HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2012年7月14日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2012年7月14日

真夏のエギング遠征!対馬でのショアエギング!(3日目)

3日目は天気予報が良く無いため、朝食を食べてから出動する事にしたので体が少し楽である。しっかりと朝食を摂って出発。

エギング釣行記

朝食は焼き魚、目玉焼き、冷奴、海苔、味噌汁、漬物

今日は川崎さんも合流して最初に向かったのは漁港。
最初にヒットさせたのは堀さんで、3.5Nオレンジシルバー400g
次は私で、車へ戻る途中に気になったシャローのブレイクに3.5Nピンク/イエローマーブルをショートキャスト、ボトム近くから一気に水面まで浮かせると追い掛けて来て300gが乗った。

エギング釣行記

今日のスタートは堀さんから

エギング釣行記

続いて私にもヒット

次は昨日の夕方に連発したポイントへ行ったのだが、ノーヒットで諦めて移動。
そして次の漁港では堀さんが、エギエスツー3.5Sオレンジシルバーで丁寧にブレイクを狙っていると、後から追い掛けて来たのでサイトで狙ったものの失敗。すぐに打ち返してエギをフォールさせてアクションを入れると狙い通りヒット。しかしここで違ったのは乗せ損ねたのは小型だったが、ヒットした奴はドラグを少し鳴らして強い引きで抵抗している。浮いた所で取り込んだのは、ジャスト1kgのアオリイカであった。

エギング釣行記

堀さんにヒットした1kg

その後は反応が無く、次のポイントでも反応が無かったので昼食を食べに移動、初めて行った食堂は基本が大盛りらしい?
佐々木さんと堀さんは対馬名物のとんちゃん定食、私はちゃんぽん単品、川崎さんは唐揚げ定食をオーダー。運ばれて来たのは話の通りの大盛りのとんちゃんとご飯で、私には完食は無理だろうが、無理をしたかも知れないが2人共完食しました。

エギング釣行記

昼食のとんちゃん定食

エギング釣行記

私はちゃんぽん麺

昼食後は地磯のポイントへ行くが、潮位が高くて思ったポイントに立てず苦戦。川崎さんが300g、堀さんも300gを乗せただけで雨が強くなりだしたタイミングで終了。

エギング釣行記

小雨の中で堀さんが乗せた

ここで川崎さんと別れて我々は、釣りを終了して観光モードにチェンジ。対馬野生生物保護センターへ向かった。私は何度も来ているが、2人は初めてなので本物のツシマヤマネコを見に行く事にしたのである。
現在飼育されている数は日本各地に移されたため少なくなっているが、毎日1頭は展示されているので見る事が出来るのである。因みに入場料は無料である。

エギング釣行記

対馬野生生物保護センター

エギング釣行記

本物の生きているツシマヤマネコ

エギング釣行記

中央の木の家の上に乗っている

ヤマネコ見学が終わり宿へ引き返すが、宿に着いた時間が少し早かったので、近くで残業する事にして車で移動。用意がすぐに出来た私は先にポイントへ向かう。2人は何をしているのか遅いので、待ち切れずにシャローエリアに3.5Nピンク/イエローシルバーをキャスト。僅かにフォールさせてからダートを3回、水平ドリフトからカーブフォールさせるとクイッとティップを引っ張るアタリで600gがヒット。
ここで漸く2人が来て写真を撮ってもらうが、何でもリーダーを結び直していたそうである。続いて2キャスト目は少し角度を変えて同じパターンで狙うと、アクションからのフォール中にボトム手前でアタリを捉えて700gが乗って来た。
晩飯前の残業としてはまずまずの結果で本日の釣りを終了した。

エギング釣行記

夕食前に軽く600g

エギング釣行記

次のキャストでも700gを乗せた

今度はホントに宿に戻り汗を流して夕食であるが、薬を全部飲んだので今夜から解禁したため、まずは生ビールを私の分も加えて3人で3つ。今日のメニューは、刺身がオコゼとカワハギ、カワハギの唐揚げ、イカリング、対州そば、ところてん、ナス、焼肉で生ビールがあるからなのか、特に美味しく頂きました。

エギング釣行記

夕食は焼肉、刺身はオコゼとカワハギ、カワハギの唐揚げ、イカリング、対州そば、ところてん、ナスと生ビール

←2日目  4日目→

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ