HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2013年4月30日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2013年4月30日

恒例のGW対馬遠征!(2日目)

2日目の4月30日(火)は早朝より狙いの漁港へ向かい、昨日と同じタックルを手にキャスト開始。エギはプロトのエギエスツーβ(ベータ)の3.5Nオレンジスギゴールドである。 アマモが生えたシャローエリアには2kgクラスが2杯見えているので、当然サイトで狙ってみたが全く反応無くスルーされたため、アマモエリアの手前で少しフォールさせてから3回ダート、そしてカーブフォールさせて3回ダートから水平ドリフトさせていると、ロッドティップに軽い荷重が掛かったのでフッキング。何とプロトのエギエスツーβのファーストキャストで対馬アオリがヒットした。
暫くして山口さんのエギエスツー4.0Nオレンジゴールドスローチューンでもヒット
更に具志堅さんのエギエスツー3.5Nオレンジゴールドにも乗って全員ヒット達成。

エギング釣行記

エギエスツーβはファーストキャストでヒット

エギング釣行記

山口さんにもヒット

エギング釣行記

具志堅さんにもヒット

しかしその後は日差しが無く、冷たい風が吹いているため心が折れて移動。
次のポイントではロープに付いている2杯のチビイカを発見。エギエスツーβの3.5オレンジオイルホロをショートキャストして、水面直下で連続ダートさせると2杯のチビイカ以外にも数敗浮いて来てチェイス。出来るだけ大きいのを選んでサイトで抱かせると、意外と引きが強く感じられ、抜き上げたのは500gと思ったより大きい。透明度が高いため水面直下に居ると思っていたのが、実際は1m以上深い位置に居たためサイズが小さく見えていたのである。
山口さんは最初のブレイクエッジを狙い、エギエスツー4.0Nピンクイエローマーブルのスローチューンで1.2kgを乗せた。

エギング釣行記

エギエスツーβのサイトで乗せた

エギング釣行記

山口さんは1.2kgを乗せた

次のポイントでは山口さんが先程と同じパターンで600gを頭に3杯ヒットさせたが、他の2人は手ぶら(T_T)
更に移動してタックル変更、ロッドがプロトの82gでリールはイグジスト2508PEH、ラインはキャスラインエギングスーパーPEII210の0.5号にリーダーは1.75号で、エギエスツー3.5Nピンクイエローシルバーをセットした。
ブレイクの沖へ軽くキャストして少しフォールさせてからダート&フォール、追い掛けて来たのでサイトで抱かせてヒット。
これで午前の部は終了して移動、途中で昼食を食べに行く。
私と具志堅さんはチャンポンと魔法の水、山口さんはセットを食べて運転手を交代した。

エギング釣行記

山口さんにヒット

エギング釣行記

昼食はチャンポンと魔法の水

午後のスタートは漁港で先客が数人、朝一と昨日もヒットしたそうで他の方からも情報収集、かなりオイシイ情報を頂いた。
ここではエギエスツー3.5Sオレンジイエローゴールドでシャローエリアをチェックしたが、追い掛けて来るが距離が詰まらないので藻場にシフト。見えている藻の塊をかすめる様にダートさせてフォールさせると500gが乗って来た。
次のポイントも漁港であるが、全く気配も無く反応も無いため移動。
その次も反応が無く、本日最後のポイントへ移動。
ここでタックルをプロト82fに持ち替えて、エギエスツー3.5Nオレンジイエローレッドをキャスト。底を取ると海藻が掛かって来るので、ボトム近くまでのフォールにシフトしてシャクリ、ダート、スラックジャークと様々なアクションでアプローチ。そしてスラックジャークからのフリーフォールでラインが止まるアタリで600gがヒット。
山口さんは4.0Nオレンジマーブルのシャローチューンでヒット
具志堅さんも藻場を攻めて、3.5Nオレンジゴールド400gを乗せて本日の釣りを終了した。

エギング釣行記

ラインが止まるアタリでヒットした

エギング釣行記

具志堅さんにもヒットした

宿に戻りシャワーを浴びてスッキリして生ビールをグイッ(^o^)丿
今日の夕食は、ヒラスの刺身、アラカブ(ガシラ)のから揚げ、肉じゃが、餃子、酢の物、うどんで生ビール、そしてやまねこも頂きました。

エギング釣行記

ヒラスの刺身、アラカブ(ガシラ)のから揚げ、肉じゃが、餃子、酢の物、うどん

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ