HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2013年5月23日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2013年5月23日

恒例の東京組との対馬遠征!(2日目)

2日目の5月23日(木)は早朝から狙いの漁港へ向かい、昨日と同じタックルを手にキャスト開始。
エギはエギエスツーβの3.5Nパープルパープル(カラーNo.17)で、300gながら狙い通りサイトでヒット。
続いて布施さんと宇野さんも同サイズをサイトで乗せた。
しかし反応が悪くポイント移動して入ったポイントは大型が期待出来るハズ?
最初に布施さん、次に私、そして高橋さんの順に300gが乗ったが大型は現れず移動。

エギング釣行記

パープルパープルでヒット

今度こそ大型の期待が高まったポイントで布施さんと私が磯場、宇野さんと高橋さんは波止に分かれてキャスト開始。私はエギエスツーβのオリーブグリーン((カラーNo.18))で狙うが300gが乗っただけで反応は悪く、海藻が多いポイントなので根掛りギリギリを狙うため視認性の高いピンクイエローレッドに交換、更にスローな展開でエギエスツー3.5Sオレンジ/イエローゴールドとローテーションするが反応無し。
でもオリーブグリーンで乗せた事で10色全てのカラーでヒットさせるミッションクリアーとなりました(^o^)v
そして暫く続いた沈黙を破ってロッドを曲げたのは高橋さん、バットから曲がっているのが見え、ギャフを出して取り込みに成功したアオリイカは立派なサイズ。近くへ行って写真撮影をして量ってみると、2.1kgエギエスツー3.5Nピンク/イエローシルバーでのヒットである。

エギング釣行記

高橋さんは2.1kgをゲット

続いてのヒットを狙って真剣モードで全員が狙ったものの、見事に空振りに終わりポイント移動するが空振り。その次で布施さんが300gを乗せただけで昼飯タイムである。
今回は4人のメンバーで余り飲まない人が居るため、車のキーを渡して布施さんと私は魔法の水をグイッと頂く。オーダーはとんちゃん定食でした。

エギング釣行記

とんちゃん定食と魔法の水

午後の部で川崎さんが合流、彼は磯場で2kg前後を4杯獲っていた。
ここでは宇野さんが3.5Nオレンジマーブル300g、続いて500gをヒットさせて、その次にキロアップをヒットさせたが残念ながらバラシ。
タイミングをハズシたためか反応は鈍く次へ移動、地磯のポイントで私はβのオレンジイエローレッド500gを乗せて、布施さんもヒットさせて移動。

エギング釣行記

βのオレンジイエローレッドでヒット

エギング釣行記

布施さんの隣で乗った

次は大きくポイントを移動してのランガンで、私はβのピンクイエローレッド400gオレンジクリアー500gを乗せて、高橋さんは小型を連発、宇野さんも500gを乗せて、最後は川崎さんが400gを連発させて本日の釣りは終了の時間となりました。

エギング釣行記

ピンクイエローレッドにヒット

エギング釣行記

これはピンクオレンジクリアーで乗せた

宿に戻りシャワーを浴びてスッキリして生ビールをグイッ(^o^)丿
今日の夕食は、マダイの塩焼き、タコの酢の物、胡瓜の酢の物、サラダ、刺身はヒラスとマダイ、マダイのホイル包み焼き、揚げ出し豆腐、ご飯はカレーライス、勿論やまねこも頂きました。

エギング釣行記

マダイの塩焼き、タコの酢の物、胡瓜の酢の物、サラダ

エギング釣行記

刺身はヒラスとマダイ、マダイのホイル包み焼き、揚げ出し豆腐、ご飯はカレーライス

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ