HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2012年7月13日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2012年7月13日

真夏のエギング遠征!対馬でのショアエギング!(2日目)

2日目は夜から降り続いた雨が上がらず、朝食を食べてからスタート。
天気予報が当たり、最初のポイントまでの移動中に雨が上がって来た。そしてポイントに到着した時には完全に雨が上がって、フィールドが迎えてくれた。
タックルはロッドがプロトの82eにニューイグジスト、ラインはキャスラインエギングスーパーPEIIWH2100.5号にリーダーは1.75号で、エギエスツー3.5Nオレンジ/イエローゴールドにアワビシール付である。
最初は浅いブレイクの沖へショートキャスト、1mフォールさせてから4回ダートさせて水平ドリフトからカーブフォールさせると、ツンッとラインにアタリが出て400gがヒット。
佐々木さんにパターンを伝えるとすぐに300gオレンジゴールドで乗せてダブルヒット
次は水深がある方向へキャストしてボトムからシャクリ上げ、カーブフォールでラインに又もツンッとアタリ。今度は800gのアオリイカである。
堀さんも同じパターンで3.5Nオレンジゴールド300gを乗せて、全員ヒットとなった。

エギング釣行記

佐々木さんと私にダブルヒット

エギング釣行記

オレンジ/イエローで800g

エギング釣行記

堀さんにもヒット

次のポイントでは、すぐに準備が出来た私は先に地磯のポイントへ行って、3.5Nオレンジ/イエローマーブルのアワビシール付をショートキャスト。表層で3回ダートから水平ドリフトさせると、ロッドティップをクイッと引っ張るアタリで400gがヒットした。
準備が出来た佐々木さんは私の横、堀さんは少し離れてキャスト開始。すぐに佐々木さんのピンクシルバー300gがヒットした。
足を使って動き回った堀さんは残念ながらここではノーヒット。

エギング釣行記

ファーストキャストで即乗った

エギング釣行記

隣で佐々木さんにもヒット

次も小規模の地磯へ行くが反応も無く移動、次は漁港へ行くがここでも反応が無いので、昼食の弁当を買いにスーパーへ行って飲み物も補充して、昼食後に少し移動して別のポイントへ行く事にした。
着いた漁港で最初にヒットしたのは私で、3.5Nピンク/イエローマーブル300g、次は堀さんの3.5Sオレンジシルバー200g、続いて佐々木さんは3.5Nピンクシルバー200gを乗せ、更に私に400g500g、堀さんに300g500g連発した。

エギング釣行記

堀さんに乗った

エギング釣行記

佐々木さんにも乗った

エギング釣行記

私にも乗った

エギング釣行記

堀さんのお気に入りはオレンジシルバー

エギング釣行記

私はピンク/イエローで乗せた

次に行った漁港では3人が少し離れて狙っていると、何やら騒がしいので見に行くと佐々木さんにキロアップがヒットしたが、足元で浮かしたまでは良かったが、最後に走られてバラシてしまったそうである。キロアップを釣ったことが無い佐々木さんは、今回のためにわざわざギャフを買ったのだが車に置いたままで持ち歩いていなかったため、取り込むことが出来なかったである。これは暫くネタになるミスである。
そして次が本日最後のポイントで、先にヒットさせたの堀さんは3.5Sオレンジシルバー
続いて乗せたのは佐々木さんで、3.5Nオレンジシルバー300gであった。

エギング釣行記

佐々木さんもサイトで乗せた

2日目の釣りを終えて宿へ戻り、シャワーで汗を流しての夕食は、オコゼの刺身、穴子の煮物、天ぷら、オコゼの唐揚げ、アラカブの煮付け、イカの煮物、そうめんと2人は生ビールで私はウーロン茶(T_T)
明日には薬が全部無くなって解禁になるので、我慢も今夜までである。

エギング釣行記

夕食はオコゼの刺身、穴子の煮物、天ぷら、オコゼの唐揚げ、アラカブの煮付け、イカの煮物、そうめん

←1日目  3日目→

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ