HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2013年10月12日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2013年10月12日

市民祭宿毛まつり2013 エギング大会

今年の6月に行われた宿毛(すくも)市のエギング大会だが、市民祭宿毛まつり2013の一環としてエギング大会が10月12日(土)に開催され、ゲストとして声を掛けて頂いたためユニチカフィールドスタッフの重見さんと一緒に行って来た。


-市民祭宿毛まつり2013 エギング大会-

○大会日時
 10月12日(土)
○集合場所
 高知県宿毛市 松田川親水公園 宿毛市中央8丁目
○参加費
 【事前振込(保険料含む)】男性/2,000円、女性&高校生以下/1,000円
 【当日払い(保険料含む)】男性/3,000円、女性&高校生以下/2,000円
○大会参加条件
 ★シングル
 ★年齢18歳以上(高校生以下は18歳以上の保護者同伴ならOK)
○大会ルール
 ★エギングによる『胴寸10cm以上のアオリイカ2杯までの総重量』
 ★ショアエギングのみとし、ボート、筏、渡船利用は厳禁

タイムスケジュール
6:00 受付開始(松田川親水公園)
7:00 開会式、ルール説明
7:20 スタート
15:00 会場集合(帰着申請後、随時計量)
15:30 検量締切
15:40 トークショー(重見プロ、杉原プロ)
16:10 表彰式(入賞者は、表彰、賞品あり)
     ジャンケン大会(勝ち残れば豪華な賞品が・・)
     お楽しみ抽選会(ジャンケン大会に敗れてもまだ諦めるな・・)
17:00 集合写真撮影~閉会式~サイン会、写真撮影会~終了

主催 市民祭宿毛まつり実行委員会
共催 宿毛エギング大会実行委員会

 

 

10月11日(金)の夜に自宅を出発して重見さんと合流、江口さん宅で江口さんの車に同乗させて頂いて宿毛市へ向けて出発。

10月12日(土)の5時頃に宿毛市に到着、大会スタッフの梶原さんと合流して朝食を摂りながら打ち合わせ。
そして大会本部がある宿毛市親水公園へ行くと、参加者が続々と集まって受付を行っている。6月の大会とは参加人数が違うが、四国各県を始めとして広島、兵庫、大阪からもお越し頂いたようだ。
7時からの開会式はテレビでもお馴染みの伊丹章さんのMCで行われ、ルール説明、重見さんと私も挨拶をさせて頂いて、大会がスタートした。

エギング釣行記

集まった多くの参加者

エギング釣行記

MCは伊丹章さんで重見さんと私

私達も地元アングラーと一緒に少し遅れてスタートして釣場へ向かったが、道中に車から見える海は風が強く波も高い状態で、まともに釣りが出来るのかが気掛かりである。
案の定最初に着いた漁港では風が強く吹いていて悪い事にほぼ正面からの強風と言うか爆風であるが、取り敢えずタックルを出してみた。
今日のタックルはロッドがプロトの82でリールはイグジスト2508PEH、ラインはキャスラインエギングスーパーPEⅡ210の0.5号エギングリーダーの1.75号エギエスツーβの3.5Nピンクイエローレッドをセットした。
強い風に向かってキャストしても飛距離は出ずに足元から少し先のブレイクが辛うじて狙える程度。それでもボトム近くまでフォールさせて連続ダートで水面まで浮かせても反応無し、次は角度を変えてキャストして同じパターンでアプローチすると、2杯の新子サイズのアオリイカが追い掛けて来た。
風でラインが煽られてエギが手前に押されるだけで無く安定しないため、違和感たっぷりの状態ですぐに抱いてくれないため、何度が打ち直して意地でエギエスツーβより小さい新子のアオリイカを1杯乗せた。

余りにも風が強いため幾らかでもマシなポイントを探して移動。
次は漁港の内側の奥で風は斜め前から強く吹いているが、漁港の内側なので波が立たず何とかなりそうである。
狭い港内の対岸までキャストしても仕方ないので、軽く中央部分の僅かでも深い場所を叩ける様にショートキャストして、ボトム近くまでフォールさせてから水面まで連続ダートさせて浮かせるが反応は無い。次は同じポイントで軽めのダートを3回入れてフォールさせると、微かな違和感を感じたのでロッドを立てて聞き合わせで新子サイズのアオリイカがヒット
続けて同じポイントへキャストを続けると、同じパターンでヒットした。

エギング釣行記

強風に逆らって港内で1杯

エギング釣行記

同じパターンで追加

更に港奥でロープとリーズが絡んだピンポイントへキャストして、水面まで連続ダートさせると2杯の新子が追い掛けて来た。ここで風林火山のマキ名人を呼んで横に付いて実技指導(なんて大袈裟じゃなく)、キャストポイントとダートアクション、フォール、ステイをアドバイスすると、狙い通り2杯の新子アオリイカが追い掛けて来た。
しかし簡単には抱いてくれず、ツンッと突いたり軽く触るだけでアワセを入れる事が出来なかったが、何度目かのチャレンジでフッキングに成功して日中エギング初アオリイカをゲット成功
次のポイントでも粘ってサイトで2杯目ゲットに成功した。

エギング釣行記

風林火山のマキ名人初ヒット

エギング釣行記

マキ名人2杯目もゲット成功

本部へ戻る前に道の駅へ寄ってアイスクリームとかつおの塩たたきチップスを買いました。 そして昼食に地元民お勧めのラーメン屋へ行って、ラーメンとチャーハンのセットに車を運転しない人は生〇〇〇も飲んじゃいました。

エギング釣行記

こんなん買いました

エギング釣行記

ラーメンとチャーハンのセット

14時前に大会本部へ戻るとアオリイカをヒットさせた参加者で検量の列が出来ている。
グッドサイズを揃えている方、2杯揃わなかった方、ノーヒットの方と様々な結果が見られたが、検量に持ち込んだ方は42名であった。

エギング釣行記

参加者が本部前に集まる

エギング釣行記

検量には長い列が出来た

エギング釣行記

レディースの優勝者

エギング釣行記

グッドサイズを持ち込んだ

エギング釣行記

準優勝者

検量を締め切って結果集計が出来るまでの時間に重見さんと私のトークショーを行った。
今回の状況や他のエリアでの様子、持参したタックル等について話、参加者とのQ&Aを行い、集計が出来たとの合図で表彰式となります。

エギング釣行記

トークショー

エギング釣行記

トークショー

表彰式は、伊丹章さんのMCでテンポ良く進み、最初は飛び賞の20位、10位、5位、ちびっこ賞、ビッグ1賞、レディース優勝、レディース参加賞、3位、準優勝、優勝と表彰され、そして上位入賞者の成績は下記となった。

優勝 : 885g
2位 : 850g
3位 : 825g
ビッグ1賞 : 545g

エギング釣行記

飛び賞20位

エギング釣行記

飛び賞10位

エギング釣行記

飛び賞5位

エギング釣行記

ちびっこ賞

エギング釣行記

レディース優勝者

エギング釣行記

レディース参加賞

エギング釣行記

ビッグ1賞

エギング釣行記

3位

エギング釣行記

準優勝者

エギング釣行記

優勝者

エギング釣行記

上位入賞者

続いてお楽しみ抽選会では様々な景品があり、ユニチカも協賛品としてエギエスツー今秋の新製品であるキャスラインエギングスーパーPEJrをプレゼントした。
閉会式では三木運営委員長から締めの挨拶があり、大会の全スケジュールが無事に終了となった。

エギング釣行記

お楽しみ抽選会

エギング釣行記

エギングスーパーPEJrもプレゼント

エギング釣行記

当選者へ手渡し

エギング釣行記

じゃんけんでエギエスツーをプレゼント

エギング釣行記

三木運営委員長から挨拶

エギング釣行記

集合写真

エギング大会の全日程が終了したのでホテルへ向かい、風呂に入って汗を流して重見さんと江口さんと3人でお疲れ様の乾杯。
そして梶原さんがホテルまで迎えに来てくれて、打ち上げ会場の中華料理店へ。
運営委員長の三木さんと今日のポイントガイドをしてくれたメンバーも先に来ているところに我々が合流して生ビールでホントの乾杯。
前菜の盛り合わせ、油淋鶏、回鍋肉、クラゲ、麻婆豆腐、海老玉、炒飯等々で焼酎もいろいろな銘柄を頂きました。

エギング釣行記

前菜の盛り合わせ

エギング釣行記

油淋鶏

エギング釣行記

回鍋肉

エギング釣行記

クラゲ

エギング釣行記

麻婆豆腐

エギング釣行記

海老玉

エギング釣行記

炒飯

エギング釣行記

打ち上げメンバー

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ