HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2013年9月6〜7日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2013年9月6〜7日

沖縄ボートゲーム2DAYS(2日目)

7日(土)も東海岸だが辺野古漁港で豊島船長の第2豊仁丸に宮城さんと私、そしておきなわ釣王国のスタッフを乗せて出港。
最初はシャローのリーフや岩が点在するポイントへ入りキャスト開始。
タックルは昨日と同じ3セットを積んでいるが、手にしたのはメインのプロトのエギングロッド82、リールはイグジスト2508PEH、ラインはキャスラインエギングスーパーPEⅡ210の0.8号にリーダーはアイガーⅢスーパーの4号、ルアーはスミスのベイブル70Sである。
キャストしてボトムまでルアーをフォールさせてステディーリトリーブ、そしてボトムまでフォールさせてからのリフト&フォールを繰り返すが反応無し。

 

次は少し沖目のリーフエッジでのナブラ打ちで、サブタックルのプロトのエギングロッド82、リールはイグジスト2508PEH、ラインはキャスラインエギングスーパーPEⅡ210の0.8号にリーダーはアイガーⅢスーパーの4号、ヴァプラックスのペンシルのシンキングをセットするが飛距離が足りないため、ミノージグサージャーに交換してナブラ打ちをする。
何度目かのナブラで宮城さんにヒット、ドラグを鳴らして走るスピードはオニヒラ系っぽい。しかし痛恨のフックオフでバラシ。
その後も小規模のナブラ、大規模のナブラが起こるが、ベイトサイズとマッチしていないのかヒットは無く時間だけが過ぎる。

 

ナブラ打ちを諦めて10~20mラインのリーフや岩場でのタマンとミーバイ系の根魚狙いへとシフトチェンジ。
メインタックルにセットしていたベイブル70Sをサイズアップさせて90Sのグローチャートに交換。キャストしてボトムまでフォールさせてから、ロッド操作でのリフト&フォールで丁寧に誘うと、フォール中にコンッとアタリ。即座にフッキングを入れて浮かせにかかるが、ドラグからラインを引き出すパワーは強く一度根に入られたが、ボートを移動させて無事に取り込んだのは1.8kgで50cmのナガジューミーバイ


エギング釣行記

ナガジューミーバイ(オジロバラハタ)の1.8kgがヒット

パターンが分かれば後は連発モードに突入で、次はオレンジゴールドでクチナジ、グローチャートでクロモンガラと連発。

エギング釣行記

クチナジ(アミフエフキ)がヒット

エギング釣行記

クロモンガラがヒット

続いてヒットしてからのスピードが早くドラグを鳴らして楽しませてくれたのはナンヨウカイワリ

エギング釣行記

ナンヨウカイワリがヒット

サイズこそナガジューミーバイより少し小さかったがヒットしてから根に走るパワーが強く、沖縄で最も高級魚とされるアカジンミーバイ。宮城さんもイシミーバイをヒットさせてダブルヒット。

エギング釣行記

宮城さんにイシミーバイ、私にはアカジンミーバイ

そして他にも次々とヒットしたのはニジハタイシミーバイオジサンエソと同じ魚が釣れず全て違う魚で水族館の様に色取り取りの沖縄の魚と遊んで楽しめた。

エギング釣行記

ニジハタ

エギング釣行記

イシミーバイ

エギング釣行記

オジサン

もちろんヒットパターンを伝えてからの宮城さんも巻き返し、オジサンイシミーバイハンゴーミーバイと連発させた。

エギング釣行記

宮城さんにイシミーバイ

エギング釣行記

宮城さんにハンゴーミーバイ

最後に秋のアオリイカシーズンの開幕を告げる新子狙いでエギエスツーβを数キャスト(たったそれだけ・・)して、宮城さんがエギエスツーβの3.5Nピンクオイルホロでヒットさせて午前中のボートゲームを終了した。

エギング釣行記

宮城さんのミーチャー(新子アオリイカ)で〆

港へ戻ってタックルを全て片付けて車に積んで、昼食にソーキそばを食べてからチョット仕事をして那覇へ移動、那覇空港でフライト迄の時間にもラウンジで仕事をして帰阪しました。

エギング釣行記

こんなパンを食べました

【今回の使用タックル】

その1 ルアー用メイン
ロッド : プロト エギングロッド82
リール : ダイワ イグジスト2508PEH
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEⅡ210 0.8号
リーダー : ユニチカ アイガーⅢスーパー 4号 2m
ルアー : スミス ヴァプラックス、ベイブル、サージャー
エギ : ユニチカ エギエスツーβ(ベータ)3.5N
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※ルアー、エギはスナップをブリンソンノットで接続
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結

その2 ルアー用サブ
ロッド : プロト エギングロッド82
リール : ダイワ イグジスト2508PEH
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEⅡ210 0.8号
リーダー : ユニチカ アイガーⅢスーパー 4号 2m
ルアー : スミス ヴァプラックス、サージャー
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続

その3 ルアー用サブ
ロッド : コータック コンペティションエギ73
リール : ダイワ イグジスト2508PEH
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPE 8 0.8号
リーダー : ユニチカ アイガーⅢスーパー 4号 2m
ルアー : ダミキジャパン 超マウスリン+ワーム
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続

この釣行記の一部はおきなわ釣王国 2013年10月号No.104号に掲載されています。
この釣行記の一部は(株)コスミック出版 アングリングソルト2014年1月号通巻27号に掲載されています。

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ