが・・。出遅れを取り戻すべくタックルをセットする。ロッドはプロトの82bにニューイグジスト、ラインはキャスラインエギングスーパーPEⅡWH210の0.5号にリーダーは1.75号で、エギエスツー3.5Nピンクシルバーからスタート。
しかし地合いが終わったのか、地元の釣友である川崎さんに1.2kgがヒットしただけで反応が無い。
次に地磯をチェックするが川崎さんにヒットはしたが、我々には反応が無くポイント移動。

エギング釣行記

川崎さんにヒットした1.2kg

エギング釣行記

地磯でも川崎さんにヒット

次に入ったのも地磯で、小雨が降り続いているためエギエスツーの3.5Nオレンジ/イエローシルバーに交換。ファーストキャストは15m程のショートキャストで、1mフォールさせてから左右に3回ダートさせてカーブフォール。もたれる様なアタリを感じてロッドティップで聞くと、大型独特の過重がありフッキング。しかしドラグを鳴らすが余り走らず横抱きっぽいので、ロッドティップを水面近くまで下げてリーリングのみで寄せる。姿が見えるとやはり横抱きをして確実にカンナに掛かっていないが、やり取りの最中に確実にフッキングさせてから取り込んだのは2kgジャストのアオリイカである。

エギング釣行記

狙い通りの2kgのアオリイカ

エギング釣行記

オレンジ/イエローシルバーにヒット

中層でのヒットパターンを伝えた久保山さんのファーストキャスト、距離は沖目で遠いが何と同じパターンで狙い通りヒットしてロッドが絞り込まれた。これも横抱きで慎重にやり取りして取り込んだのは、彼の自己記録を更新する2.4kgである。

エギング釣行記

久保山さんのスピナーベイトにもヒット

これは連発音頭かと気合を入れてキャストを続けたが、2人共後が続かずにタイムアップで昼飯休憩にして、私はチャンポン、久保山さんはラーメンセットを頂きました。

エギング釣行記

昼飯はチャンポン

昼食後は別の漁港へ移動したが、ここでは泳いでいるアオリイカを見つけたのでサイトで狙った。エギエスツー3.5Nオレンジ/イエローマーブルをキャスト、見えイカにアプローチするが反応が悪くエギの方を向いてくれない。しかし沖の方から別のイカが近付き、そのままエギを抱いてヒット。軽く合わせて墨を吐かせないようにしていると、先程まで反応しなかったイカのスイッチが入ったのか、エギに向かって移動して来た。そのままアタックをしてわずかに残ったカンナにフッキングしてダブルヒットを達成。取り込んだのは800gと1kgであった。

エギング釣行記

サイトで800gと1kgダブルヒット達成

エギング釣行記

エギエスツー3.5Nオレンジ/イエローマーブルでヒット

周辺を探ってみたが反応が無いため、本日の釣りは終了して宿へ戻った。
風呂に入ってから夕食であるが、今夜のメニューは刺身のカワハギは肝醤油で、サザエの壺焼きとヒオウギ貝、イカの肝和え、サラダなどを頂きました。
他にもいろいろと食べて満腹になりましたが、何を食べたのか、写真を撮る事も忘れてしまいました。

エギング釣行記

刺身のカワハギは肝醤油で、サザエの壺焼きとヒオウギ貝、イカの肝和え、サラダ

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ