HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2012年7月15日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2012年7月15日

真夏のエギング遠征!対馬でのショアエギング!(4日目)

最終日は朝食前に朝練に行き私に即ヒット、3.5Nピンク/イエローシルバー300g、続いて佐々木さんのオリーブレッド300g、堀さんのピンク/イエローシルバーにも300gが乗り、更に私のピンク/イエローゴールド300g500gと連発して朝練は時間切れ終了。私は全てショートキャストでシャローに居る活性が高い奴を狙った結果である。

エギング釣行記

朝飯前にサクッとヒット

エギング釣行記

佐々木さんにもヒット

エギング釣行記

堀さんにもヒット

エギング釣行記

最後は私に500g

宿に戻って朝食、メニューは焼き魚、目玉焼き、筍、冷奴、漬物、焼き海苔、味噌汁で完食して荷物を片付け、本日の釣りに出発。今日のスケジュールは、昼まで釣りをして、タックルを片付けて、重い荷物等を宅急便で送って、昼食を食べて、土産物を買って、レンタカーを返却して、対馬空港からバイバイとなる。
まずは朝飯前のポイントへ行って、待ち合わせをしていた川崎さんが先に来て400gを乗せていて、堀さんも3.5Nピンク/イエローシルバー400gを乗せた。

エギング釣行記

朝食は焼き魚、目玉焼き、冷奴、煮物、海苔、漬物、味噌汁

エギング釣行記

アゲハ蝶

次に向かったのは地磯のポイント、気合を入れてサイズアップを狙うが、ベイトは少ないが何が悪いのか反応が無い。
そして護岸のポイントへ移動、私は3.5Nピンク/イエローゴールドのアワビシール付をキャスト、底を取り、ボトムから3~4回ダートからのカーブフォールで狙うと、3キャスト目にフォールでツンッと綺麗にラインにアタリが出て800gが乗って来た。
川崎さんもボトムをジックリと攻めて乗せた。このアオリイカは長さは無いが肉厚だったので1.1kgとキロアップである。続いて400gも乗せて次へ移動。

エギング釣行記

800gが乗って来た

エギング釣行記

川崎さんに1.1kgがヒット

次は時間的に厳しそうなので、先にスーパーへ行ってお土産と弁当を買って昼飯を済ませた。そして少しだけ時間の余裕がありそうなので30分限定で最後のひとシャクリ。
私は先程と同じ3.5Nピンク/イエローゴールドでシャロー狙い、ここで300gを連発させたが、佐々木さんも3.5Sオレンジシルバー300gを乗せて時間切れ終了となりました。

エギング釣行記

〆は佐々木さんと私にダブルヒット

釣りを終了してタックルを全て片付けて、宅急便で荷物やお土産を送り、レンタカーを返却して対馬空港へ到着。
帰りの便が出発するまで待合所で今回の反省会。
大雨の影響で各地に濁りが回っていたため、出来るだけ濁りが無いクリアーなポイントを選んだが、季節的に狙いたいポイントへ入れなかった事、6月迄は好調だったそうだが7月に入ってからは不調であった事、これらの要因でサイズと数が思った程では無く、撃沈とは言わないが満足な結果が得られなかった。
しかし本当の原因はポイント選択とタイミングを外したためだろうね。

←3日目

【今回の使用タックル】

■その1 エギング用
ロッド : プロトロッド82c
リール : ダイワ ニューイグジスト2508PEH
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEII210 0.5号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー 1.75号 2m
エギ : エギエスツー3.5S、3.5N、3.5D
※エギはスナップをブリンソンノットで接続
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
リールはハンドルとスプールをスタジオオーシャンマーク製に交換

■その2 エギング用
ロッド : プロトロッド82d
リール : ダイワ ニューイグジスト2508PEH
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEIIWH210 0.5号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー 1.75号 2m
エギ : エギエスツー3.5S、3.5N、3.5D
※エギはスナップをブリンソンノットで接続
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
リールはハンドルとスプールをスタジオオーシャンマーク製に交換

■その3 エギング用
ロッド : プロトロッド82e
リール : ダイワ ニューイグジスト2508PEH
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEII210 0.5号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー 1.75号 2m
エギ : エギエスツー3.5S、3.5N、3.5D
※エギはスナップをブリンソンノットで接続
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
リールはハンドルとスプールをスタジオオーシャンマーク製に交換

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ