HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2013年6月28〜30日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2013年6月28〜30日

対馬での取材釣行(4〜6日目)

6月28日(金)は朝からスタートして今回叩いていないポイントへ行くが、最初のポイントはノー感じで移動。
使用しているタックルは、プロトのエギングロッド82に、リールはイグジスト2508PEHで、ラインはキャスラインエギングスーパーPEII210の0.5号、リーダーはエギングリーダーの1.75号で、エギエスツーβの3.5Nとエギエスツー3.5Sと3.5N
次のポイントは地磯で潮が引いているタイミングで入った。
最初はシャローエリアでエギエスツー3.5Sオレンジイエローマーブルのアワビシール付をキャスト、少しフォールさせてからのダート&フォールで400gが2連発させると、長倉さんも300gをヒットさせる。
次は私がエギエスツーβピンクオレンジクリアー700gを乗せると、長倉さんも700gを乗せて来る。

エギング釣行記

エギエスツー3.5Sで2連発

エギング釣行記

長倉さんにヒット

エギング釣行記

700gがヒット

エギング釣行記

長倉さんにも700gがヒット

反応が止まったのでポイント移動して、私はそのままピンクオレンジクリアーを連続ダートで浮かせて追い掛けて来たアオリイカと遊んでいると、最初は1杯だったが2杯、3杯と増えて来て5杯になった時に1番大きな奴を選んでサイトで抱かせて400gをヒットさせる。

エギング釣行記

サイトで乗せた

次のポイントでもピンクオレンジクリアーは好調で、長倉さんが軽くチェックした後ろを歩いて、サイトで見つけた300gを乗せて、次は追い抜いて先にキャストして追い掛けて来た600gも乗せた。
その次のポイントでは長倉さんが500gを乗せて午前の部を終了した。

エギング釣行記

ピンクオレンジクリアーでヒット

エギング釣行記

サイトで乗せた600g

エギング釣行記

長倉さんが500gを乗せた

昼食はまたもチャンポンを選んでしまった。離島だけどここは長崎県だからね(^o^)

エギング釣行記

昼食はチャンポン

午後の部は小規模の漁港からスタート、港内で好調のピンクオレンジクリアーをキャストして、底を取ってから強目のダートを3回入れてからのカーブフォールでコンッと当たって600gが乗って来た。
しかし後が続かず次のポイントへ移動して同じエギエスツーβをキャスト、ブレイクの手前から連続ダートで浮かせて追い掛けて来た所でサイトで300g
次のポイントではオレンジイエローレッドに交換して500gを乗せると、長倉さんも300gを乗せる。
更に次のポイントでも長倉さんが300gを乗せて移動。

エギング釣行記

ピンクオレンジクリアーにヒット

エギング釣行記

トンビは多く余り逃げない

エギング釣行記

オレンジイエローレッドで乗った

エギング釣行記

長倉さんもヒット

潮が引いているので地磯へ降りてキャスト。視認性に優れたエギエスツーβの3.5Nオレンジイエローレッドを軽くショートキャストして、先ずは足元の壁、そして角度を変えてファーストブレイクをチェック、沖もチェックして反応が無いので立ち位置を変えて同様のチェック。ファーストブレイクから連続ダートで浮かせた時に追い掛けて来てサイトで300g
長倉さんも沖のアマモエリアで狙い通りのヒット、今回ニュータックルでやっと気持ちの良いロッドの曲がりを確認。取り込んだのはキロアップと思われたが、800gと軽かったのは残念である。
長倉さんの写真を撮って戻ると先程釣ったイカが無くなっている(T_T)
トンビが上空を飛んでいるので持って行かれた様で、同じエギエスツーβをキャストして300gを乗せて取戻して、次はチャートホワイトシルバーでもサイトで300gを乗せた。
長倉さんも先程と同サイズをヒットさせて、後から追い掛けて来た少し大きいサイズも抱かせてダブルヒットさせたものの、何故だか両方ともファイト中にバレてしまった。
これで反応が無くなったので本日の釣りを終了して宿へ引き上げた。

エギング釣行記

これはサイトで

エギング釣行記

続けて乗った

エギング釣行記

長倉さん記念撮影中

エギング釣行記

長倉さん800gゲット

宿に戻って風呂に入ってスッキリしてから夕食であるが、冷えたビールが美味しい。
今夜のメニューは、鰹の刺身とイカの酢の物、サラダ、アラカブ(ガシラ)の唐揚げ、おかわりした鰹の刺身、対馬名物のとんちゃん鍋で、ビールと焼酎も頂きました。

エギング釣行記

鰹の刺身とイカの酢の物など

エギング釣行記

アラカブ(ガシラ)の唐揚げ

エギング釣行記

対馬名物のとんちゃん鍋

6月29日(土)は朝食におにぎり弁当を作ってもらって早朝から出発。
タックルは、プロトのエギングロッド82に、リールはイグジスト2508PEHで、ラインはキャスラインエギングスーパーPEII210の0.5号、リーダーはエギングリーダーの1.75号で、エギエスツーβの3.5Nとエギエスツー3.5Sと3.5N
潮が引いている時間に選んだポイントは地磯で、先ずはエギエスツー3.5Sのピンクシルバーで、いつも通り足元の壁からファーストブレイク、沖目と早いペースでチェックしていると300gがヒット。
次はカラーをオレンジイエローゴールドに交換して300gを乗せて、追加でエギエスツーβのチャートホワイトシルバーでも300gを乗せた。
長倉さんもきっちりと300g400gを乗せていた。

エギング釣行記

エギエスツーのシャローでヒット

エギング釣行記

長倉さんにもヒット

ここで移動の前に朝食に作ってもらったおにぎり弁当を食べてパワーアップ。
しかし次に行ったポイント、その次、そのまた次と不発で少し早目の昼食の時間となり、食堂へ行ってカツ丼を食べて更にパワーアップ、と言うより満腹でダラッて感じ(^_^;)

エギング釣行記

朝食はおにぎり弁当

エギング釣行記

昼食はカツ丼

午後の部の最初のポイントは漁港で、ここではエギエスツーβの3.5Nピンクイエローレッドを選択。いつも通りのチェックに反応したアオリイカが数杯エギの周りに集まり、思わずダンダンダンダンダンダンダンダンと頭に音楽が流れ、そして狙い通り1番大きい奴がエギを抱いてヒット。
ここでは結局楽しみながら2杯のアオリイカが遊んでくれた。

エギング釣行記

ダンダンダンダンダンダンダンダン

エギング釣行記

ピンクイエローレッドにヒット

エギング釣行記

次はサイズダウン

次のポイントでもサイトでβのピンクイエローレッドに反応した300gを2杯乗せて、長倉さんも同サイズを乗せた。更に次のポイントでも同じエギエスツーβ200g500gを乗せて、長倉さんも200gを乗せて、その次では長倉さんが600gを乗せたのを最後に反応が無くなり、本日の釣りを終了した。

エギング釣行記

長倉さんも乗せた

宿に戻ってお楽しみの夕食も今夜が最終日。
メニューは、最初に生ビール、そして刺身がイトヨリと真鯛、真鯛の煮付け、煮物、餃子、酢の物、焼肉で焼酎はやまねこを頂きました。

エギング釣行記

刺身はイトヨリと真鯛、真鯛の煮付け、煮物、餃子、酢の物、焼肉

今回の最終日となった6月30日(日)は、慌てず朝食を食べてから出発。
待ち合わせのポイントで地元の釣友の川崎さんも合流して3人でスタート。
最初にロッドを曲げたのは川崎さんで、ボトムを叩いて600gをヒットさせた。
続いてヒットさせたのは長倉さんで、エギエスツーβの3.5Nピンクイエロークリアー300g、最後に私のピンクイエローレッドには200gが乗って来た。
次のポイントでは反応が無く、その次のポイントで川崎さんが300gを乗せた。
そして最後の残された時間に長倉さんのリクエストで選んだポイントは、・・・・
全く反応が無くタックルを片付けて今回の対馬ツアーを終了した。

エギング釣行記

長倉さんもエギエスツーβで乗せた

【今回の使用タックル】

■その1 エギング用
ロッド : プロト エギングロッド82
リール : ダイワ イグジスト2508PEH
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEII210 0.5号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー 1.75号 2m
エギ : ユニチカ エギエスツーβ(ベータ)3.5N
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
リールはハンドルとスプールをスタジオオーシャンマーク製に交換
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

■その2 エギング用
ロッド : プロト エギングロッド82
リール : ダイワ イグジスト2508PEH
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEII210 0.5号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー 1.75号 2m
エギ : ユニチカ エギエスツーβ(ベータ)3.5N
         エギエスツー3.5S、3.5N
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
リールはハンドルとスプールをスタジオオーシャンマーク製に交換
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

<この釣行記の一部は(株)コスミック出版 アングリングソルト2013年9月号通巻25号 に掲載されました。>
<この釣行記の一部は(株)コスミック出版 アングリングソルト特別編集 エギング最強攻略IV に掲載されました。>

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ