HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2014年4月17日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2014年4月17日

恒例の種子島でのデカイカ狙い釣行!(1日目)

今年も恒例の種子島へのデカイカ狙いに4月17日(木)~20日(日)の日程で出発した。
17日(木)の朝に伊丹空港に集合したメンバーは、釣友であり今年の3月に三木市にオープンした釣魚料理・時逢(じあい)の社長の藤田さん、専務の岡村さん、相談役でユニチカフィールドスタッフの重見さん、そして石原さん、糀谷さんと私の6人。
荷物を預けてチェックインを済ませてから朝食、私は空港までの車中で食べたので飲み物だけ。しかし何と4人が朝カレーでカツカレーも、そして生○○○も飲んでいる。
伊丹空港から鹿児島空港までは定刻のフライトであるが、種子島空港までの乗り継ぎまで時間が長くて待っていると、東京からの高橋さんが合流して今回のメンバー7人全員が集合した。
そして11:00発の便で種子島へのフライトも定刻通りで到着、2台のレンタカーに分乗して西之表市内へ移動。昼食は重見さんのリクエストでラーメン屋へ行って、私はチャーシューメンを頂きました。運転手の2人を除いた5人で昼から頂く○○○は美味い。

エギング釣行記

鹿児島空港から種子島行きに乗り継ぎ

エギング釣行記

種子島空港へ到着

エギング釣行記

いつものお出迎え

エギング釣行記

昼食はチャーシューメン

食後にホテルへ行って送っていた荷物を受け取り、タックルを車に積み込んでフィッシングラッキー種子島へ行き、代表の篠田さんと一年振りの再会。
手配して頂いていた渡船で14時に通称ロケット灯台と呼ばれている西之表港の沖一文字へ渡り、タックルのセッティング。

エギング釣行記

初日の午後は通称ロケット灯台(西之表港沖一文字)へ渡った

エギング釣行記

これがロケット灯台の名前の由来

私のエギングタックルは、ロッドがエバーグリーンのスキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82のプロト(釣行時は発売前のため)、リールはステラ3000HGM、ラインはキャスラインエギングスーパーPEII210 の0.5号エギングリーダーの1.75号エギエスツーβの3.5Nをセットした。

重見さんはショアジギタックルをセットしてペンシルベイトをキャスト、岡村さんと石原さんは磯竿をセットしてグレ狙いで撒き餌と同調させてウキを流す。
藤田さんと糀谷さん、高橋さんはエギングタックルをセットしてキャスト開始。

様々な立ち位置からキャストを続けていた糀谷さんが最初にヒットさせた。
エギ番長をボトムでアクションさせてからのフォールでラインが止まるアタリで乗って来たそうで、1.05kgのアオリイカである。

エギング釣行記

糀谷さんにヒット

エギング釣行記

糀谷さんのエギ番長にアオリイカの1.05kgがヒット

これで連発モードかと思って気合を入れてキャストを続けたが、アオリイカの反応は無くチョット休憩。
エサ釣り組の様子を見ていると、岡村さんにヒット。
一気に抜き上げたのはモハミと言われるブダイである。(写真無し)
暫くして岡村さんにもヒットして、同じように抜き上げたのは黄色のヒブダイ。(写真無し)

次はショアジギタックルでジグをキャストしていた重見さんにヒット。
ニコニコしながら抜き上げたのはグッドサイズのスジアラ
しかし重見さんのヒットからアタリが止まり退屈な時間が続いたので、私はエギを外してベイブルをセットして魚狙いにシフトチェンジ。
防波堤沿いや沖目の表層、中層、ボトムと様々なレンジと距離を探るが反応が無い。
そして内向きの防波堤沿いにキャストしてボトムまでフォールさせて、ボトムでリフト&フォールに待望のヒット。
フッキングと同時にドラグを鳴らしたが、強引に巻き上げて見ると・・・長い・・・ヤガラである。
抜き上げたのは110cmのヤガラで、ここでは小さい方のアベレージか。

エギング釣行記

重見さんのショアジギロッドを曲げたのはスジアラ

エギング釣行記

私のベイブルにはメーターオーバーのヤガラ

次にヒットさせたのは藤田さんで、ドラグ音が鳴り響きロッドが大きく絞り込まれている。
注目の中で浮いて来たのはアカバラ(ヒレナガカンパチ)の2.75kgである。
ショアジギロッドでビッグマウスをキャストしてボトム狙いから早巻きに替えてヒットしたそうである。

エギング釣行記

藤田さんはヒレナガカンパチの2.75kgをヒットさせた

エギング釣行記

カンパチはビッグマウスにヒット

夕方の地合いが来るかと思ったが、潮流は早くなる一方で流れる向きも風向きも悪いため、暫く頑張って撤収しました。
ラッキーに寄って釣れたイカは冷凍庫に入れて頂き、魚はクール便で時逢へ送り、ホテルに戻って夕食はお気に入りの居酒屋へ予約の電話。

居酒屋で最初のオーダーは生ビール、そして刺身の盛り合わせ、亀の手、安納イモの天ぷら、キビナゴの一夜干し、鳥の唐揚げ、つけ揚げ(さつま揚げ)、鳥の塩焼き、サラダ、ビールの次はチューハイや焼酎ですが、私は屋久島の焼酎の三岳を頂きました。

エギング釣行記

刺身の盛り合わせと亀の手

エギング釣行記

安納イモの天ぷら

エギング釣行記

キビナゴの一夜干しと野菜サラダ

エギング釣行記

鳥の唐揚げ

エギング釣行記

つけ揚げ(さつま揚げ)

エギング釣行記

サラダ

エギング釣行記

鳥の塩焼き

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ