HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2014年4月30日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2014年4月30日

恒例のGW対馬遠征!(3日目)

30日(水)は前夜にハセキンと約束したので朝練。
予定より少し遅れて6時前に全員集合、エギングタックルの準備である。

ロッドがプロトの82、リールはステラ3000HGM、ラインはキャスラインエギングスーパーPEⅡ210の0.5号エギングリーダーの1.75号エギエスツーβの3.5Nピンクイエローレッドをセットした。

宿のすぐ横からスタートしてシャローエリアからのブレイク、点在する岩や海藻を狙ってキャスト。
早いペースでチェックして漁港に到着、防波堤の先端周辺には先客が数人居てシャクッている。
私は防波堤の根元近くからブレイク狙いでキャスト、ボトム近くまでフォールさせてダート&フォールを繰り返し、近くで水面まで浮かせるが反応が無いので護岸部分へ移動。先ずはチョイ投げでチェック、次は遠投して底を取ってチョンチョンとスラックジャーク、次は3回ダートさせてからのカーブフォールでツンッと分かりやすいアタリが出た。
フッキングさせると乗って少しドラグを鳴らしたが、その後は重いだけ・・・
もしかしたら・・・長い距離を巻き上げて浮いたのは・・・キロアップですが丸い奴でした(T_T)

エギング釣行記

朝練はマルのキロアップ

宿へ戻りながら同じポイントをサラッとチェックしていると、海藻のアウトサイドエッジ狙いで何やら追い掛けて来ている様に見えた。アオリイカならばキロアップは確実なので、再度同じコースをトレースすると、やっぱり僅かながら反応するアオリイカの姿が見える。
これは頂きと数キャストしたものの抱かせる事が出来ず、後から来たハセキンにバトンタッチ。しかしハセキンもヒットさせられず朝練は終了。
宿に戻って朝食を頂いて荷物を片付けてチェックアウト。
そして寄り道をしてから港へ行って帰り掛けの駄賃狙いのエギング。
流石に地元の強みを発揮してハセキンがエギエスツーβの3.5Nオレンジイエローレッドヒットさせた。
実はこの時我々3人は、ハセキンに背を向けて車の中のタックルを整理していたので気が付くのが遅れたのだが、何とヒットしたアオリイカの後ろから2杯の2kgクラスが追い掛けて来ていたのだ。何度も呼んでくれて漸く気が付いてタックルを手に駆け寄ると、ヒットしたアオリイカの後ろに1杯見えたので即キャスト。サイトで狙ったが時既に遅く反応しないまま消えてしまった。

エギング釣行記

ハセキンがグッドサイズを乗せた

その後も暫く狙って見たが、全く反応が無いのでほか弁を買ってフェリー乗り場へ移動。
対馬行のフェリーが来るまでに弁当を食べたのだが、今日の午前中勝負の敗者である具志堅さんが午後からの運転手なので、私と久保山さんは魔法の水をプシュッと頂いたのは言うまでも無い。そしてフェリーの中でも2人は魔法の水、具志堅さんはソフトドリンクでおつまみである。

定刻に対馬の厳原港に入港してスーパーへ買い出しに行き、氷と魔法の水等を入手して最初のポイントへ向かう。
タックルは壱岐で使っていたそのままで、ロッドがプロトの82とリールはステラ3000HGMで、エギエスツーβの3.5Nオレンジスギレッドをセットしてキャスト開始。
動ける範囲のポイントを早いペースでチェックしたものの反応が無いため次へ移動。

3人で並んでキャスト開始。
そしてファーストキャストで具志堅さんにヒット。
ドラグを鳴らして走るパワーは2kgアップか?
続いて私にもヒット。
この時点でダブルヒット。
しかし具志堅さんのロッドが跳ね上がり、無念の身切れをしたのかバラシ。
回収しようとした具志堅さんのエギの後ろにアオリイカの姿が・・・
私にヒットしたアオリイカの後ろから追い掛けて来たと思える2kgクラスが見える。
サイトで狙って触腕を伸ばし足を広げて抱き込んだかな?と思った瞬間にフッキング・・・スカッと空振りでサイト失敗。
何と2kgクラスを2杯バラシからスタートの具志堅さん・・・
沈黙していた久保山さんがいきなりフッキング、綺麗にロッドが弧を描いて絞り込まれた。
ここで具志堅さんがギャフ係となって掛かりが浅かった私のと久保山さんの2杯を取り込んで検量すると、私のは700g、久保山さんのエギエスツーβの3.5Nはピンクホロマーブルにヒットしたのは1.75kgとまずまずのサイズである。
その後も連発を狙うが反応が無いため、エギエスツーβのオリーブゴールドに交換すると、即アタリが出て、1.5kgを獲って本日の釣りを終了した。

エギング釣行記

対馬のファーストヒットは700g

エギング釣行記

久保山さんには1.75kg

エギング釣行記

仲良くダブルヒットでした

エギング釣行記

オリーブゴールドで1.5kg

宿について急いで風呂に入りビールで乾杯。
今夜のメニューは刺身がヒラマサ、ブリ、サバ、アオリイカ、剣先イカの煮付け、ニナ貝とニタ貝、握り寿司、自家製さつま揚げ、鍋はブリしゃぶで、焼酎は対馬のやまねこを頂きました。

エギング釣行記

夕食の刺身、剣先イカの煮付け、ニナ貝とニタ貝、握り寿司

エギング釣行記

鰤しゃぶ鍋

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ