HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2013年10月19、20日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2013年10月19、20日

和歌山県での「第2回ラブ太平洋串本エギング大会」

本州最南端の和歌山県東牟婁郡串本で開催された「第2回ラブ太平洋串本エギング大会」に、10月19日(土)~20日(日)までユニチカフィールドスタッフの重見さんと行って来た。
今大会は主催が串本町観光協会、後援が串本町、公益社団法人和歌山県観光連盟、串本町商工会、古座観光協会、特別協力は海神イカゲルゲ、他に協賛多数というイベントである。

去年に続いて2度目の開催であったが、台風の接近に伴い天気は荒れて強風波浪注意報が和歌山県南部に発令されていたため、19日の朝に串本入りする予定を変更して主催者サイドからの連絡待ちで自宅待機。そして19日の正午過ぎに連絡があり実施する決定がされたため、重見さんと江口さん達に合流して串本へ向かった。
夕方に串本のホテルに到着したが、波は3mで強風が吹いて雨も時折強く降る悪天候のため、誰もロッドを手に釣場へ向かう者は無く、部屋で0.5次会のために飲み物とつまみが用意されて、缶ビールを適当に飲んで待ち合わせ時間となりました。
そして一緒に来た江口さん、重見さんと合流した豊島さん、西田さん、そしてイカゲルゲのメンバーの川本さん、鬼頭さん達との食事会では、ブリの刺身、もつ鍋、ポテトサラダとウツボの珍味も焼酎で頂きましたが、どれも美味しかったで~す。
食事会が終わってホテルに戻って2次会が行われたのは当然の流れで、余り遅くならない程度に終了しました。

エギング釣行記

ブリの刺身

エギング釣行記

もつ鍋

エギング釣行記

もつ鍋の完成で~す

エギング釣行記

もつ鍋は焼酎で頂きました

エギング釣行記

ポテトサラダとウツボの珍味

エギング釣行記

イカゲルゲのメンバーと食事会

20日は早朝4時過ぎにホテルを出発、大会本部である串本町の串本漁港(串本消防署裏)へ行くが、雨のために急遽大会本部が冷凍庫の軒下へ設けられていて、既に多くの参加者が受付の列を作っていた。
5時から開会式を行い、ルール説明、そして5時10分にスタート。
大会の詳細は下記の通り。

第2回ラブ太平洋串本エギング大会
【主催】
串本町観光協会
【後援】
串本町、公益社団法人和歌山県観光連盟、串本町商工会、古座観光協会
【特別協力】
海神イカゲルゲ
【協賛】
釣具メーカー、釣具店など多数

【大会本部】
和歌山県東牟婁郡串本町 串本漁港(製氷所軒下)
【参加費】
大人(男性)1,500円/大人(女性)1,000円/中学生以下1,000円
【表彰】
・男性の部/1位~3位 ・女性の部/1位~3位 ・子供の部/1位~3位
【審査方法】
アオリイカ2杯の総重量(同重量の場合は申し込み受付順)
エギングであれば、オカッパリ、ボートエギング、渡船利用の沖磯など特に制限なし
【参加申込】
事前にメールがFAXにて行う
【告知】
串本町観光協会のホームページ、紀伊新報、他

タイムスケジュール
4:30  受付開始
5:00  開会式、ルール説明
5:15  スタート
11:00 帰着受付、検量開始
12:00 帰着受付、検量締切
12:30 トークショー
13:00 表彰式、ビンゴ大会、ジャンケン大会、記念写真、サイン会、閉会式
15:00 大会終了

参加者がスタートしてからスタッフと本部で打ち合わせと雑談、朝食を頂いてからポイント見回りに出発。しかし雨が降り続いているのと波も高く風も強いため、江口さんは数ヶ所のポイントでエギングタックルを手にしてキャストしているが、重見さんと私は心が折れたままでロッドにラインを通す事無く見回りを終了した。

エギング釣行記

雨の中でヒット

エギング釣行記

雨でも頑張る

本部に戻りスタッフと打ち合わせをしていると参加者がポツリポツリと戻って来て、帰着時間になると続々と戻って来て帰着申告と検量の列が出来た。
悪天候で正直余り釣果は期待出来ないと思っていたのだが、実際には驚きのサイズが持ち込まれたのである。

エギング釣行記

大会の主催、後援、協賛、協力の各社

エギング釣行記

帰着と検量の列

エギング釣行記

検量は思ったよりも多かった

エギング釣行記

釣り上げたアオリイカが持ち込まれる

エギング釣行記

司会進行は大野寿美さん

エギング釣行記

5位の1,100g

エギング釣行記

3位の1,290g

エギング釣行記

優勝の1,980g

帰着締切時間となり続いて重見さんと私の2人でトークショーを行ったが、こちらから話すだけでは無くQ&Aの時間も設けて可能な限り分かりやすく話をさせて頂いた。

エギング釣行記

特設ステージで重見さんと私

エギング釣行記

重見さんと私でトークショー

そしてお待ちかねの表彰式となり、一般の部の優勝者は何と1杯で1,980gを持ち込んだのである。そして2位、3位が表彰され、続いて女子の部、ジュニアの部と表彰された。
表彰式の次はビンゴ大会で地元の特産品や協賛品の数々を手にして喜びの顏。
全員で集合写真の撮影に続いて、サイン会を行い、全てのスケジュールが無事に終了しました。

鬼が聞いたら大笑いすると思いますが、既に2014年のスケジュールも決まっています。
重見さんと私もゲストとして声を掛けて頂いています。
今年と同時期の10月に「第3回ラブ太平洋串本エギング大会」が開催予定なので、串本町観光協会のホームページを時々チェックして、詳細が発表されたら参加申込をして下さいね。

エギング釣行記

一般の部の成績表

エギング釣行記

女子の部の成績表

エギング釣行記

ジュニアの部の成績表

エギング釣行記

一般の部の上位入賞者

エギング釣行記

ビンゴ大会で盛り上がる

エギング釣行記

大会参加者とスタッフ

第2回ラブ太平洋串本エギング大会結果

◆大会人数
大会申込人数 213名
大会参加人数 132名(一般109名、女性11名、ジュニア12名)
和歌山県内 72名
和歌山県外 60名

◆大会結果(アオリイカ2杯までの重量)
一般の部
1位 1,980g
2位 1,410g
3位 1,290g

女性の部
1位 620g
2位 490g
3位 470g

ジュニアの部
1位 1,020g
2位 440g
3位 380g


【今回の使用タックル】

その1 エギング用
ロッド : プロト エギングロッド82
リール : ダイワ イグジスト2508PEH
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEII210 0.5号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー 1.75号 2m
エギ : ユニチカ エギエスツーβ 3.5N
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

その2 エギング用
ロッド : エギングロッド プロト82
リール : シマノ ステラC3000S
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEIIWH210 0.5号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー 1.75号 2m
エギ : ユニチカ エギエスツーβ 3.5N
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ