HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2013年2月22、23日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2013年2月22、23日

沖縄でのリベンジ釣行!!(1、2日目)

恒例の初釣りをハズシてしまったため、リベンジを果たすべく急遽休みを取って2月22日(金)~25日(月)に沖縄へ行って来た。
定刻に到着して那覇空港からレンタカーで北上、昼食のソーキそばを食べて店を出ると小雨が降り出して来た。天気予報では夕方から降り出すと思っていたが早くなった様で、仕方が無いので合羽を着込んでフィールドへ向かう事は考えもせず、スーパーへ飲み物と非常食兼つまみのソーセージ、魔法の水を少し買った。
スーパーを出ると雨が止んでいるので、近場のポイントへ向かうと途中から又しても雨が降り出し来た。とことんタイミングが悪いのか、結局スーパーの駐車場でタックルのセッティングをしたものの、一度もキャストする事無くホテルにチェックインとなった。

エギング釣行記

最初の昼食はソーキそば

ホテルに入ってゆっくりして宮城さんと連絡を取り、夕食を食べながらの打ち合わせに行く。店に着くと宮城さんは先に来ていて、料理を注文していたので追加で生ビールをオーダーしてご挨拶の乾杯。
料理はアグー豚の叩きと沖縄そばの冷製サラダ、中味のピリ辛炒めとゴーヤチャンプルー、もずくのヒラヤーチーなどでオリオンビールを頂きました。

エギング釣行記

アグー豚の叩きと沖縄そばの冷製サラダ

エギング釣行記

中味のピリ辛炒めとゴーヤチャンプルー

エギング釣行記

もずくのヒラヤーチー

2日目、今日からボートエギングのスケジュールが2日間で、東海岸のボートフィッシング海屋に予約を入れていたが、生憎の北東~東の風が強く吹いて、波も沖合では2~3mの予報が出ているため、上原船長の計らいで急遽本部(もとぶ)の善海丸にお世話になった。

エギング釣行記

今回お世話になった善海丸

エギング釣行記

キャビンは広く風波が避けられる

今日は宮城さんと山本さん、海屋の上原船長と私の4名で、本部町の浜崎漁港に集合して8時に出船、風速10m以上と強い風と沖合は波が高いため、今回の釣行では浅場となる30~40mのポイントからスタート。

エギング釣行記

こうして見るとベタ凪に見えるが実は強風

今回のタックルはサブがプロトの82にイグジスト2508PEH、ラインはキャスラインエギングスーパーPEII210の0.5号エギングリーダーの1.75号エギエスツー3.5N新エギエスツーのプロトタイプ
そしてメインはコンペ73にイグジスト2508PEH、エギングスーパーPEIIWH210の0.5号エギエスツー3.5Nと4.0N新エギエスツーのプロトタイプ、水深や風の強さ、ポイントに合わせてシンカーはアゴリグ式で8~20号を使い分けた。
最初は水深30m程なので、プロト82でエギエスツー3.5Nピンク/イエローゴールド、シンカーは15号で船べりから落とし込み、ボトムから3~4回小さくシャクリを入れてフォール、そのまま船の動きでドリフト、そして3~4回のアクションからドリフトのセットを繰り返すが反応無し。
何度ポイントを変えても午前中は触るだけの反応しか無く、弁当を食べてからの午後に50~60mのポイントでやっと最初のヒット。コンペ73にエギエスツー3.5Nチャートリュースシルバーで、シンカーは20号に500gが乗ったがリリース。
それから暫くして山本さんにも500gが乗った。

エギング釣行記

最初のヒットは私のチャートリュースに

エギング釣行記

続いて山本さんにも乗った

これで反応が少し良くなったかと思っていると・・
山本さんが根掛りと勘違いするアタリでヒットしてロッドが大きく締め込まれた。
隣でシャクっている私のエギエスツー3.5Nオリーブシルバーがボトムで近い位置に有ったので、ヒットした事で活性が上がったイカが居れば乗って来るため、小さなシャクリを3回入れてドリフトからゆっくりフォールさせると、ロッドティップを引き込むアタリが来てフッキング。狙い通りのヒットでダブルヒットになった。
しかし重さはあってもドラグを鳴らし続けるパワーは無く、取り込んだのは1.5kgのアオリイカ

エギング釣行記

山本さんに続いて私にもヒット

エギング釣行記

私には1.5kgがヒット

隣の山本さんはまだファイトが続いていたが、浮いて来たのは久し振りに見るデカイカ!無事ネットに入ったのは彼の自己記録を大きく更新する3.4kgであった。

エギング釣行記

山本さんは自己記録更新の3.4kg

本日の最後は仲村船長で、今日はヒットはさせてもバラシ連発で良いところが無かったが、〆はキッチリと釣って見せてくれた。
風が強く吹いて波もあるためポイントが限定され、潮は緩くしか流れていないが強風でボートが早く流されたため、ポイントにエギを止める事が出来ず浮き気味になったためか、アタリが出ても乗らなかったりバレが多く、活性は低く感じられたが明日は多少風が落ちる予報なので、サイズアップを狙う事にして帰港した。

エギング釣行記

仲村船長には1.2kg

ホテルへ戻ってシャワーを浴びて待ち合わせの居酒屋へタクシーで行くと、今日は2番手で他のメンバーを待たずに生ビールをオーダーして2人で乾杯。適当に食べ物もオーダーすると続々とメンバーが集まって来た。
今日は中味炒め、ソーセージのピリ辛カレー味、ソーメンチャンプルー、生春巻きサラダ、海鮮サラダ、焼き飯等々でもちろん泡盛も頂きました。

エギング釣行記

中味炒め、ソーセージのピリ辛カレー味、ソーメンチャンプルー

エギング釣行記

生春巻きサラダ、海鮮サラダ、焼き飯

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ