HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2013年6月8日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2013年6月8日

宿毛市長杯 第4回ペアエギング大会(1日目)

一昨年から続けて呼んで頂いている宿毛市のエギング大会に、今年も6月7日(土)~9日(日)の日程でユニチカフィールドスタッフの重見さんと行って来た。


宿毛市長杯 第4回ペアエギング大会

大会日時 6月9日(日)
集合場所 高知県宿毛市 すくも84マリンターミナル
     宿毛市新港1915-1
参加費 【事前振込(保険料含む)】男性/2,000円、女性&高校生以下/1,000円
    【当日込い(保険料含む)】男性/3,000円、女性&高校生以下/2,000円
大会参加条件 ★シングルorペア ファミリーも可
         ★年齢18歳以上(高校生以下は18歳以上の保護者同伴ならOK)
大会ルール ★エギングによる『胴寸10cm以上のアオリイカ3杯までの総重量』
        ★ショアエギングのみとし、ボート、筏、渡船利用は厳禁

[タイムスケジュール]
3:30  受付開始(すくも84マリンターミナル)
4:30  受付終了後簡単なルール説明
5:00  スタート
12:00 会場集合(帰着申請後、随時計量)
13:00 実釣セミナー(重見プロ、杉原プロ)
13:30 表彰式(入賞者は、表彰、賞品あり)
14:00 ジャンケン大会(勝ち残れば豪華な賞品が・・)
    お楽しみ抽選会(ジャンケン大会に敗れてもまだ諦めるな・・)
15:00 集合写真撮影~終了

主催 宿毛市エギング大会実行委員会
共催 (社)宿毛市観光協会
後援 宿毛市、宿毛商工会議所
協賛 アクティブ、淡路島観光ホテル、エバーグリーンインターナショナル、オーシャンルーラー、カンジインターナショナル、ガンクラフト、ザップ、ささめ針、ゼクスタ、ティムコ、ダミキジャパン、デュエル、バガボンド、ハリミツ、マーズ、林釣漁具製作所、松岡漁具、明神つり具、メガテック、名光通信社、メジャークラフト、ユニチカ、リベルタ(50音順)


自宅を7日の深夜出発して西田さん達と合流、神戸で重見さんとディープブルー代表の太田さん(まどかママ)、江口さん、吉田さん、藤原さん達と合流して合計5台の車を連ねて出発。運転手ではない江口さんと私は缶〇〇〇をプシュッと開けて頂く。重見さんも同様に後部座席でプシュッである。
去年は2月に実施したため、寒波の襲来で四国の高速道路が軒並み通行止めや規制が出て往復の工程はヒヤヒヤしたが、今年は淡路島から高松道、松山道、大洲道路、四国横断道、宇和島道路を通って南下するルートで出発時間が遅れたため予定時間を少しオーバーして宿毛市に到着。
いつもと同じくファミレスで大会スタッフである梶原さんと毛利さんに合流して、打ち合わせを兼ねて朝食。もちろん運転手では無い者は生〇〇〇、朝からハンバーグやおつまみ、焼き魚定食、モーニングセットと様々なスタイルで暫しの休憩をして、下見を兼ねて釣場へ動き出したのは朝日が昇り切ってからなのは言うまでもない。

最初に向かったのは大月方面で、着いたポイントで全員タックルをセットして・・・と思ったら車で一休みとか、横で見てるだけとかのメンバーが居るが、私はタックルを準備してエギング組に参加。
タックルはロッドがプロトの82でリールはイグジスト2508PEH、ラインはキャスラインエギングスーパーPEⅡWH210の0.5号にリーダーは1.75号で、エギエスツーβの3.5Nオレンジスギゴールドをセットした。
防波堤には我々が着いた時点で既に数人の釣り人が居て、エギやルアー、投げ釣り等様々な釣りをしていて、素早くタックルをセットしてスタートした江口さんが早くもアオリイカをヒットさせた。
私も空いたスペースでキャスト開始。ショートキャストから徐々に距離を伸ばして広範囲をチェックするが反応が無く、ゴロタ浜の石からもキャストすると潮が流れていて何だか良さそうな雰囲気。ショートキャストでブレイクエッジの大き目の石の周辺をチェックすると、500g程のアオリイカが追い掛けて来た。そのままサイトに持ち込んで・・・狙い通りヒット・・・とはならずに沖へ帰って行った。
更に角度を変えたキャストでも追い掛けて来たが、またも抱かせられなかった。

エギング釣行記

江口さんヒット

エギング釣行記

灯台

他のポイントでも反応が無いため、大きく移動して西海方面へ行ってみたが、結局何処に行っても私にヒットするアオリイカは居なくて(他のメンバーも大半は同じ)、釣りは早目に終了して宿へ行って風呂で汗を流して、フライングの0.5次回で冷たいビールをゴクリ\(^o^)/
寛いで全員で出発、向かったのは大会の関係者の方々との打ち合わせを兼ねた食事会場。
広い会場には既に多くの料理が用意されていて、着いてからも様々な料理が運ばれて来る。
そうめん、焼きそば、とうもろこし、天ぷら、、唐揚げ、トンカツ、鰹のハラモ、、川エビの唐揚げ等々と地元の郷土料理をはじめとした品々。
お忙しい中にも関わらず、宿毛市長の沖本氏もお越し頂いてご挨拶して頂き、気さくに様々な話を聞かせて頂きました。
食事会終了後も一次会で終わる筈も無く、二次会の会場でも飲んで、カラオケは重見さんやまどかママ、江口さん、ゴローちゃんのものまね等々と楽しませて頂きました。

エギング釣行記

そうめん、焼きそば、とうもろこし、天ぷら

エギング釣行記

唐揚げ、トンカツ

エギング釣行記

鰹のハラモ、他

エギング釣行記

川エビの唐揚げ

エギング釣行記

宿毛市長の沖本氏

エギング釣行記

大会参加メンバーとスタッフ、関係者

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ