HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 2014年6月13日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2014年6月13日

出雲でのスロージギング&タイラバ「第2弾」

6月13日(金)の深夜に釣友の具志堅さんと合流して島根県出雲市へ向かって出発、早朝に幕島渡船に到着。暫くすると沖磯へ渡る一番船がお客さんを乗せて出発して行ったが、エギングのお客さんは地方の磯なので良いが、沖の磯はうねりと波、風が強いため渡船は中止らしい。
我々は若船長の船でジギング&タイラバの予定だが、西の風と波で出船は出雲の築港からと言う事で来た道を引き返して、タックルをセットして沖へ出た。
メンバーは具志堅さんと私の2人で6時前に出港、同じくジギングでもう一艘別の船が2人のお客さんを乗せて出港した。

今日のタックルは、ジギング用がテイルウォークのソルティシェイプのライトジギングC63/120、リールもテイルウォークのエランワイドパワー71BR、ラインはユニベンチャー1ライトジギングの1.5号、リーダーはシルバースレッドショックリーダーFCの25lbで、ジグはダミキジャパンのバックドロップ100g、130g、160gを使用。

タイラバ用はロッドがカンジインターナショナルのカトラスマスター58、リールはテイルウォークのエラン73HR、ラインはキャスラインエギングスーパーPEII210の0.8号、リーダーはアイガーIIIスーパーの4号を3m、タイラバはダミキジャパンのビッグマウスの60g~100g、ジグも同じくダミキジャパンのバックドロップの100g~160gを用意した。

そしてもう1セット同じロッドで、リールはテイルウォークのエラン73HL、ラインとリーダーは同じで違うのはリールのハンドル。右巻きと左巻きを腕や手首が疲れたり痛くなった時に持ち替える私のシステムである。

築港を出た途端にうねりと波でボートが大きく揺れ、先週に釣れたポイントへ行くにもボートはスローにしか進めないため時間が掛かる。
勿論大揺れでスローに行ってもらわないと体を支えているだけでもキツイ。
最初のポイントは余り沖へはうねりと波で行けないため近くから入る。

手にしたタックルはカトラスマスター58にエラン73HRをセットしたタイラバ用で、ビッグマウスの60gのグリーンを落とし込む。
具志堅さんも同じロッドでビッグマウスの60gのグリーンと同じカラーでスタート。

ボトムまで落とし込んで巻き巻き~巻き巻き~フォール~巻き巻き~巻き巻き~フォール~巻き巻き~巻き巻き・・・アタリ無し・・・。

暫くアタリが無い時間が続いていたが、船中最初のヒットは具志堅さんでボッカ(カサゴ)
このヒットからは私にもボッカ、若船長にもボッカ、更に具志堅さんにもボッカとポロポロとヒットが続く。 ⇒ 船の揺れが大きいので写真無し
ボッカはリリースサイズから贅沢煮付けサイズ~刺身サイズも混じった。

朝食のおにぎり弁当を届けてもらったので暖かいうちに食べたのだが、私も具志堅さんも少し船酔い気味で、おにぎりを1個だけ食べてロッドを手にする。
そして8時過ぎに若船長のロッドが大きく絞り込まれた。
やっと本命のお出ましで、ピンクのビッグマウスにヒットしたのはグッドサイズのアカミズ(アコウ)

エギング釣行記

幕島の若船長にグッドサイズのアカミズ(アコウ)

ここからアカミズの反応が良くなり、具志堅さんのレッドのビッグマウスにもアカミズがヒット。
彼はライフベルトを忘れたから船長にオレンジ色の難い奴を借りている(^_^;)

エギング釣行記

具志堅さんにアカミズがヒット

続いて私のレッドのビッグマウスにもアカミズがヒット。
いつもならば立って写真を撮るのだが、今日は大揺れなので座ったままの写真しか撮れませんでした(T_T)

エギング釣行記

私にアカミズがヒット

その後もビッグマウスでヒットしてボッカのサイズは、リリースサイズ混じりでグッドサイズも来るが、アカミズはリリースサイズ混じりで大型が出ない。 そんな状況で若船長から山口県北部での風が強くなり出して、ここ島根県出雲周辺の風も今以上に強くなりそうであり、実際に風と波、うねりは徐々に大きくなっているため昼で上がるとの判断が告げられた。

これで最後のポイントを数回流したら終了となる。
ここでは若船長のジグでアカミズが連発
ヒットパターンはフォールで反応しているそうである。
私は巻き巻きからタックルをジギング用のソルティシェイプに持ち替えて、バックドロップのミドアカキン100gを落とし込む。
先週はビッグマウスのグリーンがダントツにヒットしたのと、今日はレッドでヒットするもののサイズがイマイチのため、ビッグサイズ狙いでのカラー選択である。
1投目ボトムに着底して3回チョンチョンチョン、更に3回チョンチョンチョンでグイッと大きくシャクリ上げてフォール、更にチョンチョンチョンから大きくシャクリ上げてフォール~フッとテンションが抜けたのでフッキング。
行き成りのヒットで思わずヤッタと思いながらアカミズを浮かせに入る。
浮いて来たのは・・・長い・・・赤い・・・アカヤガラだ。
美味しい魚のお出ましであるが、写真を撮り忘れました(T_T)

もう一度ボートを流し直して、同じパターンでアプローチ。
ボトムからチョンチョンチョン~チョンチョンチョン~大きくシャクリ上げ~フォール~フッとテンションが抜けてフッキング~空振り~(T_T)~フォローでチョンチョンチョン~大きくシャクリ上げ~フォール~チョンチョンチョン~フォール~反応無し~ボトムまでフォール~チョンチョンチョン~大きくシャクリ上げ~フォール~ラインが弛むアタリ~フッキング~ドスン~グイグイグイ~グリグリグリ~グイグイグイ~グリグリグリ。
強引に巻き上げようとするが、相手のパワーも強くドラグを滑らせてラインを引き出す。
慎重に浮かせてネットで取り込んだのは、50cmオーバーで2.2kgのアカミズであった。

エギング釣行記

最後の一流しでアカミズの2.2kgがヒット

エギング釣行記

半日の釣果

狙い通りのアカミズを獲った後は反応が無く、もう一艘のボートと2艘で帰港。
別のボートの気になる釣果は、アカミズボッカグッドサイズのヒラマサもヒットさせていました。
タックルとクーラーを車に積んで幕島渡船へ移動、磯釣りも荒れて来たため午前中で全員引き揚げたそうで、アオリイカも何杯か釣れていたそうである。
タックルを片付けて釣り上げた魚も仕分けして、今回もお世話になった幕島さんで昼食の弁当を食べてから出発。

夕方の待ち合わせまで時間があるので、車を少し走らせて温泉へ行く事にした。
向かったのは出雲市多岐町の多岐いちじく温泉。
ここでゆっくりと温泉に浸かってから夕食と言う名の宴会に備える事にしたのである。
風呂上りに冷たい物が欲しくなるのは当然で、ここでGW同様の午前中勝負を発令して勝った私は缶ビールをグイッと頂く。
負けた具志堅さんは当然運転手である。

次の目的地は今夜の宿であることぶき荘で、着いて社長に挨拶して部屋に入り、ここでやっと具志堅さんも缶ビールをプシュ。
暫くすると上畠さんが来て缶ビールをプシュ。
上畠さんが今日の午後にジギングに一緒に行く事になっていた大阪の3人組が幕島渡船で午前中沖磯に上がっていた方々で、同じことぶき荘に泊まっているので夕食を一緒に食べる事にして食堂へ。

今夜のメニューは、私が釣ったアカヤガラ(社長、いつも手間をかけさせてすみません)の刺身、盛り合わせはトビウオとヒラマサ、チカメキントキ、アジ、イカ、貝の刺身、30cmクラスのアジの塩焼きとサザエの壺焼き、ボッカ(カサゴ)の唐揚げ、メインの蒸し料理と煮魚、小鉢、茶わん蒸し。
最初は、と言っても既に風呂上りと部屋で飲んでいるが、生ビールで乾杯。
久し振りに食べたアカヤガラの刺身は甘みがあり美味しい。
社長(ことぶき荘の)からの差し入れと大阪の3人組からの差し入れの日本酒を頂き、途中から合流した伊藤さんと後藤さんも加わり、美味しい、楽しい夕食となりました。
食堂から引き揚げてからも部屋で焼酎や酎ハイで楽しい時間を過ごしました。

エギング釣行記

アカヤガラの姿造り

エギング釣行記

アカヤガラは甘くて高級魚

エギング釣行記

トビウオとヒラマサ、チカメキントキ、アジの刺身 

エギング釣行記

アジの塩焼きとサザエの壺焼き

エギング釣行記

ボッカ(カサゴ)の唐揚げ

エギング釣行記

メインの蒸し料理と小鉢、茶わん蒸し

15日(日)はゆっくりとした時間に朝食を頂きましたが、昨夜調子に乗って飲み過ぎたのか頭が痛くて辛い(世間では二日酔いと言う)、具志堅さんも同様らしい。
大阪の3人組は早朝の中出渡船の一番船で沖磯へ上がっていたものの、我々が帰る頃には引き上げて帰って来ていた。
上畠さん達も宿に居て今日行く釣場を相談している。
楽しい仲間との休日を過ごして帰途についた。

【今回の使用タックル】

その1 ルアー ジギング用
ロッド : テイルウォーク ソルティシェイプ ライトジギングC63/120
リール : テイルウォーク エランワイドパワー71BR
ライン :ユニチカ ユニベンチャー1ライトジギング 2号
リーダー : ユニチカ シルバースレッドショックリーダーFC 20lb 3m
ルアー :ダミキジャパン バックドロップ100g、130g、160g
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ジグはスプリットリングをブリンソンノットで接続

 

その2 ルアー タイラバ用
ロッド :カンジインターナショナル カトラスマスター58
リール :テイルウォーク エラン73HR
ライン : ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEII210 0.8号
リーダー : ユニチカ アイガーIIIスーパー 4号 1.5m
ルアー : ダミキジャパン ビッグマウス50g、60g、80g、100g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続

その3 ルアー タイラバ用
ロッド : カンジインターナショナル カトラスマスター58
リール :テイルウォーク エラン73HL
ライン :ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEII210 0.8号
リーダー : ユニチカ アイガーIIIスーパー 4号 1.5m
ルアー :ダミキジャパン ビッグマウス50g、60g、80g、100g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスプリットリングをブリンソンノットで接続

 

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ