HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2012年10月8日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2012年10月8日

秋田県でのセミナー&エギング!(4日目)

8日は午後から能代市の上州屋能代店でセミナーのため、朝からホテルを出発して能代市内から北上して青森県との県境を越えたエリアをサッと探りに行った。
今日のタックルは、ロッドがプロトの82fにイグジスト2508PEH、ラインはキャスラインエギングスーパーPEIIWH210の0.5号エギングリーダー1.75号エギエスツー3.0N、3.5S、3.5N、3.5Dを用意した。
最初に行った漁港では、エギエスツー3.5Nオレンジゴールドを最初にキャスト、偏光グラス越しに見える岩のエッジやスリット部分にフォールさせて、水面まで連続ダートで浮かせると数杯の新子アオリが追い掛けて来たが、僅かな距離を残して離れてしまう。こんな時はカラーローテーションで反応が良いカラーを探すのだが、チャートリュースシルバーでの反応が最も良かったため、これで丁寧にアプローチすると狙い通りサイトで新子がヒットした。
次は防波堤の先端へ向けて探りながら行くと、何度か追い掛けて来るが小さいのでスルーして、港内の水深があるポイントではエギをキャストする位置、連続ダートさせて水面まで浮かせる位置、エギエスツーのカラーとサイズがハマれば10杯程度のアオリイカが追い掛けて来て遊べた。

エギング釣行記

八森岩舘から北側を見る

エギング釣行記

今日は静かに見える

エギング釣行記

秋田県の最北部に来た

エギング釣行記

チャットリュースで新子がヒット

1ヶ所に時間を掛けると多くのポイントを見に行けないため、早めに移動を繰り返して最後に行ったのは、県境を越えて青森県に入った漁港である。しかし気になったのは漁港の横のサーフ、水深は1~2m程度でボトムは岩場で手つかずに見えた。
ここで取り出したのはエギエスツー3.5Sのピンク/イエローシルバー、これを10m程のショートキャストから水面で3回ダートさせてから水平ドリフト、そしてカーブフォールさせるとすぐにヒット
次も同じパターンで狙うと水平ドリフトをさせている時にロッドティップを引っ張るアタリでヒット。次のキャストは空振り、その次も空振りかと思ったが、砂浜の波打ち際の最後の小さなブレイクでエギをボトムに置いていると追い掛けて来てヒット
これで4キャスト3ヒットの連発となった。
ポイントチェックの時間切れとなり、能代市内へ戻り昼食は比内地鶏スープのラーメンを食べました。

エギング釣行記

青森県のサーフでヒット

エギング釣行記

続けてヒット

エギング釣行記

これで4キャスト3ヒット

エギング釣行記

こんな岩場横のサーフで乗った

エギング釣行記

比内地鶏スープのラーメン

能代市内にある上州屋能代店へ行って店長とスタッフと打ち合わせをして、セミナーの準備を行い、予定通り14時から店内特設会場でセミナースタート。
タックルとライン、カタログ、お勧めノットイラストを使ってノット実演、そしてQ&A、ジャンケン大会、写真撮影、サイン会等全てが終了したのは予定を大きくオーバーして17時となってしまった。
初めての実施であったが、最大で一時60名程の参加者にお越し頂きました。
セミナーの様子はこちら

セミナー終了後はタックル等を片付けて秋田市内のホテルへ戻り、湊さんと小松さん、そして部下と私の4人で夕食に出た。店は小松さんお勧めの店で、先ずは生ビールで乾杯。
オーダーしたのは刺身の鮪が大トロと赤身、しめ鯖(何だか毎日食べている様な気がする・・・)、タコブツ。そしてチリトリ鍋はてんこ盛りの野菜がくたっとなれば出来上がり。
今夜も日本酒の地酒を頂きました。

エギング釣行記

刺身の鮪は大トロと赤身、しめ鯖、タコブツ

エギング釣行記

チリトリ鍋

エギング釣行記

出来上がり

5日目→

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ