HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2013年10月13日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2013年10月13日

愛媛・津島町でボートエギング&根魚

10月13日(日)はホテルを出てファミレスで朝食を食べてから、宇和島方面へ車を走らせて風林火山のマキ名人の所へ寄ってコーヒーを頂いて、昨日の大会とエギング、グレ釣りの話をして、まったりとしてから出発。
由良半島を越えて津島町で船外機付きのボートから山盛りのアオリイカと根魚を釣る目論見である。程なく目的地に到着して準備も早々にボートに乗船、船長は私、アンカーの上げ下ろし役は江口さん、真ん中で○○○を飲むのが重見さんとなって出港。

エギング釣行記

ここから出船

エギング釣行記

こんなボートをレンタル

教えて頂いたポイントへ向けてボートを走らせて、最も近くにある島(と言うか磯)の近くへボートを着けてエギング開始。
タックルは昨日と同じで、ロッドはプロトの82、リールはイグジスト2508PEH、ラインはキャスラインエギングスーパーPEⅡ210の0.5号エギングリーダーの1.75号エギエスツーβの3.5Nピンクイエローレッドをセットした。
ボートが着くと同時に前の2人がキャスト、そして最初のアクションからのフォールで江口さん、続いて重見さんと連続ヒット
私もキャストしてフォールさせてから3回ダートさせてカーブフォールさせるとアタリが出て3人全員のロッドが曲がってトリプルヒット
取り込んでから2ショットの撮影、ボートの生簀にアオリイカを入れようとした瞬間に墨をプシュ~~と吐いて直撃。
直撃されたのは私(T_T)、墨を吐かせた犯人は江口さんである。
私は釣りを中断して墨を洗い流す作業に・・・・・。

エギング釣行記

舳に江口さん、手前が重見さん

エギング釣行記

ファーストキャストで江口さんと重見さん、私と全員にヒット

エギング釣行記

次の瞬間イカがプシュ~~(T_T)

エギング釣行記

犯人はこの人です<`ヘ´>

このトリプルヒットで爆釣とボート屋で言われた事が現実的と思ったのだが現実は甘く無く、エギの後ろからアオリイカが追い掛けて来るものの距離を詰めずに見てるだけ・・・
後で感じたのは我々より先に何艘かのボートが出ているため、当然先に叩かれている筈で反応が悪いのも当然かも知れない。
それでも目に見えるポイントをランガンしてアオリイカを何杯かヒットさせたが、イマイチ感があるので路線変更をして魚狙いにシフトチェンジ
重見さんはバイブレーションで狙うがヒットするのはエソ

エギング釣行記

江口さんにヒット

エギング釣行記

重見さんにエソがヒット

まったりとしたタイミング早目の昼飯タイムにしたり、釣ったアオリイカの船上干しを作ったり、もちろん捌いて干すのは重見さんの役目である。 ポロポロとアオリイカを釣ったりするが、連発は無く更にシフトチェンジ。

エギング釣行記

アオリイカの船上干しを作る

エギング釣行記

ポロッと釣れたり

今度は本格的に魚狙いに変更して、重見さんはまうすりん、江口さんはジグヘッドにワーム、私はマウスヘッドにワームをセットしてキャストした。
結果は重見さんにガシラ、江口さんはガシラを連発させたが、私はアタリを捉えるがヒットさせられなかった。

エギング釣行記

重見さんにガシラがヒット

エギング釣行記

江口さんにもガシラがヒット

エギング釣行記

江口さんガシラ連発

更に次の作戦として深場での真鯛狙いでビッグマウスを全員セットした。
ここで私は作戦ミスをしてしまった・・・
タックルを大鯛狙いのキャスラインエギングスーパーPEⅡ210の0.8号を巻いたセットに持ち替えたのだ。
重見さんと江口さんはキャスラインエギングスーパーPEⅡWHの0.5号を巻いたエギングタックルのままでビッグマウスをセットしたが、水深が40~50mで潮流は余り無いが風が吹き出したためボートが予想以上に早く流されてしまう。こうなるとラインの太さの違いは歴然とするため、重見さんにはチダイが連発ヒットとなった。

エギング釣行記

重見さんにチダイがヒット

エギング釣行記

重見さんチダイ連発

底取りのためにラインが流されて余分に出てしまうため、ウエイトの重いビッグマウスに交換してボトムからリトリーブすると、やっとコンコンとアタリが出てロッドティップが入った時に合わせを入れ、フッキングも決まり気持ち良くロッドが絞り込まれてドラグを鳴らしてラインを出される。
しかし水面に浮いて来たのは何と70cm近いビッグエッソーで力が抜けてしまった(T_T)

エギング釣行記

ビッグエッソー

エギング釣行記

この口で一飲み

一方沈黙していた江口さんもフッキング。
バットから大きくロッドは曲がって、ドラグが鳴ってラインも出されている。
これもビッグエッソーだよとからかっていたが、水面に浮いたのは本命の真鯛である。
取り込んで検量したのは、60cmオーバーで3kgの立派なサイズであった。
これで終わらずに重見さんが次の本命であったイトヨリをヒットさせて、夕日が沈む前に終了としました。

エギング釣行記

江口さん60cmオーバーの真鯛をヒット

エギング釣行記

重見さんはイトヨリを釣った

エギング釣行記

海に沈む夕日

港へ戻ってタックルを片付けて、次の目的地はうどん県のお好み焼き屋ペペである。
香川県と言えば親鳥のもも焼きが食べたくなるので、重見さんがリクエスト、そうです強くリクエストをしました。
予定より遅くなってペペに到着、既に待っていたメンツはフライングで生ビールを飲んでいる。早々に合流して生ビールで乾杯、もも焼きをパクついて、野菜炒めを食べて、焼きそばも頂いて、遅くまで楽しく過ごしました。
翌朝はうどん県なので朝うどん、私は穴子天も一緒に頂きました。
そして四国を後にして帰途につきました。

エギング釣行記

一鶴のもも焼きと生ビール

エギング釣行記

野菜炒め

エギング釣行記

ひとりにひとつずつ

エギング釣行記

朝うどんに穴子天

おまけ
市民祭宿毛まつり・花火大会は予定通り10月13日(日)に行われました。
約4,000発の花火が打ち上げられ、レーザーを使った演出もあり多くの屋台も出て、昨年を上回る見物客があったそうです。

エギング釣行記

エギング釣行記

エギング釣行記

【今回の使用タックル】

その1 エギング用
ロッド : プロト エギングロッド82
リール : ダイワ イグジスト2508PEH
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEⅡ210 0.5号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー 1.75号 2m
エギ : ユニチカ エギエスツーβ3.5N
     エギエスツー3.5S
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

その2 ルアー用
ロッド : プロト エギングロッド82
リール : ダイワ イグジスト2508PEH
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEⅡ210 0.8号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー 2.5号 2m
ルアー : ダミキジャパン 超まうすりん、ビッグマウス
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ