HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2013年7月12〜17日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2013年7月12〜17日

7月の対馬(1〜3日目)

早目の夏休みエギングに、大好きな対馬へ釣友の具志堅さんと2人で行って来た。
7月12日(金)の朝に伊丹空港から福岡空港、対馬空港へと空路入り荷物を引き取って、レンタカーでスーパーへ行き昼食の弁当と飲み物、氷を買って宿へ行って弁当を食べてからタックルをセットしてポイントへ向かったのは、いつもと同じパターンである。

今回のタックルは、プロトのエギングロッド82に、リールはイグジスト2508PEHで、ラインはキャスラインエギングスーパーPEⅡ210の0.5号、リーダーはエギングリーダーの1.75号で、エギは新製品のエギエスツーβの全10色の3.5Nエギエスツー3.5S、3.5N、3.5D
もう1セットは、プロトのエギングロッド82、リールはハンドルとスプールを色違いのセッティングをしたイグジスト2508PEH、ラインはキャスラインエギングスーパーPEⅡWH210の0.5号、リーダーはエギングリーダーの1.75号で、エギは新製品のエギエスツーβの3.5Nと他は同じである。

最初は210の0.5号を巻いたタックルに、エギエスツー3.5Sピンク/イエローシルバーのアワビシール付をセットしてスタート。
いつも通り足元のブレイクをショートキャストでチェック、反応が無いので沖の中層~ボトムをチェックして移動。
次は地磯で同じように足元から探り、沖へシフトしてボトムから連続ダートで浮かせてカーブフォール中にラインにアタリが出て300gが乗って来た。
そして地磯から波止場に移動して具志堅さんがシャロー側、私がディープからのブレイク狙いでエギエスツー3.5Nピンク/イエローレッドをキャスト。
ヒットさせたのは具志堅さんで、今回の初物はエギエスツー3.5Nピンクシルバー400g
次にヒットさせたのも具志堅さんで、何とエンペラにスレ掛かりで500gの連発

エギング釣行記

先ずはエギエスツー3.5Sでヒット

エギング釣行記

具志堅さんはエギエスツー3.5Nで

エギング釣行記

何と次はスレ掛かり

次に行ったのは地磯で、ここではエギエスツーβの3.5Nピンクイエローレッドで、沖のボトムから強目のダートを5~6回入れてからのカーブフォールでコツンと当たって600g
同じパターンでチェックしても反応が無いため、キャスト角度を変えたり、立ち位置を変えてもアタリが無いので移動。
次は波止場へ入るが全く気配が無く移動。

エギング釣行記

次はエギエスツーβのピンクイエロー

次も地磯で正面からの強い風が吹いているので、エギエスツーβをキャストしても20m程度しか飛ばないが、何とか風が一瞬でも弱まったタイミングでキャストしてボトム近くまでフォールさせて、シャクリ&フォールとダート&フォールでチェックすると、ラインが走る分かりやすいアタリが出てフッキング。ドラグが少し鳴ってドキッとしてしたがジャスト1kgのアオリイカであった。
そして連発は無く、細かくチェックして歩いて足元のブレイク回りで500gを2杯乗せた。

エギング釣行記

1kgがエギエスツーβにヒット

エギング釣行記

ピンクイエローレッドに乗った

まだまだ夕まず目まで時間がある明るい内に宿へ戻り、シャワーを浴びてスッキリしてから夕食の時間。最初に飲む生ビールは・・・さいこ~~(^o^)/
メニューは刺身が鰹とイカ、小鯵の南蛮漬け、クロの煮付け、長芋、天ぷら、ところてん、カボチャの煮物で、いつも通りにやまねこの水割りも頂きました。

エギング釣行記

刺身は鰹とイカ、小鯵の南蛮漬け、クロの煮付け、長芋、天ぷら、ところてん、カボチャの煮物

2日目の7月13日(土)は、朝一にエギエスツーβの3.5Nピンクオレンジクリアー300gを乗せてからスタート、昨日とは違うエリアを狙ってドライブ。
タックルは基本的には昨日同じだが、別のセットでリールはハンドルとスプールが色違いで、WHの210を巻いてある。
到着した漁港では風が強く吹いているが、港内の足元狙いでショートキャスト。
ボトム近くから連続ダートで水面まで浮かせて水平ドリフトでは反応が無いため、沖のリーズ狙いでキャストしてダート&フォールで反応したのは700g
ここでも連発は無く、ポイントをランガンしている途中に綺麗なビーチも見かけた。
そして昼食の時間となって、私はチャンポンを食べました。
午後の運転を賭けた午前中勝負の結果、勝った私は一緒に冷たい生〇〇〇も美味しく頂きました(^o^)v

エギング釣行記

早朝はピンクオレンジクリアーで

エギング釣行記

次は700gが乗った

エギング釣行記

こんなビーチもある

エギング釣行記

昼食はチャンポン

午後の部は漁港からスタートして先に乗せたのは具志堅さんで、エギエスツー3.5Nピンクシルバー400g
私もエギエスツー3.5Nのピンク/イエローゴールド500gを乗せた。
次に行った地磯では具志堅さんが300g、私も同サイズを乗せたが、このヒットを最後にその後のポイントでは反応が無く2日目終了となりました。

エギング釣行記

具志堅さんに500g

エギング釣行記

私はエギエスツーのピンク/イエローで

エギング釣行記

具志堅さんはピンクシルバーがお気に入り

今日も明るい時間帯に宿に戻ったが、食事時にビールや焼酎などをゆっくり飲んで寛ぎたいため、食後の後片付けの時間から逆算すると遅く帰る事が出来ないため、釣りか食事が二者択一しなければならず、私は毎回取材でも食事を優先させるのである。
今日の夕食のメニューはヨコワとアオリイカの刺身、対州そば、ところてん、鰹とイカの握り、サザエの壺焼き、鯵の南蛮漬け、カボチャの煮物、焼き肉、メバルの煮付けで生ビールとやまねこも飲みました。

エギング釣行記

ヨコワとアオリイカの刺身、対州そば、ところてん、鰹とイカの握り、サザエの壺焼き、鯵の南蛮漬け、カボチャの煮物、焼き肉、メバルの煮付け

7月14日(日)は、朝食を食べてから出動。
最初は小さな波止場でエギエスツー3.5Nオレンジゴールドのアワビシール付をキャスト、足元では反応が無く、沖のボトムからの跳ね上げで500g、連続ダートで浮かせて追い掛けて来させてサイトで300gを乗せた。

エギング釣行記

エギエスツーのオレンジで乗った

エギング釣行記

これは500g

次のポイントも漁港で、私が先程と同じエギエスツーのサイトで300gを乗せると、具志堅さんは3.5Nピンク/イエローゴールドでボトムをネチネチから浮かせて800gをヒットさせた。
更に私はチャートリュースシルバーのアワビシール付300gを乗せたが、ここで昼食休憩で一服する。

エギング釣行記

サイトで乗せた

エギング釣行記

具志堅さんは800gを乗せた

午後の部は護岸のポイントで、エギエスツー3.5Nチャートリュースシルバーをファーストブレイクの沖へキャストして、ボトム寸前から連続ダートで水面までエギを浮かせるパターンで、追い掛けて来た300gを連続ヒットさせた。
次のポイントではピンポイントキャストが必要だが、キャスティングが決まるとボトム近くからの連続ダートさせたエギの後ろから追い掛けて来るアオリイカをサイトでヒットに持ち込んで、300gを3連発。具志堅さんも300gを2連発させた。

エギング釣行記

エギエスツーのチャートリュースでヒット

エギング釣行記

具志堅さんはピンク/イエローで

エギング釣行記

チャートリュースで連発

次のポイントでも300gをサイトで乗せて、エギエスツーβのチャートホワイトシルバーに交換して300gを乗せた。
その次ではエギエスツー3.5Nのオレンジシルバーのシャクリ&フォールで500g、具志堅さんも300gを乗せて、更に次のポイントでも具志堅さんは300gを乗せる。
そして本日最後のポイントでは、私が400gまでを3杯釣って終了となりました。
対馬ではよく見るのだが、トンビが道路に降りていたり、ガードレールに留まっていたりするが、車が近付いても余り逃げないので写真に撮る事が出来る。

エギング釣行記

次はオレンジシルバー

エギング釣行記

エギエスツーβチャートホワイトで

エギング釣行記

具志堅さんはオレンジイエローで

エギング釣行記

トンビが道路に

エギング釣行記

このトンビはガードレールに

宿へ行って汗を流してから、生ビールを飲んで一息ついての夕食は、アラの煮付け、アラの刺身、なす田楽、タコの酢の物、鍋焼きうどん、煮物、アスパラガスのサラダで今夜も焼酎はやまねこを頂きました。

エギング釣行記

アラの煮付け

エギング釣行記

アラの刺身、なす田楽、タコの酢の物、鍋焼きうどん、煮物、アスパラガスのサラダ、アラの煮付け

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ