HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 > 2014年6月28日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2014年6月28日

第5回 宿毛市長杯 宿毛エギング大会(1日目)

恒例行事となっている宿毛市のエギング大会に、今年も6月28日(土)~29日(日)の日程でユニチカフィールドスタッフの弓削さん、重見さん、江口さんと行って来た。

 

第5回 宿毛市長杯 宿毛エギング大会

大会日時 6月29日(日)
集合場所 高知県宿毛市 すくも84マリンターミナル
     宿毛市新港1915-1
参加費 【事前振込(保険料含む)】男性/2,000円、女性&高校生以下/1,000円
【当日払い(保険料含む)】男性/3,000円、女性&高校生以下/2,000円
大会参加条件 ★シングル
       ★年齢18歳以上(高校生以下は20歳以上の保護者同伴ならOK)
大会ルール  ★エギングによる『胴寸13cm以上のアオリイカ1杯の総重量』
       ★ショアエギングのみとし、ボート、筏、渡船利用は厳禁

タイムスケジュール
  3:30 受付開始(すくも84マリンターミナル)
  4:30 受付終了後簡単なルール説明
  5:00 スタート
 12:00 会場集合(帰着申請後、随時計量)
 13:00 実釣セミナー(重見プロ、杉原プロ、弓削プロ)
 13:30 表彰式(入賞者は、表彰、賞品あり)
 14:00 ジャンケン大会(勝ち残れば豪華な賞品が・・)
     お楽しみ抽選会(ジャンケン大会に敗れてもまだ諦めるな・・)
 15:00 集合写真撮影~終了

主催 宿毛市エギング大会実行委員会
後援 宿毛市・宿毛商工会議所
協賛 アクティブ、淡路島観光ホテル、エバーグリーンインターナショナル、オーシャンルーラー、カンジインターナショナル、キャップス、ジールオプティクス、ジークラック、ささめ針、ザップ、C.C.ベイツ、ゼクスタ、第一精工、ダミキジャパン、ドレス、内外出版社、ハリミツ、名光通信社、明邦化学工業、ヤンマー船用システム、ユニチカ、ワンナック(50音順)

 

自宅を27日の深夜出発して江口さん宅で弓削さんも合流、江口さんの車の後部座席に乗せて頂いて出発、山陽道~瀬戸大橋~高知道~宿毛へ向かうルートだが、途中で何度もワープ(寝ていたとも言う)して予定よりかなり早く待ち合わせのファミレスに到着。
大会スタッフの梶原さんと一緒に取材のために先に来ていた重見さんも合流、打ち合わせを兼ねて朝食。
下見を兼ねて釣場へ行くべきなのだが、2日間の取材をしていた重見さんのリクエストで、ボートからの根魚釣りに決定して由良方面にいくことになった。

道中のコンビニで飲み物とおつまみ、氷を買って西遊漁センターに着いたのが8時前。
船外機付きのボートをレンタルしてタックルを積み込んで、弓削さん、重見さん、江口さんと私で出船。
私のタックルはロッドがエバーグリーン・スキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82のプロト、リールはイグジスト2508PEH、ラインはキャスラインエギングスーパーPEII210の0.5号、リーダーは1.75号である。

 

エギング釣行記

西遊漁センター

エギング釣行記

弓削さん、重見さん、江口さんと私で出船

出船してすぐに小規模のナブラを発見、ボートをナブラ狙いに変針させる。
去年の秋にも近くのエリアでボートに乗って遊んだのだが、今日も操船は私で最も早くラインを通して準備が出来た重見さんが私のシラスジグⅡをキャスト。
着水してすぐにリトリーブ~狙い通りのヒット~ナブラの正体は・・・サゴシでした。
続いて弓削さんにもヒット~ラインブレイク。
江口さんも私のシラスジグⅡをキャスト~ヒットしな~~い。
私も操船しながらラインを通して準備完了して、ボートをナブラが狙える位置に移動させてシラスジグⅡをキャスト~着水~リトリーブ~即ヒット~切られた~~(T_T)
重見さんもキャスト~ヒット~ボート際まで寄せて抜こうとしてリーダーを持って持ち上げた~プチッ~痛恨のバラシ~最初のサゴシより大きいサワラサイズがさようなら~。

 

エギング釣行記

重見さんにサゴシがヒット

その後もナブラを狙ったものの、ヒットしてもラインブレイクの連発でした。
ナブラ狙いを見切ってボートを移動、根魚狙いのポイントでスロットルを緩めてルアーを交換。
やはり一番先にビッグマウスの50gを投入したのは重見さんで、ボトムからクルクルクルクルと巻いてヒット。先ずは小型のエソでリリース。
続いて私もビッグマウスの50gを投入、ボトムからクルクルクルクル~~ゴンッ~~ヒット~~結構パワーがある引きで何かと思ったが~~60cm程のエッソー(エソ)でリリース。
続いて重見さんにもヒット~私にヒットした奴より強い引きでドラグを鳴らしてラインを引き出すパワーがある。
「デッカイエッソーやで」
と、笑っていたら、その通りの70cm程のエッソーでした。

 

エギング釣行記

60cm程のエッソー(エソ)

エギング釣行記

70cm程のエッソー

次にヒットさせたのは弓削さんで、ジグをボトムから巻き上げて中層でヒット。
ドラグを鳴らしてスピードのある走り~~更にスピードアップ~~ジャンプ~~エッ、あの魚は~~1m程のシイラが飛んでます。
写真に撮りたかったが、残念ながらスピードが早過ぎてカメラを向ける前にラインを引きちぎって逃げられました。

ここで戦略を変更して、ビッグマウスを30gに付け替えてキャスト。
ボートポジションはブレイクの沖側でショアラインから少し落ちたラインへキャスト、ボトムまでフォールさせてリフト&フォール、フォール中かボトムからリフトさせる時にバイトが集中してガシラが連発ヒット
弓削さんは得意のメタルジグでガシラを連発させる。
小型はリリースしてグッドサイズだけ生簀にキープする。

 

エギング釣行記

グッドサイズのガシラ

エギング釣行記

弓削さんはメタルジグでガシラ

曇り空だが本来透明度が高い海域なのでテーブルサンゴも多く見える。

 

エギング釣行記

テーブルサンゴ

エギング釣行記

テーブルサンゴ

エギング釣行記

偏光グラスを通して見たサンゴ

ガシラ狙いに飽きたので今度はアオリイカ狙いに変更。
エギエスツーβの3.5Nピンクホロマーブルをセット、シャローの岩やサンゴの上でダートさせてから隙間にフォールさせる。
早いペースでキャストしているとフォールでアタリを捉えたがエッソーでリリース。

 

エギング釣行記

エギエスツーβでエッソー

エギング釣行記

バックリ咥えてます

そして弓削さんが本命アオリイカをヒットさせた。
これで火がついたのか全員でアオリイカ狙いをチョット本気で・・・
エギエスツーβのピンクホロマーブルでのダート&フォールに反応したのは300g程のアオリイカ
結局本気のアオリイカは私が1杯追加しただけで終了。
最後は全員でガシラ狙い。
重見さんはマウスリンをキャストしてガシラをヒットさせる。
弓削さんはこれも得意のジグヘッドにワームをセットして連発
江口さんもジグヘッドにワーム、私はマウスリンで楽しんだが、食料が無いので終了となりました。

 

エギング釣行記

弓削さんがアオリイカをヒットさせた

エギング釣行記

全員でアオリイカを狙ってます

エギング釣行記

エギエスツーβでアオリイカをヒットさせた

エギング釣行記

重見さんはマウスリンでガシラ

ボートを返却してタックルを車に積み込んで出発、途中でお土産のジャコ天を買って、うどん屋で遅い昼食。
私はジャコ天とエビ天うどん、弓削さんはちくわ天とおろしうどん、重見さんと江口さんは忘れた・・・

 

エギング釣行記

ジャコ天とエビ天うどん

エギング釣行記

弓削さんはちくわ天とおろしうどん

食後は宿毛市のホテルにチェックインしてシャワーで汗を流して休憩、そして打ち合わせを兼ねた食事会の集合時間でロビーに集合。
梶原さんが迎えに来てくれて、2台の車で食事会の会場へ。
大会スタッフ、ゲストの我々、大会参加者も混じって食事会は乾杯からスタート。
生ビールをゴクリ\(^o^)/
テーブルに並んだ料理を食べてゴクリ、おしゃべりをしてゴクリ、次々と運ばれて来る料理を食べてゴクリ・・・もちろん打ち合わせはしましたよ・・
食事会が終わってホテルへ帰る途中でコンビニに寄り道して、ビールと酎ハイ、焼酎、氷、つまみを買って一番広い部屋に集合。
暫く歓談は続きました。

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ