HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2014年4月19、20日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2014年4月19、20日

恒例の種子島でのデカイカ狙い釣行!(3、4日目)

3日目の19日(土)もボートエギングで昨日とは逆の東寄りの風が強く、波も高くなる予報なので、船長は夜に船を本来の港である西海岸の西之表港へ回してくれて、午前8時に集合した。
天気はくもり、最高気温は22.4℃、最大風速は9.1m、瞬間最大風速は14.6mと強い東寄りの風が吹いた。
今日は昨日と同じ2セットのタックルで、サイズアップが目標である。
予定通り8時過ぎに出船して最初のポイントへ向かう。

エギング釣行記

今日は西海岸狙いで出船

ポイントに到着したが波が高く風も強いため私は様子見で待機。
船の揺れが大きく釣りをしている者を見ているだけで辛そう。
見ているだけの私も辛く、加えて今日は船酔い止めの薬が無くなって飲めなかったため、ダウン気味と言うより殆どダウン状態。
高橋さんもダウン寸前である。

最初のポイントは、ひと流しで断念して風裏になる岸近くへ移動。
次は波が小さく風で多少船が流される程度で釣りがしやすいため、私もタックルを手にしたが反応が無く、船長はポイントを何ヶ所も回ってくれる。
最初の反応を捉えたのは重見さんであるが、上がって来たのはモンゴイカ
次は得意のビッグマウスでオオモンハタをヒットさせた石原さん。
そしてモンゴイカをヒットさせた糀谷さん。

以上、終了。

何と高橋さんと私の2人は、殆どロッドを握る事無く終了。
他のメンバーはロッドを離さず頑張っていたが、夕方までアオリイカのヒットは一度も無く、何ヶ所も船長はポイントを回ってくれたが空振りであった。

エギング釣行記

石原さんのビッグマウスにオオモンハタ

エギング釣行記

今回の私のタックルとエギエスツーβ

ホテルへ引き上げてシャワーを浴びてひと休みをして、本日の夕食はフィッシングラッキー種子島の篠田さんの手配による、地元アングラー達との懇親会である。
懇親会の会場に集まったのは総勢20名程で、豪華料理と熱心なアングラー、そしてお姉さん。
一次会が終了して二次会へと殆どの参加者が流れて、賑やかに楽しく情報交換をしました。

エギング釣行記

懇親会の豪華料理

エギング釣行記

今回のメンバーと地元アングラーとお姉さん

エギング釣行記

懇親会の参加者達

最終日の20日(日)は雨模様で、のんびりとホテルを出発して朝食はファミリーレストラン。
スーパーをランガンして焼酎とお土産の買い出しをして、ラッキー種子島へ行って預かって頂いていたアオリイカと魚を引き取って宅急便で発送。
昼食はチャンポンを食べて、予約している帰りの便まで時間があるので強い風を避けられるポイントへ行って様子を伺う。
ここで糀谷さんはタックルを取り出してシャクリ出した。
車の中から見ていたが、ふと気が付くと慌ただしい動き。
何と1kgのアオリイカをヒットさせた様で、エギエスツーβの3.5Nピンクホロマーブルをキャストしていると、後から追い掛けて来たので打ち直して乗せたそうである。

エギング釣行記

昼食はチャンポン

エギング釣行記

最後の昼食のはずが・・・

エギング釣行記

爆風と雨の中でもキロアップを乗せた糀谷さん

そして種子島空港へ行って帰りの便の手続きをするべく待っていると、最悪の最終便は悪天候のため欠航とのアナウンスが流れた。
そこで明日の朝1便に振り替えて、ホテルに電話して追加の1泊とレンタカーの予約をして西之表市へ逆戻り。
こうなったら慌てても仕方が無いので、今夜の居酒屋を予約して部屋で休憩。
追加の夕食は仕方が無いけど乾杯の一杯。
オーダーしたのは、地タコとカンパチ、ハガツオ等の刺身盛り、キビナゴの一夜干しと玉子焼き、大好きなモハミ(ブダイ)の姿揚げ、ジャコと大根のサラダ、シーザーサラダ(と野菜サラダとサラダ大好き人間が居る)、これはヤケ酒?ではなく普通にオーダーした一升瓶。
さすがに今夜は早目に部屋へ引き上げました。

エギング釣行記

地タコとカンパチ、ハガツオ等の刺身盛り

エギング釣行記

キビナゴの一夜干しと玉子焼き

エギング釣行記

大好きなモハミ(ブダイ)の姿揚げ

エギング釣行記

ジャコと大根のサラダ

エギング釣行記

これはヤケ酒?

明けて21日(月)は全員で朝食を食べて荷物を片付けて空港へ出発、その直前に予約した朝1便が欠航の連絡が入る。
急いで空港へ行くと霧のため欠航で、次の便への振り替えと思ったが、次の2便の運航も天候調査中で危ないとの事。
相談の結果、鹿児島空港から伊丹空港への便だけ振替えて、種子島空港から鹿児島空港への便は払い戻して、西之表港からトッピーで鹿児島港へ渡って、鹿児島港からタクシーで鹿児島空港へ移動するルートを選択した。
ロッドケースや他の荷物も宅急便で送って身軽にして西之表港へ行き時間待ち、そして定刻通りに西之表港を出港したトッピーで鹿児島港への移動中、何気なくチェックしたら2便は少し遅れで種子島空港を飛び立った様で、我々が鹿児島港へ着いた時には既に鹿児島空港へ着いていたらしい・・・
タクシーで時計と睨めっこをしながらギリギリに鹿児島空港へ着いて、空弁を買って何とか帰阪出来ました。

エギング釣行記

西之表港からトッピーで鹿児島港へ

エギング釣行記

三木市にオープンした釣魚料理 時逢

【今回の使用タックル】

その1 エギング ショア、ディープ用
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ インペリアル テクニマスター82プロト
リール : シマノ ステラ3000HGM
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEII210 0.5号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー 1.75号 2m
エギ : ユニチカ エギエスツーβ 3.5N
         ユニチカ エギエスツー 3.5D、3.5DD
シンカー : 8~20号を水深と状況によって使い分け
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

その2 エギング ディープ用
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ インペリアル プロト80
リール : シマノ BB-XハイパーフォースC3000D Type-G
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEII210 0.5号
リーダー : ユニチカ キャスラインエギングリーダー 1.75号 2m
エギ : ユニチカ エギエスツーβ 3.5N
シンカー : 8~20号を水深と状況によって使い分け
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ