HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2014年5月1日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2014年5月1日

恒例のGW対馬遠征!(4日目)

5月1日(木)も朝練に出発、今日のタックルは昨日と同じロッドがプロトの82とリールはステラ3000HGMで、エギエスツーβの3.5Nピンクスギゴールドをセットした。
ヒットさせたのは具志堅さんで、バラさずに取り込んだのは1.3kgエギエスツーβのオレンジホロマーブルで乗せた。
ヒットが続かないため少し動いたポイントで、私がエギエスツーβのオレンジスギレッドをショートキャスト。少しフォールさせて水面まで連続ダート、狙い通りにエギの後ろに見える黒い影。ピックアップしてキャスト、少し長めのフォールから3回ダート~フォールで600gがヒット

エギング釣行記

具志堅さんの朝練は1.3kg

エギング釣行記

私の朝練は600g

朝練はこれで終了して朝食を食べに宿へ戻る。
朝食は焼き魚、玉子焼き、きんぴらごぼう、冷奴、あおさの味噌汁。
ゆっくりと頂ける朝食はプライベート釣行ならでは・・・いや・・・取材でもゆっくり食べているかな?

エギング釣行記

朝食は焼き魚、玉子焼き、きんぴらごぼう、冷奴、あおさの味噌汁

朝食後に行ったのは今回狙っていたポイントであるが、直前の雨の影響なのか濁りが出ていて何となくNGな感じ(^_^;)
しかし具志堅さんがエギエスツーβのピンクオレンジクリアー800gを乗せた。
これは見た目と違って連発かなと思って気合を入れたものの、結果は単発ヒットだけで移動となった。

エギング釣行記

具志堅さんに800g

次のポイントはロングドライブが必要で、尚且つ途中で早目の昼食タイムとなるため、この時点で今日の午前中勝負は久保山さんの負けが決定となりました。
今日の昼食は負けた久保山さんが焼き豚炒飯、勝った私と具志堅さんは特製チャンポンとビールを頂きました。

エギング釣行記

昼食は焼き豚炒飯

エギング釣行記

勝利の特製チャンポンとビール

食後に入ったポイントは漁港だったが、全く反応が無いので次へ移動。
次も漁港で浅くて藻が見えている。
ここでは浮いていた300gエギエスツーβのピンクイエローレッドのサイトで乗せたが、他に反応が無く移動。
途中で2人共行った事が無かったので野生生物保護センターに寄り道。
ツシマヤマネコが保護、飼育されているので開館時間内であれば見る事が出来る。
今日のツシマヤマネコはずっと止まる事無くうろうろと動いていた。

エギング釣行記

ツシマヤマネコ

エギング釣行記

ツシマヤマネコ

寄り道ばかりで時間が掛かったが次のポイントに到着。
地磯で今年は藻が多い様で期待出来そうだ。
ここではエギエスツーβの3.5Nピンクホロマーブルのシンカーに穴を開けてスローフォールにチューニングして使用。
藻のインサイド、アウトサイドエッジにショートキャストして細かくチェック、そして沖に見える藻のエッジもチェック、更にボトムに生えている藻の上っ面を探っているとフォール中にラインを引き込むアタリで1kgが乗って来た。
更に300gも追加したが、サイズアップが出来ずに戻る事にする。

エギング釣行記

これは1kgでした

宿へ引き上げようかと思ったが、少し時間が早いので気になるポイントへ寄り道。
広範囲を歩いてチェックしたが徒労に終わって車に戻ろうかと思ったその時・・・
アレッ・・・足元近くの水際の岩のスリットを動くものが・・・次の瞬間、ギャフを取り出してザクッ。・・・お土産が落ちてました(^o^)v

宿に戻ると玄関先にご主人と奥さんが居て、お土産を手渡して料理して頂けるか伺うと、気持ち良く了解して頂いた。
汗を流して夕食のテーブルに並べられたのは、刺身がヒラマサ、イサキ、タコと生タコ刺身盛り、サザエの壺焼き、トビウオの酢の物、サラダ、生タコ刺身盛りは釣場で拾ったお土産の1.5kgのタコ、クロの煮付け、対州そば、焼酎はやまねこを飲んでしまったのでこっぽうもんを頂きました。

エギング釣行記

夕食は刺身がヒラマサ、イサキ、タコと生タコ盛り、サザエの壺焼き、トビウオの酢の物、サラダ

エギング釣行記

生タコ盛りは釣場で拾ったタコで

エギング釣行記

クロの煮付け

エギング釣行記

対州そばとこっぽうもん

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ