HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2012年5月26日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2012年5月26日

春の対馬プライベート?釣行(4日目)

最終日は昨日の朝練ポイントへ行くが不発、朝食を食べて仕切り直しにする。

エギング釣行記

子イカがエギを狙って近付く

エギング釣行記

朝食はアジの開き、玉子焼き、おひたし、漬物、アサリの味噌汁

それではと今迄に行っていないポイントへ行って見た。ここでは布施さんが700g、続いて宇野さんが3.5Nオレンジシルバー1.1kg、高橋さんは300gを連発させた。

エギング釣行記

宇野さんにキロアップがヒットg

そして今回最後のポイントへ、気になるポイントがある宇野さんは1人で先に車を降りた。残った4人で防波堤へ行き、川崎さんに800g、布施さんに800gがヒットして、次に私のエギエスツー3.5Nピンク/イエローシルバー1.4kgがヒットして締めを飾った。

エギング釣行記

布施さんに800gが乗った

エギング釣行記

私にも1.4kgが乗った

エギング釣行記

今回はピンク/イエローシルバーが活躍

と思っていると、1人で別のポイントへ行った宇野さんがイカをぶら下げて歩いて来た。
これが締めとなる2.2kgのアオリイカで、3.5Nオレンジシルバーに乗ったそうで、一瞬だけ晴れ間が出たタイミングにサイトでヒットさせたそうである。

エギング釣行記

宇野さんに乗った2.2kg

実はみんなと合流する前から対馬へ来ていた私は、お先に2.2kgエギエスツー3.5Nピンク/イエローシルバーにアワビシールを貼ってヒットさせていたのである。ブラでチェックしていたポイントへ入る事で、効率良くヒットに結びついたと言う訳である。
それにしても今年の対馬は好調で、我々の釣果で満足してはダメなのである。3kgの連発や4kgオーバーも上がっているため、次のシーズンにも私は必ず来る事を決めて島を後にした。

【今回の使用タックル】

■その1 エギング用
ロッド : プロトロッド82a
リール : ダイワ ニューイグジスト2508PEH
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEⅡWH210 0.5号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー 1.75号 2m
エギ : ユニチカ エギエスツー3.5S、3.5N、3.5D
※エギはスナップをブリンソンノットで接続
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
リールはハンドルとスプールをスタジオオーシャンマーク製に交換

■その2 エギング用
ロッド : プロトロッド82b
リール : シマノ ヴァンキッシュ2500HGS
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEII210 0.5号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー1.75号 2m
エギ : ユニチカ エギエスツー3.5S、3.5N、3.5D
※エギはスナップをブリンソンノットで接続
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結

■その3 エギング用
ロッド : コータック コンペティションエギ82改 KL+KTガイド仕様
リール : ダイワ ニューイグジスト2508PEH
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEII210 0.5号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー 1.75号 2m
エギ : ユニチカ エギエスツー3.5S、3.5N、3.5D
※エギはスナップをブリンソンノットで接続
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
リールはハンドルとスプールをスタジオオーシャンマーク製に交換

<この釣行記の一部は 釣春秋 イカ人15号 2012年秋冬号 に掲載されました。>

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ